おとなの自由研究2019 2019年8月20日

LANケーブルが使える最大の長さを知りたい

ケーブルが使える長さを知りたい

インターネットをするときにパソコンに差し込むケーブルをLANケーブルという。元々LANとはローカルエリアネットワークの略称で、狭い範囲のネットワークを意味していた。

現在ではwi-fiなどの無線LANが普及しており、線がごちゃごちゃする、足などをひっかけるなどの理由で家庭などでは有線のケーブルはほとんど見ないかもしれない。

会社や事務所などではまだまだメインで使われているこの有線LAN、いったいどのくらいの長さまで使えるのだろうか。

編集部より:この記事はとくべつ企画「おとなの自由研究2019」のうちの1本です。

1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:映画・酔拳に出てきたお酒「三鞭酒」を飲んで強くなりたい


色々とあるLANケーブル

電気量販店に行くと、様々な長さのLANケーブルがある。短いだと50cmからある。

001.jpg
「宇宙や未来の商品を集めました」のような雰囲気のあるLANケーブル売り場。

長さも違えば、形状も違う。インスタントのうどんのような平べったいケーブルやそばぐらいの太さのケーブルなど様々だ。

そして、カテゴリー6やらカテゴリー7などの種類がある。細かく話すと朝まで語ることになるのでだいたいで言うと、数字が高くなるほど、接続がより安定したり、性能がよかったりする。

002.jpg
6が今では一般的で多くのネットワークの機械とも対応している。
003.jpg
7もある。ラッキーセブンなので縁起もいいし、性能のいい。

とりあえず長いのがほしい。そう思ってお店を探していたらあった。

004.jpg
100メートルのケーブルがあった。ウサイン・ボルトが9秒58で走れる長さだ。

100メートルの長さである。これを買って帰ろうと思って箱をよく見たら、

005.jpg
「周辺機器に接続するにはコネクタを取り付ける必要があります」

コネクタと言われてもなにがなんだがと思われるかもしれない。一般的な市販のケーブルにはパソコンなどをつなげられるように機器がとりつけられている。

006.jpg
こういうの。

長いケーブルだと自分で使いたい長さに切って、自分でコネクタをつける必要があるらしい。自作ケーブルである。

007.jpg
普通の電気量販店でも一般的に売られている。

店員さんに「すごく不器用なんですけど、これってやった事ない人でも簡単にできますか?」と聞くが、「たぶん、難しいと思います」と言われたので断念した。無理はしない方がいい。

このあとに行ったトイレがとても混んでいて自分も含めて並んでいる人、全員がぎりぎりだった。

様々な長さのLANケーブルを買ってお店をあとにする。

つなげ方をどうするか?

あとはつなぎ方である。家にあるパソコンと家のケーブルをつないでそのまま外に出ようかと思ったが、多分怒られるだろう。他にも色々と方法はあるが、今回はカメラで撮影した映像をどうにかしてLANケーブルでつないで、パソコンで映し出すことにした。

LANケーブルを段々と長くしていき、どのぐらいの長さまで映像が映るのかで、LANケーブルの限界を調べたいと思う。

そこで映像の詳しい人に相談することにした。有限会社バッタネイションの岩沢さんである。

008.jpg
問い合わせした直後、答えが書かれたURLが送られてきて戸惑った。

岩沢さんに相談してみたところ、「カメラでHDMI出力して、それをHDMIエクステンダーをつかってLANへ変換して、それを受信側でもLANからHDMIに変換すれば映し出せます」とアドバイスをもらった。

009.jpg
今回の接続方法である。
010.jpg
これがHDMIエクステンダーである。一般の電気量販店では置いてないところが多いので通販で買おう。

さっそくつないでみる

これらを使って検証していこうと思う。まずはつながるのか不安でしかたないので試しにつないでみよう。

011.jpg
着々と準備を進めていく。

LANケーブルをつないで、これでどうだ。

012.jpg
そこにはなにも表示されないパソコンの画面があった。

なにも映像が出てこない。デイリーポータルZの運営会社であるイッツコムの会議室で真っ暗な画面を見ながら焦っていた。

013.jpg
見たことのない首の角度。焦りが首の角度に出ている。
014.jpg
接続しようと色々といじっていたら画面がおかしくなり、さらにパニックになった。
015.jpg
最後は全てをあきらめてヌンチャクをふり回した。

一度、冷静になろう。パソコンにつなぐのがよくない。モニターにつなげばいいのではないか。会社のモニターを借りてつないでみる。

016.jpg
妖怪・HDMIケーブル差し。
017.jpg
つながった。これでようやく検証ができる。

最初は短いケーブルから、段々と長くしていく。長さが必要な場合は延長コネクターを使用した。

018.jpg
この検証のために50メートルのケーブルを買った。

ちなみにLANケーブルが長いと、実際の動きと映像の動きが遅くなるかと思ったが、関係なかった。

019.jpg
実際の動きと映像の動きは、長さに関係なくワンテンポ遅れるぐらいだった。
020.jpg
結果はこうなった。

結果的に65メートルまでつなぐことができた。ケーブルの種類や接続方法によっても違いがあるが、1つの目安として考えてほしい。

岩沢さんいわく「LANケーブル一本でつなぐことができる距離は通常100メートルとされていて、ここから長くしていくことで、通信が遅くなったり、接続できなくなったりする」そうだ。

わかったところで最大までのばしてみて映像を撮ってみよう。

021.jpg
会議室からLANケーブルをのばして行き、
022.jpg
廊下へとのばしていく。
023.jpg
できた。会議室、応接室などを経由して廊下までのばして65メートル。

会社には働いている人がいる中で、ヌンチャクをふり回す映像を撮るなんて興奮する。社内の人、セコムや警察を呼ばないで見守っていてほしい。

024.gif
そして、ヌンチャクをふり回す。
025.jpg
ちゃんと映った。

このとき、安藤さんは「廊下の端でヌンチャク振っている映像を会議室で見ているのはちょっと見てはいけないものを見てしまったような気持ちになった。あとヌンチャクが下手だ」と思ったそうだ。

自由研究まとめ

026.jpg
「使っている機械やケーブルによって違う」と身も蓋もないことを書いてしまった。

メーカー品の方が接続が安定している

今回、秋葉原の安いお店のLANケーブルを使ったときに接続ができず、同じ長さの別のケーブルを使ったら正常に接続できた。高くても聞いたことのあるメーカーの方がいい。

027.jpg
ケーブルを全部集めたら現代アートみたいになった。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓