特集 2019年6月3日

ウェアラブル型スプラッシュマウンテンを作って、そこらのすべり台でスプラッシュ!

「スプラッシュ・マウンテンに乗りたい。」
そんな衝動に駆られる時がある。かなりの頻度で。

でも、衝動に任せて、いちいち自宅のある北海道からディズニーランドに向かうというのは現実的ではない。お金がなくなってしまう。

そうだ!

自分がスプラッシュ・マウンテンに赴くのではなく、逆にスプラッシュ・マウンテンを持ち運べるようにしてしまえばよいのではないだろうか。そこらで手軽にスプラッシュできれば幸せだ!

スプラッシュ・マウンテンを持ち運んで公園の滑り台で遊べば、ディズニーと同じくらい楽しめるはずだ。

北海道在住の大学生。演劇サークルに所属していますが、やったことがあるのは音響担当・舞台装置担当・当日宣伝担当で、一度も演技をしたことがありません。好物はパステルのなめらかプリン。

前の記事:外国人観光客に訊いた!「どこ行くの」から始まる地元観光


スプラッシュ・マウンテンは楽しい

スプラッシュ・マウンテンはディズニーランドの人気アトラクションだ。
高いところからすごい速さで水場に落下し、びしょ濡れになるのが特徴の「急流すべり」的なやつである。あれが好きだ。

02.jpg
勾配を滑り落ちて…
03.jpg
スプラッシュ!

先日ひとりでディズニーランドに行ったときも、入園するなり最初に乗った。

「シングルライダー」というおひとり様優遇制度があるにもかかわらず、一般の列にひとりで並んで、しっかり2時間並んだ。そのくらい好きである。
(シングルライダーを利用しなかったのは色々な心の屈折のせいなので触れないでおく)

スプラッシュ・マウンテンの肝となる概念は、「勾配を滑り落ちたとき、水がかかる」だ。
スピード感と、水に濡れるさわやかさ。今回はその“概念”を持ち運んで身につけられるようにしたいのだ。


スプラッシュ・マウンテンをウェアラブル化した

まずは完成形を見てほしい。
これが今回開発した、ウェアラブル型スプラッシュマウンテンだ。
 

04.jpg
スプラッシュ・マウンテン

水と、電動スプレー、そしてそれを制御する回路でできている。
これを画板のように胸のあたりに身につけて、滑り台を滑る。 
 

05.jpg
タイミングよく水がかかる!

そうすると滑り台がスプラッシュ・マウンテンになるのだ!


ウェアラブル化の過程をどうぞ

06.jpg

電動スプレーというものがある。

トリガーを引いている間、液体が噴射され続ける便利アイテムだ。

これがウェアラブル型スプラッシュ・マウンテンの「水をかける」心臓部分になる。

(上のスプレー部分だけを目当てに買ったら、薬剤の入ったボトル部分が余ってしまったので、もう1セット買ってお風呂掃除に活用しようと思う。)

07.jpg

で、このスプレー、電動で噴射し続けられるのは便利だが、滑り台を滑る自分自身でトリガーを引くと、きっとみじめな気分になるだろう。
さらにこのスプレー部分を改造して、自分でトリガーを引かなくてもタイミングよく水が出るようにしたい。

そこで今回用意したのがこのデバイスだ。

08.jpg
「受信機」このほかにリモコンがついている

これを電動スプレーの回路にかませる。
そうすると、電動スプレーをリモコンで遠隔操作できるようになるのだ。
これで、滑り台を滑っているとき、誰かにリモコンのボタンを押してもらえば、「勾配を滑り落ちたとき、水がかかる」ことになる。

実をいうと、当初はこの部分に加速度センサーを使い、全自動で制御しようと思っていたが、電子工作に詳しいテクノ手芸部のよしだともふみさんにアドバイスをいただき、この形に落ち着いた。

確かによく考えると、加速度で制御をした場合、歩いているだけでスプラッシュしそうだ。それは困る。

さて、スプレー部分の内部はこのようになっている。

09.jpg

もっと複雑な構造をイメージしていたが、電池・モーター・ギアだけでできていた。
トリガーを引くとモーターが回り、ギアが回転することでスプレーを噴射しているのだ。
 


さっそくそこに受信機をかませてみた。

11.jpg

リモコンを操作するとしっかり動く。感動である。

 

これでスプレーのリモコン制御はクリアできた。
ウェアラブル型スプラッシュマウンテン、心臓部は完成!

あとは、赤色のままでは無機質すぎるので、塗装を施し…
 

13.jpg
ライド部分をイメージして茶色に塗りました

画板にのせて、「いばらの茂み」を添えたりして…

14.jpg
「いばらの茂み」についてはまたのちほど

ウェアラブル型スプラッシュマウンテン、爆誕!

15.jpg
ウェアラブル

いてもたってもいられず、ディズニーが好きな大学の後輩に「スプラッシュマウンテン作った!」と伝えたところ、「どこのスプラッシュマウンテン作ったんですか?! 東京?!」と興奮させてしまってなんだか申し訳なくなった。

「ごめん、作ったのは概念なんだ」と返すしかなかった。
でも後輩は「いま、おうちでディズニーとか流行ってますもんね、これもおうちでディズニーですよね」と必死にフォローしてくれた。いい後輩!

公園でスプラッシュしてみる

というわけで、滑り台を求めて公園にやってきた。

16.jpg
よく聞け…いいか…ここをクリッターカントリーとする!

さっそく滑ってみよう。
 

17.jpg
待ち時間はスタンバイ列でも0分
18.jpg
キャスト(友人)がリモコンを構えて待機
「いまボタン押したい…」という気持ちを堪えてもらっている
19.jpg
いざ…
20.jpg
スプラッシュ!
21.jpg
………。
22.jpg
爽快!!!

めちゃくちゃ楽しい!!

水を噴射する操作は人に任せてしまっているので、意外なタイミングで水がかかってびっくりする。「うわぁ!」と声を上げて興奮してしまうのだ。

水がかかってからの滑りもまた爽快だ。水に風が当たって、涼しくて気持ちいい。最高か。
「スプラッシュ・マウンテン」を夏の季語にしてもいいんじゃないかとさえ思う(字余り)。

こうやって考察してみるとどうだろう。
「楽しい」の要素が本家スプラッシュ・マウンテンとほぼ重なっているのではないだろうか。

ただ、これが楽しいと感じているのが自分だけだと少し寂しいので、友人にも試してもらった。
 

23.jpg
ちゃんと興奮している

総じて、本家スプラッシュ・マウンテンでの記念撮影のときと同じような顔をしている。

(本家スプラッシュ・マウンテンでは、落下の瞬間に顔写真を撮影されていて、帰りに購入することができるシステムがある)

24.jpg
アトラクションから出てきた人の顔だ

友人たちもしっかり楽しんでいる。笑顔がはじけ飛んでいておもしろい。

よしよし。もしかしてすごいものを発明しちゃったのかもしれない。


どうせならストーリーに沿って

ディズニーランドに行ったことのある方はわかると思うが、本家スプラッシュ・マウンテンには物語性がある。

うさぎのキャラクター「うさぎどん」が主人公の、冒険の物語なのだ。
工作の段階で触れた「いばらの茂み」も、この物語の鍵となっている。

どうせならそのストーリーに沿って、リアリティを追求したい。

やってみよう。

25.jpg
主人公・うさぎどん。
「笑いの国」を目指し、故郷を離れて旅に出る!
26.jpg
ここは笑いの国じゃないみたい
27.jpg
この国にはルールが多いな…笑いの国はどうなんだろう
28.jpg
ここは手洗いの国だな
29.jpg
いい香りするし、ここが笑いの国か?
30.jpg
違うみたいだ

そんな旅の途中、ヒールである「くまどん」「きつねどん」に追い回されてしまう。
 

31.jpg
忍び寄るくまどんの影

そしてついに。
うさぎどんは、くまどんたちに捕まってしまう!
 

32.jpg
捕まった

うさぎどん、絶体絶命の大ピンチ!
ここでうさぎどんは一言。「いばらの茂みにだけは投げ込まないでくれ!」
 

33.jpg
これが「いばらの茂み」

その一言を聞いたくまどん達は、うさぎどんをいばらの茂みに投げ込んでしまう。

34.jpg
ここでスプラッシュ!

…が!

そのいばらの茂みは、なんとうさぎどんの故郷。

35.jpg
ジッパ・ディー・ドゥー・ダー! ただいま!

うさぎどんは機転をきかせ、彼にとっての「笑いの国」である故郷に、無事に帰ってきたのだ!
というストーリーである。

追体験だ!
ストーリーを追うとなおさら楽しい!


なんでもスプラッシュマウンテンになるのか

「滑り台をスプラッシュ・マウンテンに変える」のは成功したと言ってもいいだろう。
楽しかった。

では滑り台以外の遊具ではどうなるのだろう。試してみよう

ブランコ

36.jpg
ブランコ漕ぐの、何年ぶりだろう

こいでいる途中に断続的に水がかかるように操作してもらった。

37.jpg
スプラッシュ!

ブランコの速さと水の冷たさが相まってとても気持ちいい。

38.jpg
爽快感

ただ、基本的にずっと動いているのでスプラッシュ・マウンテン感はまったくない。
別のベクトルで楽しい遊具になった。

鉄棒

39.jpg

逆上がりで1回転できれば「レイジングスピリッツ」だなあと思ったが、機材がごつすぎて無理だった。

40.jpg
自然とアンニュイになってしまう

濡れながら棒を掴んでいる人でしかない。意味不明だ。

座るとゆれるやつ

41.jpg

支えがバネになっていて、前後にゆれるやつだ。

42.jpg

が、遊具自体が劣化していたのか、あまりゆれなかった。

43.jpg

必死に前後に体をゆらすものの、遊具はゆれず、顔は濡れていく。
なんだか惨めな気持ちになった。もっとゆれる遊具を選んだほうがいい。

44.jpg
「もう噴射とめてもらっていい?」

いくつか遊具を試してみたが、最もスプラッシュ・マウンテンなのはやはり滑り台だった。なんでもかんでもスプラッシュ・マウンテンに変えてしまうのは難しいようだ。

でも滑り台はスプラッシュ・マウンテン!

45.jpg
大きめな丘も
46.jpg
滑りおりるとスプラッシュ・マウンテン
47.jpg
石でできている滑り台は
48.jpg
スピードが出てスリル増量のスプラッシュ・マウンテンに!


今年の夏はこれで決まり

この原稿を書いている途中、大きなニュースが入ってきた。

本家スプラッシュ・マウンテンが点検のため、今年の9月3日まで休止となるとのこと。
今年の夏は、東京ディズニーランドに行ってもスプラッシュ・マウンテンは動いていないのだ。

夏の季語にしてしまいたいスプラッシュ・マウンテンだが、動いていないのなら仕方がない。

ウェアラブル型スプラッシュ・マウンテンを持ち運んで、そこらの公園で気分を味わうしかないじゃないか!
 

49.jpg
みんなも一緒にスプラッシュ・マウンテンを持ち運ぼう!

それにしても、滑り台がスプラッシュするだけで楽しくなるだなんて大きな発見だった。
オリエンタルランドさん、ウェアラブル型スプラッシュ・マウンテン、商品化のチャンスですよ!

50.jpg
お花に水もあげられます
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ