特集 2019年1月21日

和服+金色の背景で”お歳暮のひと”になれるぞー!

みんなー!お歳暮のひとになるぞー!

年末、街を歩いていると高級なハムやビールなどお歳暮を送ろうと促す広告が目に入る。もうこんな時期か、季節の移ろいを感じるとともに思う。

「お歳暮のひと、みんな和服を着て金色の背景の前にいるな。」

よし、筆者もお歳暮のひとになってみよう。

埼玉生まれ、神奈川育ち、東京在住。会社員。好きなキリンはアミメキリンです。右足ばかり靴のかかとがすり減ります。(インタビュー動画)

前の記事:キリンケンタウロスになりたい

> 個人サイト のばなし

まずはいったん心を年末年始にしてください

さて、1月も下旬となりそろそろ正月ボケも治まってきたところ申し訳ないのだが、いったん心を年末まで戻ってほしい。なぜなら筆者がお歳暮の話をしたいからだ。

今回の年末は両親とも21時には「もう寝る」と言って布団をかぶってしまい、年越しそばも食べずに過ごした。うちの親はあまりにも世相に流されない。

01.jpg
我が家のお雑煮である(埼玉ルーツ?)

醤油ベースの汁に、煮た角餅。具材は鶏肉、大根、ほうれん草、海苔、三つ葉、正月はこれにゆずの皮が乗る。大変おいしいので北向家では年がら年中お雑煮を食べている。

やぁ2018年も良い年でしたね、今年の紅白はけん玉成功するかなあ。そんな気持ちになったところで、今回は『お歳暮のひとのなり方』についてである。

本題です

皆様は「お歳暮のひとになれるのは一握りの人間なのだ…」と、心のどこかで諦めてはいないだろうか。そんなことはない、誰だってお歳暮のひとになれるのだ。

02.jpg
お歳暮の広告、これである

お歳暮の広告らしさは、衣装・背景・モノ

お歳暮になるべく、広告を並べて見えてきた共通項は以下の通りだ。

・和装である
・背景は金色である
・だいたい手には風呂敷の包みを持っている

”暮れの挨拶”をイメージさせる和装や風呂敷もお歳暮のひとには欠かせないマストアイテムなのである。

今回は「衣装」「背景」「モノ」の3つの軸で"お歳暮のひとらしさ"に迫った。

お歳暮チャレンジ

衣装、背景、モノ。この3つを満たすだけで誰でも簡単にお歳暮のひとになれる。裏を返せばその3つのどれかが欠けることでお歳暮のひとではなくなってしまうということだ。

では何を満たせば可で、何が欠けたら否なのだろうか?境界を探る冷静な判断を下すため、見届け人の皆様にご協力いただいた。

03.jpg
こちらに編集長の林さんをくわえた4名。編集会議の前の時間をお借りしました

「衣装○背景○モノ○」は文句なしのお歳暮人

さぁでは始めていこう。まずは衣装、背景、モノのすべてが揃っているパターンからである。

そもそもこれがお歳暮のひとに見えなかったらその時点でアウトだ。筆者がすごい恥ずかしくなってこの後の編集会議も欠席する。

04.jpg
羽織に着替える。ヤフオクで競り落としました

安物なのでパーツが揃っているのかもわからないし着付けも不安だけどやさしく見守ってほしい。オークション、はじめて挑戦したので無駄に緊張した。いろんなものが安価で手に入れられるし便利だなと思いました。

05.jpg
着付けの調整

これトルーさんが撮影してくれたのだけど、すごい上からの視点じゃないだろうか。トルーさんが身長3メートルくらいあったときの写真だ。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓