編集部日記 2024年1月29日

2024.1.29の見どころ)バターを塊で食べる、会話をしてはいけない行事、パンケーキリクガメ

林です。今日はパンケーキが2つの記事に登場します。ただ登場の理由がまったく違います。

まず1本目のパンケーキ。バターのパートナーとしての登場です。

バター好きのふたりがバターファンクラブを結成しました。活動は互いにうまいと思っているバターの食べ方を紹介すること。バター好きだけあって、ウイスキーをショットグラスで割って飲むぐらいのハードな食べ方をします。(担当・林)

石井さんはこれまでの記事で「これはバターだな(バタピーを食べて)」「バターの匂いがする(ウエストの工場で)」 「バターケーキを買いに行った(雑談)」などバターを繰り返し発言していたので、バター好きのべつやくさんとファンクラブ達成となりました。

バターって塗るものだと思っていたのですが、この二人の食べ方は「乗せて食べる」でした。

撮影中、まじかよと思って撮った写真

さて、こってりした記事と一転、高千穂に残るお正月の風習の紹介です。急に変わるのがデイリーポータルZです。 

元旦の夜明け前、その年はじめての水を汲む行事が「若水汲み」です。お米で作ったトビ、聖なる井戸、他人とすれ違っても会話をしてはならないなどしきたりが厳かです。でも聖なる井戸は工事していました。(担当・林)

この行事では道中、他人と会話をしてはいけないので窪田くんは「職質されたらどうしよう」と心配しています。確かにそう!

記事中に登場する聖蹟「天真名井(あめのまない)」は古事記にも登場するそうです。そういう場所が近所にあるのが高千穂のすごいところなんですよね。

今回は窪田くんのまじめ回です。

さて、パンケーキがもう一度登場するのは16時の伊藤さんの記事。カメとなっての登場です。

「パンケーキリクガメ」と自らをパンケーキと名乗っているカメが存在します。平べったいその姿はまさにパンケーキ。ならばパンケーキにせねばならぬと伊藤さんが義務感でパンケーキにしています。甲羅の模様も焼き模様で再現しています。(担当・林)
こちらが本物のパンケーキリクガメ。平べったい!

甲羅の模様を再現するために試行錯誤して、だんだん職人のように成っています。本人も書いてますが、写真も職人っぽくなってます。  

「パンケーキリクガメ職人の朝は早い」

勝手なキャプションを入れました。

いつのまにか職人になっているサイト、デイリーポータルZです。

今日は16時にメルマガもあるし、18時にアフタートークもあるよ。明日に取っておけばいいのにね! 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ