特集 2011年8月10日

“黒スリット絵”で運動神経がよくなる

夢が6コマで叶う。
夢が6コマで叶う。
私は運動が苦手だ。幅跳びは1m58cmくらいしか飛べないし、球技でも鈍くさかった。ここでもたびたび記事のネタにしている(「夢の幅跳び写真を撮った!」「マンガのようなバッティングをしたい」など)。

40を超えたライターに、運動が苦手だなどと始められても皆さん困るだろうが、生きてあるうちはどこまでも付きまとう問題である。どうにかならんものか。

運動能力を実際に高めることは無理でも、せめて「できた」気分になりたい。常にそんな願望を抱く毎日の中、あるものが心に留まった。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:マイ・ハニワを作れる所があった

> 個人サイト 妄想工作所

温故知新ですよ

先日、資料用に買った「別冊太陽 明治・大正・昭和 子ども遊び集」(1985年春発行)。たまにパラパラめくっては、何かネタになりそうなものはないかと、つらつら考えたりしている。
いい本を買ったものだ。何度見ても何か発見がある、気がする。
いい本を買ったものだ。何度見ても何か発見がある、気がする。
その中の、あるおもちゃが目に留まった。黒く細いスリットの中で絵が動く…これ、昔もあったんだ!
その名も「活動写真」。
その名も「活動写真」。
ハンドル式だ。現代の雑貨屋に置いてあってもいい、かわいさ。
ハンドル式だ。現代の雑貨屋に置いてあってもいい、かわいさ。
絵が動いて見えるのは、たぶん数枚の連続絵が細かい帯状に描かれており、その上を黒い縞が通ると絵が順番に現れるから、だろう。

ところで、さっき「昔“も”」と言ったのは、最近の仕掛け絵本で同じ原理を用いたものを見たからだ。ページをめくると、そのめくったページに黒スリットが引っ張られて、下の絵が動いてみえるという仕掛け。初めて本屋の店頭で触れたときは、たいへん衝撃を受けた。

自分が見たのは、シルエットの馬が走るといったものだったが、ある雑貨屋でスターウォーズものを売っていたので、即買ってみた。
まだ出続けるのか、スターウォーズ関連グッズ。
まだ出続けるのか、スターウォーズ関連グッズ。
さっそく開いて遊んでみよう。パカッ。おお、動く動く!パタッ。おお、動くー。パカッ…(延々と続く)
電気的な仕組みもないのに、手の中で絵が動く快感がここにある。そして、なぜこう動いてみえるのか、という不思議さがさらにまた魅力的だ。

ささやかな夢に涙、お宝破壊に涙

すごく滑らかに動いている気がするが、ゆっくりゆっくりページを開いてみると、6コマから成っていることがわかる。
父と子の対決が、6コマで。
父と子の対決が、6コマで。
黒スリット(正式名わからんのでこの言い方で行く)の幅と間隔を調べると、確かに、黒い部分は隙間の幅の5本分にあたる。黒+隙間で6コマ、というわけだ(わかる?)。

口で言っててもわかりにくいので、ちょっと本を分解させてもらって調べてみよう、そうしよう。内心、とても悲しい気持ちでカッターを入れる(自分はスターウォーズファンなので)。
なるべく、なるべーく損傷の少ないように…
なるべく、なるべーく損傷の少ないように…
思ったより少しだけ複雑な構造。
思ったより少しだけ複雑な構造。
これが黒スリットだ。水平に貼らないと全てダメになるな。
これが黒スリットだ。水平に貼らないと全てダメになるな。
残像大会になっている元の絵。
残像大会になっている元の絵。
近寄ってよく見ると、6本ごとに絵が現れるようだ。なるほどー。分解してしまえば、原理はまあ、思っていたとおりのものだ。しかしスリットが非常に細いので、再現できるかどうか。

そう、私はこの黒スリットの向こう側で、かっこよく運動をしてみたいと思うのである。6コマの夢だ。ささやかな願いであり過ぎて、自分で涙を禁じえないほどだ。

しかし工程は、ささやかとはまるでいかなかった。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓