特集 2018年11月1日

チーズ in ハンバーグ以外の〇〇 in ハンバーグを模索する

チーズ in ハンバーグを考えた人は偉大だ。子供から大人まで大好きなハンバーグという完璧な料理にチーズをぶっこむとか悪魔的発想だ。天才だ。

ただあまりにもチーズ in ハンバーグが完璧すぎるから「ハンバーグの中身はチーズ」ということで僕らは思考停止していないだろうか。チーズ以外をハンバーグに入れても美味いのかもしれない。

大学中退→ニート→ママチャリ日本一周→webプログラマという経歴で、趣味でブログをやっていたら「おもしろ記事大賞」で賞をいただき、デイリーポータルZで記事を書かせてもらえるようになりました。嫌いな食べ物はプラスチック。

前の記事:タバコ休憩がうらやましいから野菜スティックで休息をとりたい

> 個人サイト ジャーニーとモアイとめがね

01_010.jpg
これが王者の貫禄。やっぱりチーズ in ハンバーグは味だけでなく見た目も最高だ。
01_020.jpg
こちらはハンバーグに卵が入っているスコッチエッグ

ガストのチーズ in ハンバーグは本当に美味い。「美味いもの×美味いもの=すごい美味い」というものの見本のような商品だ。

ハンバーグの中身と言えばチーズの他に、スコッチエッグという卵を入れた料理もある。僕は今回の企画をやるにあたって「ハンバーグ 中身」などで検索して、スコッチエッグというものを初めて知った。探してみたらスーパーにも普通に売っていた。自分の無知をハンバーグに包んで焼いて食べて消し去りたい。

01_030.jpg
ハンバーグの中身はチーズ一択であるが、コンビニのおにぎりの中身は常に進化しているのが対照的でおもしろい。

「ハンバーグの中身はチーズだ!!」と思っているだけで、実はもっと美味い組み合わせもあるんじゃないだろうか。コンビニのおにぎりだって挑戦的な具材が登場するのだから、組み合わせは無限のはずだ。ハンバーグの具材という名の大海原に飛び込もうではないか。

まずは基本的な具を詰める 

01_040.jpg
通常のハンバーグは俵型にタネを作るのだが、今回は具材(ナポリタン)を入れるので平たいひき肉を2つ用意してサンドするようにする。
01_050.jpg
足りない部分に肉をつけていき俵型にしていく。
01_060.jpg
ナポリタン in ハンバーグ

 

ナポリタン+ハンバーグという洋食店の人気メニューをすべて手に入れたような気分になれる一品が完成した。

これは最高に美味い!!!!と言いたいところなのだが、予想よりもナポリタンの味がしないのだ。パスタの柔らかい食感はするし、ハンバーグとケチャップの相性は良いのだが、やはり肉の味が強い。もっとナポリタンの味を濃くすれば良かったと後悔した。

ナポリタン in ハンバーグを作ってわかったのだが、単純にハンバーグの中に美味いものを入れればさらに美味くなるというわけではないらしい。意外に奥が深い世界なのかもしれない。

01_070.jpg
パイナップル in ハンバーグ

やはりハンバーグと一緒に食べる機会があるものが美味いのではないか?ということで試してみたのがパイナップル。ハワイ料理系のハンバーグやハンバーガーなどでは一緒になっていることが多い印象がある。やってみたが予想通り相性は良かった。というか予想以上に美味い!!

「ハンバーグにパイナップルのせるのと変わらないんじゃない?」と思うかもしれないが、焼いたときにパイナップルの甘みが肉に浸透するので、肉汁自体が甘くなって旨味が増すのだ。

ただし「酢豚にパイナップルを入れるかどうか戦争」の如く、人によって好き嫌いがかなりわかれそうだ。僕は酢豚にパイナップルをむしろ入れてほしい派なので、もし僕と結婚するつもりがある人は参考にしてください。

01_080.jpg
トマト in ハンバーグ

悟空にはベジータ、翼くんには岬くん、うしおにはとら……と、漫画の名コンビと同じようにやはりトマト×ハンバーグの組み合わせは間違いない。さっきのパイナップルと同じようにハンバーグを焼いたときにトマトが熱されて甘味が増すので美味しい。

トマトも種類によって酸味や甘みがだいぶ違うので、タネの味付けとトマトの組み合わせによっては、商品として売りだせるレベルになるんじゃないだろうか?ガストさん、よろしくお願いします。

01_090.jpg
玉ねぎ in ハンバーグ
01_100.jpg
ミックスベジタブル in ハンバーグ

玉ねぎやミックスベジタブルは当然のごとく美味い。玉ねぎは刻んでいれるのでなく、蒸して甘くなった玉ねぎをそのまま入れてみた。間違いない。

ただやっぱりチーズ in ハンバーグを超えているかと言われれば、間違いなくNOだ。チーズ in ハンバーグが強すぎる。今作ってきたハンバーグがドラえもんのジャイアンくらいの強さだとすれば、チーズ in ハンバーグはアンドレ・ザ・ジャイアントくらい強い。それくらい差がある。

01_110.jpg
焼き上がると中身が自分でもわからなくなる。お弁当とかに小さいのが3つくらい入っていたら楽しいかもしれない。
01_120.jpg
ちなみにこの記事では美味しそうなハンバーグの画像はこのさきも一切出てこないということを先に宣言しておく。むしろ不味そうなである画像が続く。

ここからはハンバーグの中に肉を入れてみたり、麻婆豆腐などの完成されたべつの料理を入れてみたりと色々と試してみたいと思う。

まったく別の料理を入れてみる

ハンバーグの中身を考えたときにまず思いついたのが「美味いもの」を入れればいいということだ。最初にも触れたが「美味いもの×美味いもの=美味いもの」ということだ。バカの発想だと思うかもれないが、スコッチエッグも知らないような男なのだから仕方がない。

03_005.jpg
野菜炒め in ハンバーグ

まずは定食屋の定番である野菜炒めから。野菜のシャキシャキ感が残っているので食感はすごく良い。だけど特に中に入れる必要はないかも。べつべつで食べた方が美味い。

03_010.jpg
オムライス in ハンバーグ

卵とケチャップなので相性が良いのでけっこうイケる。米にハンバーグの肉汁が染み込むので普通に食べるよりもむしろ美味いかもしれない。ハンバーグに米類を入れるというのはけっこうありなのかもしれない。

03_040.jpg
焼きそば in ハンバーグ

米が美味いのならということで麺を入れてみた。まずくはないけれど、入れなくもいいかなと思う。べつべつに食べた方がいい。

03_030.jpg
麻婆豆腐 in ハンバーグ

麻婆豆腐の味がハンバーグに負けてしまうので、中身がただただ柔らかくなるだけ。何回か噛んだあとにピリッと辛さがくるので、中身を知らない人に食べてもらったら「あれ?ハンバーグに舌が麻痺する毒でも入れた?」と言われるかもしれない。

ただ僕の作った麻婆豆腐の味が薄かっただけで、もしかしたら美味くなる可能性があるかもしれない。ただやっぱりどちらにせよ手間がかかるのでめんどくさい。麻婆豆腐を作りながら「作ったあとにハンバーグに入れるんだよな。俺は一人でなにやってんだろう」という考えがずっと頭によぎっていた。

03_060.jpg
納豆 in ハンバーグ

納豆ってなんでこんなにも美味いのだろうか。ポン酢をかけて食べるとさっぱりと食べられる。これ何個でもいける。見た目が多少悪いのと、熱されて匂いがより濃くなってしまうのがマイナスだが、個人的にはかなり好き。

外にあるものを中に入れてみる

02_010.jpg
ハンバーグと言えば甘い人参やコーンなどが付け合わせとして定番である。
02_020.jpg
定番の付け合わせ in ハンバーグ

本来はハンバーグとはべつべつにお皿にのっている付け合わせを、あえてハンバーグに突っ込むという荒業。かなりの強引な料理だが、味は想像どおりのハンバーグと付け合せである。1+1=2になるという良い例である。

ハンバーグは単品ではなく、ハンバーグドリア、ロコモコなど他の料理と組み合わせるパターンの料理も多い。それらをそもそもハンバーグの中に入れてしまおうと思った。まさに逆転の発想である。

02_030.jpg
ロコモコ in ハンバーグ

白米、アボカド、目玉焼きを入れてマヨネーズをかければ完全なるロコモコだ。食べると「ああ、ロコモコ食べてるわ」というそのまんまの感想がでてくる。ただただ当たり前のことをやっているだけである。

ご飯多めにして改良すればコンビニのおにぎりシリーズの一つとして出せそう。「片手で食べるロコモコ」とかでいけそう。

02_040.jpg
カレー in ハンバーグ

食べた瞬間に気づいて笑ってしまったのだが、味がカレーコロッケとほぼ同じなのだ。これ食べてみてほしい。本当にカレーコロッケだから。もちろん味は美味しい。だってカレーコロッケだから。もっと野菜を大きく切っておけばカレーの良さをもっと引き出せたかもしれない。

理想を言えば切った瞬間にドロっとカレーが溢れてくるようにしたかったが、やはり肉にカレーが染み込んでしまってできなかった。切った瞬間にカレーがドロっとでてくるハンバーグが作れればTwitterで2万リツイートくらいされそう。

02_050.jpg
グラタン in ハンバーグ

やはりグラタンにチーズが入ってるから相性が良いし、カレーよりも原型がしっかりと残っているので噛んだ瞬間の楽しみがある。これも改良次第では商品としてだせそう。

コンビニとかの新商品を開発する人って大変なんだろうな……と中身の違うハンバーグを何個も食べながら漠然と思った。

ハンバーグに肉を入れてみる

「美味いもの×美味いもの=美味いもの」という発想をさらに加速させて「肉×肉=最高に美味い」という発想に至った。今思えばだけどハンバーグを食べすぎて感覚がおかしくなっていたのかもしれない。

04_030.jpg
カツ in ハンバーグ

肉に肉を入れるという贅沢。「カロリーを食べている」というセリフが素直にでてきた。一見するとめちゃくちゃな料理に思えるかもしれないが、これがなかなにイケる。ただ生活習慣病まっしぐらだと思う。

04_040.jpg
角煮 in ハンバーグ

ハンバーガーよりも角煮が柔らかいし、噛んだときに甘いソースの味がじゅわっとでてきて美味い。普通のハンバーグだと思って食べたら良い肉を食べているような錯覚におちいること間違いなし。味は横浜中華街で食べられるような角煮まんを想像してもらうとわかりやすいかもしれない。

04_010.jpg
ベーコン in ハンバーグ

一回カリカリに焼いたベーコンをハンバーグにぶっこんでみた。食べたらわかると思うのだけどマクドナルドのベーコンエッグバーガーとまったく同じなのだ。カレー in ハンバーグでカレーコロッケの味がするのと同じ現象だ。

ただしベーコンとハンバーグを一緒に食べるのと違って、中に入れた方がよりマクドナルドの味がする。これはやってみないとわからないのでぜひやってみてほしい。

04_050.jpg
ツナ in ハンバーグ

肉に肉を入れても美味いのだが、魚肉でも美味いのではないかと思い缶詰のツナを入れてみた。中途半端にハンバーグの中で温められているからなのか生臭さがでてしまった。これは完全に失敗だった。唯一の失敗と言っても良い。

04_060.jpg
ハンバーグを一回焼いてからさらにハンバーグをいれる
04_070.jpg
ハンバーグ in ハンバーグ in ハンバーグ

もういっそハンバーグにハンバーグを入れればいいんじゃないかと思った。ハンバーグを焼いて、それをハンバーグで包んで焼いて、二重になったハンバーグを包んで焼いた。ハンバーグのミルフィーユだ。

噛むと肉汁が溢れでてくるので一口目は最高に美味いのだが、三口目以降は食べる気が失せる。なぜならただただでかいだけのハンバーグだからだ。


一週間以上ずっとハンバーグづけだったから途中から辛かった。辛いと思っていたのだが、この生活の途中で回転寿司に行ったとき、自然とハンバーグ寿司を食べていた。自分で自分が怖くなった。ハンバーグ病。

last.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓