特集 2019年4月2日

ノースリーブにスリーブで袖を作る

ノースリーブに袖を取り戻した。スリーブで。

カフェで暖かい飲み物を頼むと熱くないようにカップにつけてくれるアレ、一般的にスリーブと呼ばれている。スリーブとは「袖」という意味だ。

飲み物の熱を遮断してくれるのでずっと持っていても手が熱くならない。とてもありがたい存在である。ただカップ以上にスリーブがつけられるべきものがあるんじゃないのか。

本来スリーブがあるべきはずのもの。そう、ノースリーブだ。

※この記事は4月1日はテキストなしで公開されていました(テキストなしバージョンはこちら)。

1992年東京生まれ。普段は商品についてくるオマケとかを考えている会社員。好きな食べ物はちくわです。最近子どもが生まれたので「人間ってすごい」と本気で感じています。(動画インタビュー)

前の記事:小学生に人気のスクイーズってなに?メーカーに聞いてみたらしっかり成熟した文化だった

> 個人サイト 日和見びより

袖(スリーブ)を取り戻したノースリーブ

冒頭の写真がこの記事の全てだが改めて見てほしい。

スリーブ.gif
ノースリーブに袖(スリーブ)が生まれる様子をGIFでご覧ください
IMG_9115.JPG
手首にスタバのスリーブを使うことでおしゃれさも演出

ノースリーブを着ていると「袖が欲しい!」と思うこともあるだろう。しかし袖だけはなかなか売っていない。そういう時にあると便利だ。

しかもスリーブで出来ているので袖度はかなり高い。

IMG_9112.JPG
ひじの部分はあえて繋げないことで可動域を確保しているので実用的だ。
IMG_9114.JPG
もう袖にしか見えませんね

 

念のため作り方を説明します
 

これから暖かくなってくるとノースリーブを着る機会も増えるだろう。それに伴い袖需要の高まりも予想されるので一応作り方を説明しておく。

 

まずスリーブはカフェに通って集めても良いが、50枚入りで300円ちょっとで売っているのですぐに袖が欲しい!という時は買ってしまった方が早い。

IMG_9101.JPG
包材・事務用品なら何でもそろうシモジマで購入

作り方といっても基本的にはスリーブをつなげていくだけだ。

IMG_9102.JPG
こんな感じでつなげていく

しかしこれだけだと思った以上に腕先しか入らない。

IMG_9104.JPG
ここまでしか入らない。腕って意外と太いんだな。
IMG_9107.JPG
なので一度開いて別のスリーブを継ぎ足していく

腕の太さに合わせて継ぎ足す量を変えていく。一番根元はプラス1個分、上腕はプラス0.5個分、ひじ部分はプラス0.25個分のスリーブを継ぎ足した。

腕の長さ分のスリーブが用意できたらスリーブ同士を連結させていくのだが、色々やってみた結果ホッチキスでつなげるのが一番楽で袖としての快適さも一番だった。

IMG_9109.JPG
ガチガチに止めてしまうと装着した時に腕が全く動かせなくなるので、上下の2ヵ所を止めるくらいでちょうど良い。反対側は止めていない。
IMG_9111.JPG
これで完成。片袖で9個弱のスリーブを使用している。

試行錯誤していたので最初の袖は作るのに1時間半くらいかかってしまったが、もう片方の袖は20分くらいで作ることができた。これでいつでもノースリーブに袖を取り戻すことが出来るぞ!

 

スリーブで出来た袖なのでスリーブとして使える

 

この袖のいいところを一つ紹介しておこう。

最近はコンビニでもコーヒーやカフェオレが購入できる。基本的にはセルフで入れる方式が多いのでスリーブも自分で棚から取ってつけるのだが、取り忘れてしまうこともある。

IMG_9117.JPG
しばらく持っていて熱いことに気が付く。スリーブ忘れた!

そんな時に、この袖が活躍する。なんてったってこの袖はスリーブなのだ。

IMG_9118.JPG
ちょっと袖を伸ばせばこの通り!

袖がスリーブに早変わりである。というよりスリーブが袖に変わっているので本来の姿を取り戻したと言っていい。

でも袖もスリーブなので袖としてのスリーブがスリーブとしてのスリーブになったとも言える。

IMG_9119.JPG
あとコンビニのコーヒーもスタバっぽくなる。さかさまだけど。
 

つまりどういうことなのか

ノースリーブにスリーブで袖を作ったら袖がスリーブとしても使えるようになった。

 
袖=スリーブなので、言い換えるとノースリーブにスリーブでスリーブを作ったらスリーブがスリーブとしても使えるようになったということだ。
 
一体どういうことなんだろう。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓