金持ちになったらしたいこと 2022年7月24日

メロンの丸かじり

メロンですよ

デイリーポータルZのメルマガ「うっかりデイリー」で、ウェブマスターの林さんが「金持ちになったらしたいことは、今すぐできるものも多いと気づいた」と書いていた。

たとえば石垣島とかのきれいな家でぼんやりする(民泊借りれはできる!)

とあり、そうだ、確かにその通りだと思ったのである。

実は私も昔から金持ちになったらしたいことがある。

それはメロンをリンゴのようにむいて丸かじりすることである。

よく考えれば別に金持ちにならなくても今すぐできるのだ。

ということでやってみる。

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。

前の記事:メガホンとカチンコで森羅万象を演出する

> 個人サイト 日本海ぱんく通信

メロンの皮をリンゴのようにむく

せっかく丸かじりするなら青肉メロンでいきたい!

皮の表面に白い網目があって、スポンジのネットがついているタイプならなおいい!!

2.jpg
網目のあるタイプ

ということでコチラを購入。

関係ないけど子供の頃、このネットかぶって遊んだよね。破れてうまくかぶれないんだけど。

では包丁で皮をむいていこう。

3.jpg
ちゃんとむけるか不安

林檎の皮さえむくことの少ない私に、メロンの皮が上手くむけるか不安であったが、手間取ることなくむきはじめることができた。

4.jpg
意外と普通にむける

普通に切ったメロンを皮付近まで食べることは少なく、だいたい5mm~1cm以上は残すことが多い。

ならばはじめから5mm~1cm程度のところでむこうとするのだが、メロン=高級品という固定概念にあらがえず、どうしても薄くむいてしまう自分を発見することになった。

5.jpg
重くてメロンを持つ手が痛くなってくる

また、メロンは重く、むいているうちに持っている手が痛くなってきた。しかし、これが苦痛ではなく、メロンを丸かじりするための贅沢な痛みだと思うと少し嬉しいような気持ちになり、痛みにも貴賤があることがわかった。

6.jpg
人は皆、途切れずに皮をむこうとする性

メロンをまるごと皮むきしていると、誰にも頼まれてもいないが「最後まで皮を途切れさせずに一気にむく」とある種の強迫観念にかられ、作業に没頭するうちに軽いトランス状態に陥ってしまった。

結局、途中で切れましたが。

7.jpg
とりあえず、むけました

包丁での皮むきが終了し、どんなものかとこの状態で丸かじりしてみるも、皮むきが不十分で美味しくない。

8.jpg
固くておいしくない

食べられないこともなかったものの、せっかく丸かじりするのではあれば全編、甘く、柔らかいメロンで行きたい。

ということでここからはピーラーをつかってむいていくことにする。

9.jpg
当たり前だがピーラーはむきやすい
10.jpg
ひと削りごとにあふれ出す果汁
11.jpg
削った皮を味見して、むき加減を確かめられる
12.jpg
つやっつや
13.jpg
できた!丸かじり用メロン

一見、大きいマスカットのようだが紛れもないメロンである。

いったん広告です

実食

生まれて初めてのメロンの丸かじり、さっそくいかせていただきます!

14.jpg
メロンに敬意を表してドレスアップ

では!

15.jpg
ハガーッ

これまでの人生で私の口に入ってきたメロンたちは、スプーンで削り取った一口分づつであり、その味わいもせいぜいがスプーン一杯分づつであった。

しかし、今は大口で丸かじりすることにより、口いっぱい分のメロンが流れ込み、一気に耳の奥までその味わいが広がるのだ。

16.jpg
人はメロンを丸かじりすると凶悪な顔になる

そのうえ、鼻も直接メロンに触れることとなり、香りが鼻孔をくすぐるどころの話ではなく、鼻の穴に直接メロンを詰め込まれたような、ほとんどメロンの拷問状態になるのである。

こんな幸せがあるか!

17.jpg
種ゾーンに差し掛かったら取り除く

しばらく食べすすむと中の空洞部分に到達した。種ゾーンである。

食べ始める前はどうするのかと思っていた種ゾーンは、このように登場してくることがわかった。

ここから種を取り出す。

18.jpg
ここからが真骨頂

種が取りだせたら、もう迷いはない。

頭をからっぽにしてただ手と口を動かせばいいだけである。

いったん広告です

種を取り除いてあらためて実食

それでは、あらためていただきます!

19.jpg
人はメロンを丸かじりすると凶悪な顔になる2

鼻が種を除いた穴にスッポリと収まり、顔面中、いや頭の先までメロンの味わいが広がる。

20.jpg
やべー!

種付近を丸かじりすると、ここまでの甘さは、これを際立たせるための演出に過ぎない、あくまで前座の甘さだったのだと思えてくる。

本当にもう!粋な演出しやがってえ!憎いねこの、ド根性メロン!もうTシャツにメロン押し込んじゃうぞ!とだんだん半狂乱になってくるのである。

21.jpg
ひとくちごとにだんだん甘くなるメロン

楽しみがあとからやってくるメロン。なぜこれまでこうしてメロンをむかなかったのか?これがメロンの正しいむき方なのではないか?

22.jpg
メロンの丸かじりは、途中で止めることができない

と疑問に思ったが、皮をむくのが大変なうえ、手がベタベタになるからだとすぐに結論がでたのには自分でも驚いた。

23.jpg
メロンだけで腹が満たされる幸せよ

しかし…

24.jpg
少し飽きてくる

終盤に差し掛かると、ずっと甘い味がつづいたことにより、贅沢なことにメロンの味に飽きてきてしまい、ちょっと塩気が欲しいなあ、メロンに生ハムを添えるのは、こういうブルジョワ的感覚からはじまったのだろうなあ、山田くん、ちょっと生ハム持ってきて!と座布団運びならぬ、生ハム運びの山田くんという人が近くにいればお願いすることになっただろう。

25.jpg
完食

 


別に金持ちにならなくてもできる

念願のメロンの丸かじりができた。結果的には、顔面どころか体中が甘くなったように感じ、メロンまるごと一個はさすがに多いと思った。

しかし幸せな気持ちになり、新たな発見もたくさんできた。

26.jpg
too much melon

そのうえ言うほどお金もかかっていない。もっと早くやっておけばよかった。

行動にうつしさえすれば意外にもあっけなく夢は叶うのかもしれない。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ