デジタルリマスター 2022年7月10日

不安な気持ちになる階段巡り(デジタルリマスター)

不安な気持ち

階段にはどこか気持ちを揺さぶる要素がある。

階段を上った先には何があるのか?という小さな未知への不安と期待が入り交じるからなのか、足腰への肉体的負荷を強要するからなのか、詳しいことはわからないが、あのサスペンス映画の巨匠・ヒッチコック監督は、しばしばこれを効果的に演出に使っていた。

そのあたりを、長崎にたくさんあるすごい階段を使って、独自に検証してみたいと思う。

2006年6月に掲載された記事を、AIにより画像を拡大して加筆修正のうえ再掲載しました。

長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。

前の記事:小さい人、あらわる。(デジタルリマスター)

> 個人サイト 長崎ガイド

イントロダクション

サスペンスの巨匠、アルフレッド・ヒッチコック監督は、
しばしば緊張感を盛り上げる場面で“階段”を使った。

例えば、「断崖」という映画の中に、こんなシーンがある。

・体の具合が良くない妻のために夫がミルクを運んでくる。
・が、妻は夫に対して
「ひょっとして夫は自分を殺そうとしてるんじゃないか?」
という疑惑を抱いており、
・夫が運んできたミルクに毒が入ってるように見えてしまう。

このシーンを、ヒッチコック監督はどう演出したかというと、

・コップの中に豆電球を仕込み、
・不気味に白く浮き上がるミルクを持った夫が
・階段を上ってくる

というふうに撮った。

つまり、こんな感じだ。

i_1_photos_v2_x2.jpg
妻のためにミルクを運ぶ夫

まずは普通に、体調の悪い妻のためにミルクを運ぶ夫の図、である。人相の善し悪しはともかくとして、「早く元気になってほしい」という思いを込めてミルクを運んでいる感じが、まぁまぁ出ていると思う。

ところが同じことを階段を上りながらやってみると…

i_bw_photos_v2_x2.jpg
同じく、妻のためにミルクを運ぶ夫

これが階段の効果だ。

夫は本当に信頼できる人なのかしら?
あのミルクには毒が入ってるんじゃないかしら?
と疑念を抱く妻の心が、よく表現されているように思う。

長崎の気になる階段たちを見に

さて、上の写真はとりあえず、ということで家の前の階段で撮ったものだが、長崎は坂の町だけあって数多くの階段がある。
その中から、“より見るものを不安にさせる階段”を見つけに、出かけたいと思う。

いったん広告です

気になる階段ファイル:その1

さて、最初に見る「気になる階段」はこちら。

1_m1_photos_v2_x2.jpg
これ

竹林の横にある階段。
なぜだかわからないが、なんとなく不思議な感じがしないだろうか?
これが前々から気になっていた。

1_m2_photos_v2_x2.jpg
どこか不思議な感じがする階段

よく見るとエッジ部分がすごい。どうなってるんだろう?
用が無かったので今まで遠くから見るばかりだったが、ここにこれから行ってみたいと思う。

近くに行くまでに一苦労

およそここ通っていいのかな?という感じのところを無理矢理進み、ようやく階段のふもとまで辿り着いた。

1_1_photos_v2_x2.jpg
予想以上に荒んでいた階段

登っていくと、なんだか荒みっぷりがすごい。
「不安にさせる」という意味では、いきなり直球が来た感じ。

1_2_photos_v2_x2.jpg
絡まる草、壁にはヒビ
1_3_photos_v2_x2.jpg
登りつめた先にあったものは…

やがて一番上まで着いた。
しかしそれにしても妙な感じの階段だなぁ、と思いながら
端に立って見下ろしてみると…。

1_4_photos_v2_x2.jpg
ひゅい~
いったん広告です

危険な階段

この階段、普通は付いてるであろう手すりの類が、一切付いてなかったのだ。だから遠くから見てもなんだか変な感じがしたのか!

1_yabai_photos_v2_x2.jpg
これは危険だ…
1_5_photos_v2_x2.jpg
と思ったら行き止まり。

よく見たら、その上は封鎖されていた。
つまりこれは、使用禁止の階段だった。

(どおりで、登り口を見つけるのにも苦労したわけだ。)

1_ura_photos_v2_x2.jpg
下から見上げた図。エッジがすごいな。
1_corner_photos_v2_x2.jpg
勢い余って落ちちゃうよ。

ミルクはどう見えるのか?

さて、というわけで
かなり私の気持ちを不安にさせてくれた階段だったが、
例のミルクを運ぶ場面をここでやってみたら、一体どれくらいそれは毒入りっぽく見えるのか?

1_milik_photos_v2_x2.jpg
妻のためにミルクを運ぶ夫

一体この夫婦はどこに住んでるのだ?
という疑問が沸かなくもない。

あと、夫というより、召使いだ。
ものすごい「かかあ天下」な家にも見える。

1_milk2bw_photos_v2_x2.jpg
「風邪の具合はどうだい?」
1_milk3bw_photos_v2_x2.jpg
「これを飲んで早く元気になっておくれ」

しかし、さすがは危険な階段だ。
じっと見てるうちに、だんだん毒入りミルクに見えてくる。

これがヒッチコックがしばし用いた階段効果である。

1_drink_photos_v2_x2.jpg
そして牛乳を飲む
1_puhha_photos_v2_x2.jpg
ぷっは~
いったん広告です

気になる階段ファイル:その2

次に見るのは、私が車で横を通るたびに、いつも気になっていた階段。

こんなやつだ。

2_car_photos_v2_x2.jpg
車で走ってると横に見える
2_view_photos_v2_x2.jpg
この階段

このちょっと遺跡みたいにも見える階段。
これがずっと気になっていたのだが、やっぱり用がなくて今まで実際に行ったことがなかった。今度はこれに行ってみよう。

階段かどうかすら疑わしい

下まで行って見上げたら、こんなだった

2_1_photos_v2_x2.jpg
階段?

階段、というよりは「コンクリートで固められたボコボコ」という感じだが、広い意味でこういうのを階段と呼ぶのだろう。

2_2_photos_v2_x2.jpg
で、登る

傾斜はかなり急。
革靴だったこともあり、足元がすべり股間に余計な力が入る。

2_side_photos_v2_x2.jpg
横から見た図
2_angle_photos_v2_x2.jpg
こういうアングルで見ると階段に見えない

丸みを帯びた流線型のフォルムは、車などのデザインとしては秀逸だが、階段のフォルムとしては大いに疑問を感じるところである。

2_3_photos_v2_x2.jpg
ふう

ミルクはどう見えるのか?

というわけで私を不安にさせるに充分だったこの階段。
ここでもまた、ミルクの見え方がどのように変化するのか
検証してみよう。

2_come_photos_v2_x2.jpg
妻のためにミルクを運ぶ夫
2_milk_photos_v2_x2.jpg
えっさ、ほいさ
2_milk2_photos_v2_x2.jpg
おつかれさま~

戦後だ。戦後の写真っぽい。
が、ここでもやはり、じっと見てるうちにだんだん毒入りミルクではないか?という不気味さがじわじわとこみ上げてくる。
そう、これが階段効果だ。

階段は急な上に、写真を撮るために何度も行ったり来たりしてたら、すっかりヘトヘトになってしまった。翌日はすごい筋肉痛になった。

2_drink_photos_v2_x2.jpg
ふぅ~
いったん広告です

気になる階段ファイル:その3 ~地獄の階段~

次に向った気になる階段は、「地獄」の名が付いた階段。調べてみると、「地獄坂」と呼ばれる坂は長崎だけでもあちこちにあることがわかった。遠い存在だと思いきや意外に身近だった地獄。その中から、「相生地獄坂(あいおいじごくざか)」と呼ばれるところに行ってみることにした。

3_kanban_photos_v2_x2.jpg
「地獄」と名の付く坂
3_view_photos_v2_x2.jpg
出だしはわりと普通の階段っぽいな

「地獄」と呼ばれるからには、やはり地獄に違いない。
ここを登ってみよう。

これが階段地獄だ

そこには、ご覧の通りの急階段が延々と続いていた。

3_1_photos_v2_x2.jpg
スティープ、かつロング
3_image2_photos_v2_x2.jpg
でもなんだか
3_image1_photos_v2_x2.jpg
美しさも垣間見える

たしかにきつい階段ではあるが、
長崎ではこれくらいの階段はあちらこちらで見られるため、特別ここだけが地獄という感じはしなかった。
ということはつまり、長崎が全体的に地獄なのか?…という考えも一瞬よぎるが、あまり深く考え込まないことにしよう。

3_view2_photos_v2_x2.jpg
振り返ればこんな眺めが

階段を登り切ったところには、しゃれた感じの洋館と、上からの景色を眺めるのにちょうどいいベンチがあった。

3_glover_photos_v2_x2.jpg
登りきった先には、居留地時代を思い起こさせる洋館が(南山手レストハウス)
3_bench_photos_v2_x2.jpg
それとベンチ (大浦展望公園)

ミルクはどう見えるのか?

さてここでも例によって、運ばれるミルクがどう変化するのか検証してみよう。

3_come_photos_v2_x2.jpg
妻のためにミルクを運ぶ夫
3_milk1_photos_v2_x2.jpg
地獄の底から這い上がってきた
3_milk2_photos_v2_x2.jpg
妻のために

だんだん自分が何をしてるのか、わからなくなってきた。
なぜ私はこうしてミルクを運んでいるのか?

3_drink_photos_v2_x2.jpg
そして飲む
いったん広告です

気になる階段ファイル:その4 ~最後は天国~

最後は天国である。
地獄を見た次は、天国を見てみたい。

そのあまりの“あんまりっぷり”に、一部の人々から「天国への階段」とか称されている階段である。

4_view_photos_v2_x2.jpg

「おや? 一見普通の坂に見えるが」
と思われるとかたも多いと思うが、よく見ると…

4_view2_photos_v2_x2.jpg
我が目を疑った

よく見ると、家と家との隙間に階段があるのだ。
それも果てしなく上に上昇している。
最初これが階段だとわかった時は我が目を疑った。

4_bigimage_photos_v2_x2.jpg
天国への階段

細い、そして長い。そしてわけわからん。

なぜこうなっていて、一体どこに向って伸びているのか?
さまざまなクエスチョンマークを抱えながら、私はおそるおそる階段を登って行った。

4_image1_photos_v2_x2.jpg
生涯見た中で最も急

階段の幅が狭いせいからか、見る者に強烈なインパクトを与える天国への階段。おとな一人分、すれ違いできないくらいの幅。それが果てしなく真っ直ぐ上に伸びている。

4_foot_photos_v2_x2.jpg
おとな一人分ほどの幅

民家を抜けると、さらにその先は山の頂上へ向って伸びていた。あくまでも真っ直ぐ。幅は若干狭くなって。

4_mugen_photos_v2_x2.jpg
山頂へ向っていく
4_haba_photos_v2_x2.jpg
こんな幅になる
4_me_photos_v2_x2.jpg
ふい~。

気付くと、いつの間にか登山になっていた。
足元が狭くて、客観的に自分の立ち位置を確認できないが、横の景色から推測すると、相当高い位置をかなりの角度で登っていることがわかる。

山って普通、こんな風に直線では登らんだろう。

4_kakudo_photos_v2_x2.jpg
遠くを見て、自分の状況を推測する
4_straight_photos_v2_x2.jpg
無限に続く

やがてすごい急角度な段を経た後、ゆるかな傾斜になった。頂上付近に着いたようだ。

4_yaba1_photos_v2_x2.jpg
ここの段差が一番凄い
4_yaba2_photos_v2_x2.jpg
いよいよ山っぽい

頂上には何が…?!

やがて前方に小屋のようなものが見えてきた。
一体何があるのか?

4_arrive_photos_v2_x2.jpg
ゴールが見えてきた
4_end_photos_v2_x2.jpg
がーん

そこにあったのは「立入禁止」という札と金網だった。水道局の施設ということは、どうも貯水施設のようだ。高い位置から落差を利用して水を配っているんではなかろうか。

ミルクはどう見えるのか?

では最後に再び、普通のミルクがどのように変化して見えるのか、確認してみたい。階段が階段だけに、かなりの階段効果が見込めそうだ。

4_milkbring_photos_v2_x2.jpg
「風邪の具合はどうだい?」
4_milk_photos_v2_x2.jpg
「 ほら、ミルクを持ってきたよ。」
4_poison_photos_v2_x2.jpg
毒!これはもう毒!
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ