特集 2011年9月14日

折り紙ヒコーキ大会で入賞を狙え!

この折り紙ヒコーキで栄光をつかめるのか!?
この折り紙ヒコーキで栄光をつかめるのか!?
子どもの頃、誰もが作ったことがあるであろう「折り紙ヒコーキ」。そんな折り紙ヒコーキを使った大会が行われるとのこと。どんなルールで、どんな風に開催されるのかまったく分かりませんが、とりあえず気軽に参加できそうだったので行ってみました。
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:大人が挑戦! 夏休みの宿題一夜漬け

> 個人サイト Web人生

所沢は航空発祥の地なんだぜ!

みなさん、埼玉県所沢市といえばどんなイメージをお持ちでしょうか? 西武ライオンズ、所ジョージ、うーんと……まあそんなもんですかね。

比較的地味な県である埼玉県の中でも、ひときわ地味なポジションに置かれている所沢市。しかし、余り知られていないものの、実は所沢って1911年に日本初の飛行場が開設されたという、日本の航空発祥の地なんですよ。
そんな所沢で、航空発祥100周年を記念した「折り紙ヒコーキ大会」なる大会が開催されるというとのこと。さっそく参加してきました。
住宅街の中にある市民体育館という地味な会場ながら「ギネスに挑戦」と世界を見据えた大会!
住宅街の中にある市民体育館という地味な会場ながら「ギネスに挑戦」と世界を見据えた大会!
「梅の種飛ばし大会」などをはじめとして、こういう変わった大会っていくつも開催されていますが、なぜその中でもこの「折り紙ヒコーキ大会」に注目したのかというと、何といっても「ラクそう」だから。

だって折り紙ヒコーキなんて、チャチャッと紙を折って、ピャーッと投げるだけでしょ? そんなに技術に格差が出るとも思えないし、体力も必要なさそう。コレだったらボクも入賞できるんじゃないの!? と思ったわけです。
こんなイメージ
こんなイメージ
男35才、賞とか名誉とか欲しくなるお年頃なんですよ……。
午後の個人戦に参加します
午後の個人戦に参加します
会場入口でいきなり物産展が行われているあたりも「ラクそうな大会」感をかもし出しております
会場入口でいきなり物産展が行われているあたりも「ラクそうな大会」感をかもし出しております
日本の航空発祥の地ならではの「飛行機せんべい」「所沢名菓・ファルマン」(日本ではじめて飛んだ飛行機はアンリ・ファルマン号っていうんだよ)なんてのも売られていました
日本の航空発祥の地ならではの「飛行機せんべい」「所沢名菓・ファルマン」(日本ではじめて飛んだ飛行機はアンリ・ファルマン号っていうんだよ)なんてのも売られていました

意外とガチな雰囲気が……

ま、こんな感じで、所沢ローカルのほのぼのとしたユル~い大会なのかなー、と思いながら会場に入ってみると……。
げげ、ものすごくちゃんとした体育館。そして広い!

しかもこの体育館で、すでに子どもたちがガンガン折り紙ヒコーキを飛ばしてるんですよ。まさか特訓中!?
さらに気になるのが、そろいのユニフォームを着て参加している子どもたちが結構いるということ。まさか「少年折り紙ヒコーキ倶楽部」的なチームがあるわけじゃないんでしょうが、とりあえず「ものすごくやれるヤツ」感がビンビンに伝わってきます。
思ってたんと違う!
思ってたんと違う!
取材に同行してくれた編集部の石川さん、ライターのほそいさんも、いきなり戦意喪失……。

ちょっとした休日の行楽気分でやって来た大人たちには太刀打ちできなそうな熱気です。
会場には、様々な折り紙ヒコーキが展示されたコーナーも
会場には、様々な折り紙ヒコーキが展示されたコーナーも
こんな折り紙ヒコーキ、今まで見たことねえっすよ
こんな折り紙ヒコーキ、今まで見たことねえっすよ
さらに、こんど宇宙から投下する予定だという折り紙ヒコーキも……デケエ!
さらに、こんど宇宙から投下する予定だという折り紙ヒコーキも……デケエ!
いやあ、なめててスミマセンでした! 折り紙ヒコーキ、想像以上に奥深い世界のようです。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓