シリーズ 出奔(しゅっぽん) 2023年11月15日

引越初日と2日目の気分を味わう旅

海でサーフィンを眺める

6時前に目がさめて外を見ると、自転車を漕ぐ人、犬を連れて歩く人がちらほらいる。

まだ肌寒いし眠いけど、せっかくだから散歩してみよう、引っ越して初めての朝だからね。
リゾートマンションなだけあって、歩いて数分のところに海
海だ!わかっていても口に出して言っちゃうね

ぼさぼさのすっぴんで、海を眺める朝がここにはある。

ボールを追いかけて体中砂まみれになる日もある…のか?

朝日がきらきらと波に散る間に黒い影がちらほら見える。サーフィンをする人々だ。 

サーフィンを初めてじっくり見た。

ぷかぷかと浮かぶ大きな板に腹ばいになって、両腕でえっちらおっちら波を越えてより深い方へと向かう。

じっと海の向こうを見ていと思うと、何かを見つけたのか、急いでUターンをして、波の上に立ちあがる。

ここであの、よくみる波乗りサーファーのポーズだ。

どうやらあのサーフィンの格好いい姿はほんの一瞬のことらしい。体勢が崩れたあとは、ふたたび海の向こうへ向かう。ぷかぷか揺れながら、じっと波を見つめている時間の方がずっと長い。

サーフィンというのは、ずっと海を眺め続けるための口実なのかもしれないな。

釣りも海を眺めるためなのかしら
いったん広告です

伊勢海老の味噌汁の湯気に祝福される

思い思いに海を味わう人々を存分に堪能し、部屋に戻ってきた。伊勢海老の殻を煮る。

「身よりも殻とミソを煮出した味噌汁がうまい」と昨日魚屋さんで聞いて、食べガラをバッチリ取っておいたのだ。

部屋の中もうまい海の匂いでいっぱい!
ズッ……
〜ッ!

ううううますぎる!!!香ばしくてめちゃめちゃに味が強い。殻にこびりついていた身もふわふわにほぐれて、その身がじゅわじゅわに汁を吸っていてなおのことうまい。

一日の終りに食べるうまいものも最高だけど、始まりがこんなにおいしいと世界に祝福されているような気分だ。良き朝、良き人生を。ピンクの部屋もだいぶ似合ってきたんじゃないの。

チェックアウトの時間がやってきて、マンションを出る。もう部屋に戻ることはないと知りつつも、しかし今日のわたしは旅立ちではなく引越し二日目。もっと町を知りたい。

いったん広告です

住みたいリゾートマンションランキング

昨夜のうちに薄々わかっていたことだが、御宿町、現役バリバリギラギラのリゾート地というよりは、昭和のリゾート開発の名残が残るちいさな町、という解釈が正しそうだ。

わたしが泊まったマンションのまわりはいくつものリゾートマンションが群生している
プライベートプール付きのマンションもあった。ヒカキンの新居にもプールがついてたけど、なんでプールって豪邸の証みたいになっているんだろうな。

ぐるっとそれぞれのマンションの外観を見て回って、御宿町でいちばん住みたいリゾートマンションを決めた。「御宿アーバンコンフォート」である。

ぶっちぎり第1位です!

決めてはなんと言っても、海を望むこの丸い部屋だ。

不動産サイトから引用

ぐるりと曲線を描く窓がたまらない。この間取り図だけでもうまい酒が飲めそうだ。

わたしだったらクローゼット部分をぶち抜いて一部屋にしたいけれど、構造上の問題でそうしてないのかしら…と妄想が膨らむ。

きっとこの町でのわたしは、いつかこのマンションを買うためにせっせと貯金をするのだろう。

いったん広告です

食パンを抱えて漁村歩き

一方リゾートマンションの密集地帯を一歩出れば、築40年、50年くらいはありそうな古い一軒家の集落が広がっている。

絵画みたいだな
飾り気のないおうちに「営業中」の文字を見つけた。
パン屋のようだ
もう食パンしか残ってないのよ~というおかみさん。焼けたそばから売れてしまうそうだ。
それならばと買った食パン1.5斤、これがびっくりするほどおいしかった
ぷわぷわのほわほわでしっとり、バターがたっぷり使われていて甘くて溶ける かなり好き系の食パンだった
ほわほわの食パンを大事に抱えて、むしりながら路地を行く
御宿町の至る所で見かけたこのマーク、なんだろう?暮らすうちにわかるだろうか
空き家となって植物に侵食されている家も少なくなかった
道の突き当たりが海

散歩をしていたら不意に海に出る、そんな…そんな幸せなことがあるのか…

いったん広告です

引越二日目のミッションといえば役場での転居手続きだ

さて、そろそろ帰りの時間も近づいているが、わたしにはどうしてもやらなければならないミッションがある。引越といえば転居届けだ。町役場にいかなくては。

山中に三角屋根が見えるだろうか。海の近くではなく、線路を挟んで向かいの山のほうに御宿町役場はある。
色合いといいかたちといい、外国製のつみきみたいでかわいい。

で、それでですよ、この御宿町役場。何も知らずに行ったら絶対ファンになってしまう、とんでもない場所だったのです。

入ってすぐこれ!!海外の教会かと思うような素敵すぎる建物
平日の昼というのに人気がなくて、より一層厳かな雰囲気だ
海側から見えた三角屋根の塔は最上階まで登ることができて
塔の最上階の窓からは、わたしがこれから暮らす町を一望できる
平たい静かな土地にずっと向こうまで続く海、群れて建つリゾートマンション。

景色のなかに見知った店があり、自分の部屋がある。きっともっと月日が経ったら、手のひらに収まるほどの、この小さな町を愛おしく思うのだろうなあ。

つくばの自宅に戻ってひと眠りしたあと、服を洗濯機に入れようしてふわりと漂うあのピンク色の部屋の匂いに気づいた。夢だったのか現実だったのか、狐につままれたような心地で引越の旅は終わったのだった。


山側は現在進行中の別荘地でござった

記事のボリューム上やむなくカットしたのだが、じつは海から役場を発見したとき、さらに目を引く一角があった。

なんじゃありゃ、と役場ついでに見に行ったら
ドン!ドン!とヤシの木が並び
カリフォルニアスタイルだったり今どきっぽい戸建も目につく、小洒落た別荘地だったのだ。
発端は昭和のリゾート開発とはいえ、今も永住目的で住人が増えているらしい

御宿町、なかなか底知れない場所である。

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ