特集 2019年4月3日

養蚕農家がデカくてユニークでカッコ良い

「突き上げ屋根」が連なる山梨県の小田原上条集落

三箇所目は山梨県甲州市の塩山地区にある小田原上条集落である。ここもまた昔から養蚕が行われてきた山村であるが、これまで見てきたものとは一味も二味も違った養蚕農家が密集しているという。さてはて、どんなものだろう。

025.jpg
集落入口の駐車場から里道をテクテク歩いていくと、上条集落がその姿を現した
026.jpg
……って、な、なんだ?! この集落の家々は!
027.jpg
屋根の真ん中が持ち上がってるぞ! こんなの初めて見た!


この上条集落の養蚕農家は、屋根の中央をせり上げた、その名もズバリ「突き上げ屋根」であるのが特徴だ。蚕室である二階部分の日当たりと風通しを良くするためこのような形状になっているとのことで、江戸時代中期から昭和初期にかけて築かれた古民家が11棟現存している。

かつて塩山周辺にはこのような突き上げ屋根の養蚕農家が数多く存在したというが、今や群として残っているのはこの上条集落のみだそうだ。

028.jpg
ほとんどの屋根が鉄板で覆われている中、茅葺のままの家もある
029.jpg
集落で唯一、一般に公開されている家だ
046.jpg
居室であった一階内部はこんな感じにキレイに整備されている
047.jpg
蚕室だった二階内部。中央の突き上げ窓に加えて窓も開いているので屋根裏にも関わらず明るく風通しが良い
030.jpg
いやはや、実に攻めた感じの屋根である


なんというか、見れば見るほど不思議な屋根だ。これまでの養蚕農家は窓や通風孔をたくさん開けたり、屋根の上に小さな腰屋根を設けていたりして、蚕室の換気を確保していた。

しかしながら上条集落を含む塩山地域ではそんなまどろっこしい小細工などせず、屋根の中央部分をガバッと持ち上げることで風の通りを良くしたのだ。物凄い力技ではあるものの、その突き抜けた豪快さは類を見ないタイプのカッコ良さである。

031.jpg
比較的新しいと思われる主屋では腰屋根に変化している。こちらも悪くはないが、やはり突き上げ屋根のインパクトが強すぎる
032.jpg
集落上段の突き当りには、数個の丸い石が祀られていた


塩山地域周辺では、このような丸い石を道祖神(集落の境界などに祀られる守り神)として祀るらしい。突き上げ屋根といい丸石信仰といい、ことごとく独創的な発想と感性に溢れた地域ではないか。素敵ですなぁ。

033.jpg
この集落にも茅葺の仏堂がある。昔は集会所としても使われていたそうだ

 

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓