特集 2021年10月25日

Zoomで遠くの町の夕方の音楽を聞くと盛りあがる

聞こえた!


山びこや糸電話、となりの家の「ご飯できたよー」の声など、私たちの周りには「聞こえた!」という面白さがいろいろある。

その新しいやつを発見したので紹介させてください。
「Zoomから聞こえる夕方の音楽」です。

『デイリーポータルZをはげます会』のサポートによってこの記事を制作させていただきました。

1984年岐阜県生まれ。変な設定や工作を用意して、その中でみんなでふざけてもらえるような遊びを日々考えています。嫁が世界一周旅行中。

前の記事:歯みがきの後にカントリーマアムを食べるとチョコミント味

> 個人サイト 平日と休日のあいだ 嫁が世界一周旅行中の旦那

いったん広告です

リモート会議で聞こえた「夕やけ小やけ」

Zoomから夕方の音楽が聞こえてくると面白い。このことに気づいたのは、自宅から参加していたリモート会議でのこと。真面目に話しあいをしている中、ふと相手先から「夕やけ小やけ」が聞こえてきたのだ。

聞こえるんだ!という興奮に加えて、夕やけ小やけというノスタルジックな音楽をBGMに引きつづき真面目に話していることがおかしくなってしまった。

さらに、だんだんその町に出張に行っているような気分にもなってくる。会議の相手先は海が近い場所だ。「晩ごはんは駅前の海鮮居酒屋がいいかな。あっ、一回ホテルもどってお風呂入ってからにしようかな…」

あれこれと妄想をふくらませているうちに、会議は終わっていた。

もはや会議どころじゃない

みんなにも聞かせてあげよう

このZoomから夕方の音楽が聞こえてくる面白さをみんなにも教えてあげようと思い、友人たちに集まってもらった。

集まってもらったのは、むかし同じ習いごとをしていてほぼ毎週会っていた友人たち。

ここ1年ぐらいは会えていなかったことから、積もる話に花が咲いたが、それをいったん遮り「僕の町の夕方の音楽を聞いてほしい」とお願いする。

「えっ、あーうん、いいけど」

僕が住む千葉県の市川市では、夕方17:00に「遠き山に日は落ちて」が流れる。

音が聞こえやすいように窓をあけ、その近くにPCをセット。この日は9月の半ばでまだ暑かったが、ベランダにある室外機の音が邪魔しないようにエアコンも切って、万全のスタンバイをする。

さあみんな、うちの夕方の音楽を聞いてくれ!

必死に音をさがしている

音楽が流れた瞬間、「わっ、聞こえた!」とか「すげー!」といった反応があることを期待していたのだが、全然聞こえていないみたいだ。

そしてそのまま音楽は終わってしまった。おかしいな・・。

音楽が終わった直後。全員うつろな目をしているな。

マイクの設定を変えると聞こえる 

友人とはいえ、大人を3人もあつめて無の時間をお届けしてしまった。これが仕事だったら、すでに謝罪用の菓子折りを検索しはじめているところだ。

リモートでも伝わるこの微妙な空気をどうしようかと途方に暮れていると、Zoomを使うことが多いというガンジーさんが「マイクの設定を変えればいけるんじゃないか」と教えてくれた。

マイクのメニューから「オーディオ設定」を選択
マイクの入力レベルの「自動で音量を調整」のチェックを外し、手動でレベルをMAXにする
「背景雑音を抑制」を「低」にして「音楽とプロフェショナルオーディオ」も設定。
設定画面をとじると画面の左上に「オリジナルサウンド」というメニューが出てくるので、オフになっていたらクリックしてオンに変える。

Zoomは会議のためのツールなので、声がはっきり聞こえることが重要だ。なので、邪魔になる周りの音はなるべく拾わないように設定されているのがデフォルトなのだそう。

たしかに、会議で夕方の音楽が聞こえる必要は全くないし、それで会議に身が入らなくなってしまった実績もある。

それを、周りの音もなるべく拾ってくれるようにしたのがここまでの操作となる(特に背景雑音とプロフェショナルオーディオの部分)。

これでやれることはやった。

そしてラッキーなことに、ガンジーさんの住む東京都練馬区では17:30にコロナの注意喚起メッセージが流れるという。マイクの設定を信じて、今度はお願いしますと祈りながらその時間を待つ。

その結果、

聞こえた!!

今度はバッチリだ。そして聞こえると同時に、ワッ!という瞬間的な盛りあがりが起こった。サッカーでゴールがきまったり、脱出ゲームで謎がとけたときのような興奮だ。

リモート会議中に1人で聞いていたときとは違い、みんなで聞いたことでより一層の盛りあがりが生まれた。みんなで同じ音を聞いてボルテージが上がる。そうか、これは夕方の音楽を聞くというライブだ。

拍手喝采

その興奮を動画でもどうぞ

こちらは別の日に聞いた神奈川県平塚市の「夕やけ小やけ」

そしてやっぱり、相手の町の音が聞こえてくるというのは面白い。体は自分の町にあるのに、相手の町に首だけ突っこんでるような不思議な感覚になる。

聞こえるには条件がある

その後もいろいろと試したところ、特別なマイクなどは使わずZoomで夕方の音楽を聞くには、マイクの設定以外にもいくつか条件があることが分かった。

・窓をあけて、窓ぎわにPCを準備
(スマホだと音がプツプツ途切れてしまってNG)

・PCやWebカメラのマイクを使用
(イヤホンやヘッドセットのマイクは使用しない)

・音楽が鳴っているときのボリュームが50デシベル以上

※ボリュームはこちらこちらのような無料のスマホアプリで測ることができます。

よし、これでいつでも色んな町の夕方の音楽を聞くことができるぞ。

ちなみに我が家の夕方の音楽は45デシベルぐらいだったので、何回やってもうまくいかなかった。

日本中をステージにした夕方の音楽フェス

この夕方の音楽、考えてみると日本中で似たような時間にいろんな曲が流れていることになる。ただのライブではなく、日本中をステージにしたフェスのようだ。

どのステージ(自治体)で何時に何の曲が流れているのか。気になったのでアンケートをとってみたところ、多くの方にご協力いただき、全国122の市区町村の情報が集まった。ありがとうございます!

※アンケート結果は2021年9月のものです。季節などによって音楽や時間が変わっている自治体もあります。

※複数の方から異なる情報をいただいた市区町村については、行政が出している情報などをもとにこちらで1つに決めさせていただいた部分があります。

王道はやっぱり「夕やけ小やけ」
「地域ゆかりの曲」は分かりやすくその町の特徴をあらわしていて面白い。

ウルトラマンの生みの親、円谷英二さんのふるさと福島県須賀川市では、夕方17:30に「帰ってきたウルトラマン」のテーマが流れている。「帰ってきた」という意味では夕方っぽいけど、これからもうひと遊びしたくなるような明るい曲だ。

ちなみにこの福島県須賀川市、朝7時にはウルトラセブンのテーマが流れるとのこと。朝も夕方もめちゃくちゃ元気がでる。

「その他」には、よくぞ選んでくれたと拍手を贈りたくなるような、ウットリしてしまう曲たちが並ぶ。この夕方の音楽を聞きにいくためだけの旅行がしたい。
流れている時間は17時が多かった。中には16時45分と17時の2回、積極的に夕方をお知らせしている自治体もあった(千葉県習志野市)。

日本中で17時に「夕やけ小やけ」が流れている 

アンケート結果を見ていて気づいたことがある。いちばんメジャーな曲と時間の組み合わせ、「夕やけ小やけ」が17時に流れている自治体が、このアンケートの結果だけでも26あるのだ。

津々浦々

日本全体を俯瞰でみたら、これらの自治体は毎日17時に夕やけ小やけの大合唱をしていることになる。

ということは、その自治体に住む人たちでZoomに集まれば、オンラインで夕やけ小やけの合奏ができるのではないだろうか。これはぜひやってみたい! 

いったん広告です

響け!日本をまたいだ「夕やけ小やけ」ハーモニー

この呼びかけに、はげます会会員のKiyohiro Yamadaさんと伊豆伊豆さん、そして友人のケンジさんが集まってくれた。
皆さん17時に「夕やけ小やけ」が流れる自治体にお住まいだ。

オンラインによる時差や、それぞれのテンポの違いなど、うまくいかなそうな理由はいろいろ思いあたる。でもなんかその辺りが奇跡的にクリアされて、3つの町の夕やけ小やけがハーモニーを奏でたら最高だ。

全員Zoomのマイクを設定して迎えた17時。さぁ、どうなる。奇跡よ起こってくれ!

※カメラOFFの伊豆伊豆さんは映っていませんが、マイクはつながっていて音は流れています

高瀬:ハーモニー、ではなかったですね

一同:ですね~

Kiyohiro:やっぱ時差はありましたね

ケンジ:輪唱みたいでした

高瀬:あー、たしかに輪唱だ

ハーモニーというより輪唱

青春とキャンプ気分 

残念ながらハーモニーを奏でるというのは難しかった。でも離れた3ヶ所の音が同時に聞こえてくるというのは、今まで味わったことのない体験で面白かった。

ケンジ:はなれた場所の音が同時に聞こえるっていうのは、その地方のこととかいろいろ想像できて面白いですね。

伊豆伊豆:ちょっとしたエモさがありますよね。

ケンジ:あっ、今向こうでも同じ音楽が鳴ってるんだなって思いながら自分の町の音を聞いてる感じというか。

高瀬:「みんな離ればなれだけど、同じ空の下、同じ夕方の音楽を聞いてる・・」みたいなのって青春マンガの表現でありそうですね。

伊豆伊豆:この年齢になって青春を感じるとは!

おなじ時間におなじ音楽を聞いている一体感が生まれる


Kiyohiro:これ、虫の声はどこで鳴ってるやつですか?

ケンジ:あっ、うち(取手市)ですね。

Kiyohiro:すごい聞こえますね!Zoomの背景雑音の除去って思ってた以上に効いてたんだ。

高瀬:ケンジさん今お庭にいます?

ケンジ:なるべく音がひろえるように、庭のウッドデッキに座って参加してました。こんな感じで。

一同:おー、いいなー! 

伊豆伊豆:ケンジさんの家のホームパーティーに行ったみたいですね

高瀬:これ目の前でバーベキューしてたら、肉の焼ける音とかも絶対聞こえますよね!

Kiyohiro:たき火のパチンパチンっていう音もしてたら、もうリモートキャンプだ! この3連休、緊急事態宣言でどこも行けないなーと思いながらキャンプ場調べてたんですよ。行けた気持ちになりました。(※この日は9月のシルバーウィーク中でした)

まわりの音までよく聞こえるので、相手の町に行った気分になれる

 

それぞれの町ではこんな音が流れていました。同じ夕やけ小やけでも、テンポや音の高さはけっこう違う。(※港区はちょっと特殊で、途中から「カエルがなくから」に変わります)


ありがとうZoomの背景雑音抑制

今回いろいろ試してみて、Zoomの背景雑音抑制をオフにするとこんなにも周りの音が聞こえるようになるんだということに驚いた。

普段はこの機能のおかげで、家からリモート会議に参加するときでも洗濯機の音とかを相手に聞かせずにすんでいたのだ。ありがとうZoom。

先日、自分がかなり喋らないといけない堅めの会議の直前に家のまわりで芝刈りが始まってしまい、あわてて場所を変えたことがあった。あれももしかしたら気にしなくて大丈夫だったのかもしれない。

次に芝刈りがあったら試してみよう


【イラスト・似顔絵協力】
七星 海咲

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ