デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
揺れる歩道橋巡り
現在位置 [ 海浜幕張豊洲新橋恵比寿広尾渋谷飯田橋秋葉原 ]

新橋駅へ向かう

次の目的地は、新橋駅から歩いて10分くらいの虎ノ門にある歩道橋。

新橋駅へいくまでの電車内で、取材同行者に「電車って歩道橋より揺れるね」といわれた。確かに。いや、そんなことをいわれても。


歩道橋で汚れた同行者の手。

どうやら揺れる歩道橋には休日型と平日型があるようで、今までの歩道橋はきっと休日型。次の歩道橋はオフィス街にあるので、きっと平日型のはず。


乗換の有楽町にて。 新橋ってなんとなく揺れそうなイメージだよね。

 

歩道橋その3:霞ヶ関歩道橋 場所はこちら

やってきたのは虎ノ門のオフィス街、外堀通りにかかるブルーの歩道橋。訪れた時間が昼時だったため、歩道橋はオフィスとランチを結ぶ架け橋となっていた。

この人の多さ、期待が持てる。


なんだか素材集っぽい写真になってしまった。

このオフィス街の歩道橋には、こんなコメントが来ている。

  • 道幅が広いので、急ぐ人がよく走っている、ので揺れる。忙しいのは分かるが迷惑である。
  • 10年以上前ですが、出張で虎ノ門界隈に行ったときにあまりにゆれて地震かと思って走って逃げました。

10年以上前に渡った歩道橋を未だに覚えているなんて。さぞ東京はおっかないところだと思ったことでしょう。



オフィス街なのに書体がかわいい。 あらあら、同行者が飽きてきました。

 

揺れぬなら、揺らしてみせよう歩道橋

歩道橋に登ってみると、幅の広い歩道橋をカツカツと歩くサラリーマン達の歩調に合わせて、フワフワと揺れている。これはいける。

しかし、私達がいざ撮影を始めようとすると、どういう訳か人通りがほとんど止まってしまい、歩道橋の揺れも収まってしまった。どうやら昼休みが終わったらしい。

これはあれか、揺れを呼ぶには、まず自分達が揺れることが大事なのではないだろうか。


自ら揺れてみる。

冷静に考えると、ちょっと違う気がする。パントマイムの練習をしている人みたいになってしまった。

ここは素直にタップダンスの練習をしているフリをして、歩道橋を揺らすというのはどうだろう。


タップダンスに初チャレンジ。

なんだか寸詰まりのアンガールズみたいになってしまった。なにをやっているんだ私達は。

 

揺れる動画

とりあえず、お相撲さんの集団が偶然歩いてくることを期待して、今までの歩道橋と同じように動画を撮影してみることにしよう。人が通りさえすればこの歩道橋は揺れるはずなのだ。


この揺れは上京してきた人への東京からの洗礼。
ビルに囲まれた狭い空を見上げた君の足下が揺れている。

ビデオを撮っている時に限って人がぜんぜん通らないので、おもわず捏造してしまった。

しかし、この場所が人の力で容易に揺らすことのできる歩道橋であるということはわかってもらえたはずだ。

 

お腹が減った

朝から歩道橋を3件廻ってお腹が空いたので、「スマトラ」というカレー屋さんに入りました。

付け合わせの置き方がかっこよかったです。


手前の看板と奥の看板で、なんだか人種が違う。 かっこいい付け合わせ。

カレーを食べてお腹がいっぱいになったら、もの凄く眠くなってきた。


< もどる ▽この記事のトップへ 恵比寿へ >

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.