特集 2018年10月30日

流行りの透明バッグが丸見えで不安なので窓にした

ここまで来るのに紆余曲折という名の空回りをしました。なぜここに至ったのか経緯を記す。

今年の夏は透明のバッグが流行っていました。

透明というか、カバンの中身が見えるバッグです。
それを見て、「バッグの中身が丸見えなんて恥ずかしい」「防犯上どうか」と思ってしまった自分がいました。

そこで、たどり着いたのが窓のバッグなのです。
自分では自然な発想のつもりだったのですが、他人に「思考が飛躍しすぎ」と言われ続けたので、なぜ窓のバッグに至ったのか順を追ってご説明します。

1987年埼玉生まれの栃木育ち・群馬県在住。
週末は群馬の温泉を巡っています。
漫画やイラストを描いたり、それに付随した講師もたまにしております。

前の記事:くさり樋をもっと手軽に楽しみたい

> 個人サイト Nuki

池袋でギャルが透明バッグを持っているのを見た

夏休み東京に行きました。山手線に乗ってぼーっとしていると、向かいに座っているギャルのバッグがなんと、中身が丸見えの透明バッグだったのです。

「斬新だなぁ…」と思い、注意して乗客を見ていると、透明で中身が丸見えのバッグを持っている人がちらほらいました。

002.jpg
こういうバッグです。

どうやらバッグの中身が見える透明バッグが流行っているらしいぞ!

透明なバッグ=機密バッグというイメージ

仕事で取引先の工場にいく際、荷物は透明のバッグに入れます。

「私は機密書類と危険物を持ってこないし持ち帰らない」という決意表明も込めた上での透明バッグです。

003.jpg
透明なバッグじゃないと取引先の警備員に止められるのだ!


流行りの透明のバッグに対してもこのイメージがどうしても払拭できずにいたのですが、『なんかもやもやする…』という気持ちをおさえて『流行を理解したい!』という気持ちが上回りました。

透明なバッグに荷物を入れてみる

『流行を理解したい!』という気持ちで、まずは透明バッグに荷物を入れてみます。

いつもの習慣で『取引先に行くぞ!』と気合が入ってしまいました。昼飯を買いに行くだけなのに。

004.jpg
中身が見えるので忘れ物防止にはつながりますね、私はよく財布を忘れて街まで出かけるので。

出かける前は仕事っぽく感じたのですが、家を出ると急に丸見えが防犯上怖く感じてきました。。中身が仕事道具でなく、プライベートの私物だからかもしれません。どうしたらいいんだろう…。

バッグは家も同然!(個人の感想)

だいたい、有名人・モデルで特集でも組まれないかぎりバッグの中身は人に見せないじゃないですか。人には見せないもの、あまり見せたくないもの…。

それは、家!バッグは、家なのです。

(口の中もあまり見られたくはないのですが、最近は差し歯がよくとれるので人に口の中を見てもらう機会が増えて慣れてきました。)

透明バッグに手を加えよう

バッグが家も同然。という理由がわかったところで、透明バッグを家っぽく改造していきます。

※編集部注:ここに明らかに論理の飛躍があるのですが、本人が熱心なので見守ることにしました。

バッグが透明なので『透明はガラス部分』という解釈をしました。

※編集部注:ここもちょっとよくわからないのですが、やはり本人が熱心なので見守ることにしました。

なので、窓枠をつけました。

005.jpg
「透明だから窓をつけて窓から中身が見えたら納得するかもしれない」と意味のわからない供述を…

窓枠は100円均一で購入したフォトフレームです。昼間の情報番組で特集されていた『DIY主婦』から得た知識です。

壁もつけよう

窓をつけて気持ち的には満足しました。

しかし、もともと中身が見えるバッグなのでよくわからなくもなりました。もっと家に近づけるべく壁もつけてみましょう。

006.jpg
DIYリメイクシート。これも100円均一で売っている。これをつけると…
007.jpg
え…?! めっちゃ家…めっちゃ窓! いえーい!
008.jpg
接写したらもう窓。でもこいつの本職はバッグなのです。
009.jpg
とてもいい感じなので緑(ツタ)もつるしてみよう。
010.jpg
とんでもなくオシャレになりました。こんな家に住みたい。
011.jpg
窓が持ち歩けるぞ。
012.jpg
こんなに自然と調和するバッグ、今までになかったのでは

バッグの中身は依然として見えます。しかし窓ごしであることにより、『ただの透明バッグより防犯性能が向上した!』と私は感じました。

でも地面に置いて撮影しているので置き引きの可能性が。置き引きは中身が見えていようがなかろうが確率は同じです。

013.jpg
木の根部分に。小人が住んでいそうです。
014.jpg
適当な英文と背景でオシャレに見せようという魂胆の写真。『窓はバッグ、バッグは窓』とグーグルの翻訳機にいれました。
015.jpg
窓から顔を。ちょっとしたホラーになる。
016.jpg
窓越しの青空。いろんなところに行っていろんな風景が窓越しに撮れるよ。多機能だね!
017.jpg
窓バッグのうしろはバッグの中身を見られる以上に恥ずかしい突貫工事。いろんなものをタッカーでガチガチに固定しています。

これが私の透明バッグに対する答えと経緯である。
池袋のギャルの透明バッグからよくここまで飛んだものです。

※編集部注:同感です。


しかし、予想外の答え合わせが!

財布を買いにカバン屋に行きました。
そのときに『透明のバッグって流行ってますよね、中身が見えることはどう思いますか?』と店員さんに聞くと「もう時期じゃないんですけど…」と、バックヤードから透明バッグの中に入れるポーチを持ってきてくれました。
ポーチにはブランド名とロゴがどーん!と書いてあり、それを透明なバッグから見せるのが正解だそうです。
私が見て来たもの(透明バッグにそのまま荷物)はなんだったのだ
きっとオシャレにルールはないのだ。池袋のギャルも、窓のバックを作った私も間違いではない。
018.jpg
あとこれがやりたかった。窓辺(Windows)にりんご(Apple)。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓