特集 2024年4月30日

ヘッドホンはいつだんごになるのか

実験 3) ケーブルが入ったポーチをもみくちゃにする

カバンのなかでケーブル類が入ったポーチはもみくちゃにされている。パソコンやらペットボトルでつぶされたり、カバンそのものの上に荷物が置かれたり。ポーチはまさに臼のなかの餅状態になっている。

……もしかしたらだんごというのは比喩ではないのかもしれない。米もケーブルもだんごになるときは同じ過程を経る。つまりこれはだんごの統一理論だ。

では検証してみよう。

ポーチにヘッドホン、USBケーブル、アップルウォッチの充電ケーブルを入れる
それを5分間こねる

こねることでかばんのなかのポーチのハードな状態を再現した。ゴールデンウイーク、僕はケーブルが入ったポーチをこねてます。人には伝わりにくいけど悪くない人生です。

だが、だんごじゃない

だんごの統一理論は忘れてください。
もんでもケーブルはだんごにならない。
だがこの撮影をしているときにヘッドホンをポーチから出すときに他のケーブルとからまることがあった。

ヘッドホンの耳に入れるところが他のケーブルを引っ掛けてしまう

これなんじゃないか。
ポーチに出し入れするときにヘッドホンはだんごになるのだ。

ポーチのなかにあるときは、からまっている状態とからまってない状態が同居していて、出るときに確定する。
いや、言い過ぎた。でも確かめてみよう。

いったん広告です

実験4)  ポーチからケーブルを出し入れする

ポーチにケーブルとヘッドホンを入れて、ケーブルだけを何度も出し入れしてみる。
実際に出先でポーチからケーブルを出して使う。使ったらまたもとに戻す。この繰り返しで少しずつヘッドホンがだんごになっているのではないか。

今回はポーチの中にモバイルバッテリー、ヘッドホン2本、複雑なUSBケーブル1本(赤)を入れた。

実際に僕がもっているIT袋に入っているものたちである。IT袋はオリジナルの呼び名だ。

赤いケーブルを出す

ケーブルだけを出しているつもりがヘッドホンを引っかけて出てしまっている。確かにこういうことはよくある。
赤いケーブルはこたつのコードみたいだったので買った。 

ヘッドホンをもとに戻す

ケーブルだけが出た状態だ。こうやって充電などをして、使い終わってまたポーチに戻す。 

キュッと押し込む。

これを5分間繰り返した。最後にヘッドホンだけ出そうとすると、ずるずるともう1本のヘッドホンもからまって出てきた。

これはだんごになりかけと言ってもいいのではないか!

ついにケーブルがだんごになった。

感動的なシーンは動画でも見てください。動画のなか、赤丸で囲んだ部分でケーブルが徐々にだんごになっている。

結論としては、ヘッドホンは他のケーブルに引っかってだんごになる。


僕らはずっとなにかがからまってる

かつて会社の固定電話があった時代、受話器のケーブルがからんでいたので、たまにぶら下げてほどいていた。
デバイスが進化しても常になにかがからむようになっているのだ。

うまいこと言ったつもりだが、ワイヤレスヘッドホンの時代はなにがからんでいるのかは分からないのでみんなで考えよう。

ワイヤレスヘッドホンだけどなくすのが嫌なので専用のヒモを買った。充電するときに外さないといけないから不便である

記事中で使っている丈夫なケースはこちら。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【無印良品 公式】TPUクリアケース 約16×19.5cm
価格:490円(税込、送料別) (2024/4/30時点)

 

 

ワイヤレスだと最初からだんごみたいなケースに入ってます

Apple AirPods Pro(第2世代)​​​​​​​- MagSafe充電ケース(USB-C)

※このリンクからお買い物していただくとアフィリエイト収益が運営費の支えになります!

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ
20240626banner.jpg
傑作選!シャツ!袋状の便利な布(取っ手付き)買って応援してよう

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ