特集 2020年9月26日

塩むすびはコーンフレークの残り牛乳と食べると最高

昔、知人が「コーンフレークの後に塩むすびを食べるのが至高」と話していたことがある。

馴染みがなさすぎてふざけているのかと思ったが、コーンフレークで甘くなった牛乳を飲んだあとに頬ばる塩むすびがたまらなくおいしく、学生時代、部活の前などによくやっていたらしい。

また別の知人はよくいく豚骨ラーメン屋さんにいくと必ずドクターペッパーを頼むと話す。具全てとマッチしているという。

餃子にビール、肉料理に赤ワインなど、料理とそれに合うお酒の組み合わせはよく聞くが、塩むすびとコーンフレーク牛乳、豚骨ラーメンとドクターペッパーのようにお酒じゃないものやジュースを料理に合わせるという人、ひょっとしたらもっといるのでは?

というわけで今回はジュースと料理の新しい組み合わせを探っていきたいと思う。

1993年東京都生まれ。与太郎という柴犬と生きている普通の会社員。お昼休み時間に事務員さんがDPZを見ているのを目にしてしまい、身元がバレないかハラハラしている。



料理と飲み物の相乗効果「マリアージュ」とは何か

実際に検証する前にマリアージュについて少し掘り下げたい。お酒と料理の相乗効果を意味する言葉だ。

そもそも食べ物と飲み物が「合う」とはどういうことか。

「料理とお酒の相性のキホン」として押さえておきたい考え方は、次の4つです。

1 同調/相乗効果/ハーモニー
2 第3の味が生まれるマリアージュ
3 料理がおいしくなる
4 お酒がおいしくなる

引用元:美味さ倍増!料理と酒の「最高の組み合わせ方」 | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

この4つの解説を要約すると、1は似たような味を合わせることでバランスを崩さずおいしさをお互い高め合うマリアージュということ。

2は味の系統が異なるのに合わさることでまったく新しいおいしさが出てくるマリアージュのことで、メロンと生ハムの組み合わせがそれにあたる。

3と4は言うまでもない。もちろんここでいうお酒は今回ジュースに置き換えられるものとする。

令和の「ニューノーマルなマリアージュ」を探る

今回はマリアージュがこのうちのどれにあたるか、またそのなかでもどれが最もマリアージュしているかを検証し、令和の「ニューノーマルなマリアージュ」を決めていきたい。

組み合わせについて、友人やネットから情報を集めた。以下7品を試していこう。

1.フライドチキン×乳酸菌飲料
2.歌舞伎揚×コーラ
3.納豆巻き×カルピス
4.お寿司×コーラ
5.お寿司×オレンジジュース
6.塩むすび×なっちゃんオレンジ
7.塩むすび×コーンフレーク牛乳

フライドチキン×乳酸菌飲料 元気を出したいあなたに

まずはじめに検証していくのはフライドチキンと乳酸菌飲料。
これは看護師をしているわたしの友人の推薦だ。

元々乳酸菌飲料が好きで、夜勤明けにジャンクなものが食べたくなり、コンビニでフライドチキンと乳酸菌飲料を購入し一緒に食したところ、塩っぱいフライドチキンと甘い乳酸菌飲料が絶妙に合うと感じたため。
 
ちなみに乳酸菌飲料は500mlのものをストローで飲みます。決して分けては飲みません。
 
どちらもカロリーが高いため、背徳感はありますがどうしても組み合わせずにはいられません。

しょっぱいものと甘いもののパターンだ。説明だけで納得させられてしまう。

ヒアリングしたところ、具体的にはファミチキとピルクルを合わせているとのことであったのでそれに倣って体験してみる。

02_chicken.jpg
おなかの調子を良好に保つ VS 胃もたれさせ大将こと揚げ物。背徳感を具象化しています。
マリアージュ度 :★★★★☆
マリアージュ区分:3(料理がおいしくなる)
・ジャンクなことをしているけどやめられない気持ち
・ピルクルのまろやかさがファミチキの油を包み込んでくれている
・新しい味が生まれるというわけではない
・あまじょっぱさがいい

これまで意識したことはなかったが、どうやら甘いものと揚げ物は合うらしい。

たしかにアメリカンなカフェに行くとパンケーキにフライドチキンをのせてメープルシロップを親の仇のように注ぐジャンクフードを見かける。寿命を縮めそうで食べたことはないが、フライドチキン×ピルクルがマリアージュするのならきっとこれも合うだろうし、背徳の化身みたいな味がすることは想像に難くない。

これを「知っている」体になってしまった以上、コメントにもある通り仕事で疲れたときやメンタルがやられているときは絶対に試してしまうと思う。最近元気がないという方におすすめのマリアージュです。 

歌舞伎揚げ×コーラ ほのかに感じる中毒性

つづいては「歌舞伎揚げ×コーラ」だ。

先日ニューノーマルなマリアージュと銘打って募集をしたところ、興味深い組み合わせを複数いただいた。(情報をご提供いただいた方々、ありがとうございました!)

この組み合わせを提唱しているチャーリー浜岡GPさんのコメントにはこうある。

 

子供の頃見た模型雑誌の製作記事で作者が紹介してたのを読んで以来、その組合せがベストマッチだと思ってます。

一般的なおせんべいをコーラに合わせた経験はたぶんない、もしくは印象に残っていないが、さきほどのフライドチキンピルクルと同じく揚げ物と甘いものであるし、さらに歌舞伎揚げは他のおせんべいに比べて甘いし、コーラの甘さにも合う気がする。色も似ているし。

03_cokekabuki.jpg
いざ、実食。歌舞伎揚げのパッケージの主張が激しい。
マリアージュ度 :★★★☆☆
マリアージュ区分:1(同調/相乗効果/ハーモニー)
・想像通り甘辛い歌舞伎揚げとコーラの甘さが合う
・新鮮さには欠ける
・歌舞伎揚げの油とコーラの甘味、炭酸がマリアージュしている

ケンタッキーとコーラが合うのと同じような理屈ではないか、と推察できる。

友人宅で検証したのだが、後日自分でも買って家でリピートしてしまった。ほのかな中毒性を感じる。

そもそも自分で歌舞伎揚げを買うこと自体ないため、久々のおいしさから評価基準がゆるくなっているという説もあるが、おいしいことは事実なので是非試してみてほしい。

身近で体感できるオーソドックスなマリアージュとしておすすめです。

納豆巻き×カルピス 菌のマリアージュ

こちらは死にたての鮮魚さんからの情報。

カルピスを溺愛した幼少期に1番やってた組み合わせです。

一番想像がつかない組み合わせである。

味が違いすぎるし、納豆はお茶以外合わせる人を見ことがない。ここ最近ようやく納豆を克服してきつつある筆者に緊張が走る。

04_CALPISnatto.jpg
納豆が一向に正面を向いてくれなかったので少しすねて見える。
マリアージュ度 :★★★☆☆
マリアージュ区分:1(同調/相乗効果/ハーモニー)
・お互いがお互いを邪魔しない
・「タイプ全然違うのになんかいつもつるんでるよなあいつら」の人たち
・口の中に残るねばねば感がいつもよりすっきりしている

カルピスには乳酸菌が含まれ、納豆も納豆菌がある。菌のマリアージュだ!

劇的に変化を遂げるわけではないが、静かにお互いを認め合い、共存している。自然界の優しさを感じるマリアージュである。

癒しが足りない、刺激には疲れているけど何か新しい風を吹かせたい、という方にぴったりのマリアージュです。

だんだんマリアージュ占いみたいになってきたぞ。

いったん広告です

お寿司×コーラ  ハレの日のハッピー飯

デイリーポータルのライターさんの中で特殊なマリアージュをしている方がいないか探していただいたところ、江ノ島さんがコーラ好きで、お寿司や他の料理にもなんでも合わせるとのこと。

そこで提唱者である江ノ島さん、編集の古賀さんにご協力いただきリモートで楽しみ方をご指南いただいた。

そもそも江ノ島さんはなぜお寿司とコーラを合わせようと思ったのかについて伺うと、「コーラはおいしい。お寿司もおいしい。だから合体したらうまいですよね」とのこと。うまいもの同士の足し算である。

05_zoom.jpg
江ノ島さん「お寿司を食べるのはハレのとき。いいものを食べて、大好きなコーラで最高の時間を過ごすシチュエーションに興奮したい」

聞くところによると、編集部でも寿司とコーラはありとの声があったという。

お寿司屋さんでコーラを頼んでいる人はよく見かけるし、くら寿司が数年前シャリコーラなるものを販売しているという実績もある。実はわりともうポピュラーなのだろうか。

06_sushicopke.jpg
コップに注ぐとウーロン茶に見えなくもないがまぎれもなくコーラである。

マリアージュ度 :★★★☆☆
マリアージュ区分:4(飲み物がおいしくなる)

・シャリの甘みとコーラが合う
・お寿司にコーラの甘さを教えてもらう
・生臭さが引き立つなどはない
・単純にコーラがうまい
・とにかくテンションが上がる
・足し算の幸せ(緑茶は引き算)

コーラってこんなにおいしかったっけ。3人ともテンションが高まっている。そして江ノ島さんのコーラを飲むスピードが尋常じゃない。zoomを繋いで5分も経たないうちに1.5Lボトルの2/3を飲み干している。液晶越しに伝わるコーラ愛。

そもそもお寿司にはガリがついている。味をリセットしてくれる重要な存在であるが、そのガリがありながら、なぜ今までお茶で引き算をしていたのか。もっと欲張ってよかったんだ、とコーラが気づかせてくれた。

また、コーラはその昔、薬として作られたという話がある。いろんな成分が入っており、複合的な味だから、そもそもいろんな料理に合うポテンシャルをもっているのではないか、という意見も挙がった。お肉のコーラ煮もそのひとつである。

気持ちの高ぶり方がハレの日のそれである。

コーラには祝祭性を高める機能があるのかもしれない。きっといいことがあった日や頑張った日のご褒美としてやってしまうだろうな、と思わされる。

お寿司×オレンジジュース 親戚の集まり味

身の回りで情報収集するうちに、「お寿司×オレンジジュース」という組み合わせを提案されたため、このまま江ノ島さん、古賀さんにお付き合いいただき、検証していく。

これを提案してくれた本人はとくにこの組み合わせが好きというわけではなく、法事・お通夜のときにある組み合わせとして挙げたとのことである。たしかにお通夜ではビールと日本酒と、子供達にはオレンジジュースがふるまわれた記憶がある。瓶のバヤリースだ。

そのため、本来はバヤリースで試す予定であったが、スーパーにバヤリースがなかなか見つからない問題が浮上した。

筆者はQoo、古賀さんはつぶつぶみかんで代用することにする。江ノ島さんはOKストアで購入できたとのことだった。バヤリース限定した流通経路についてはいずれ別途調べてみたいところである。

07_sushiorange.jpg

マリアージュ度 :★★☆☆☆
マリアージュ区分:該当なし

・江ノ島さん「親戚の集まりの味」
・お通夜を思い出してかなしくなる
・お寿司とオレンジジュースの味が独立して胃の中に入っていく
・残念ではない。まずくはない。
・かなしくて箸が進まない。心にくるものがある

マリアージュの区分に当てはまらない組み合わせが生まれてしまった。合う・合わないではなく、とにかく「なつかしい」「思い出に浸る感じ」という意見が挙がった。

「5.思い出からくるマリアージュ」という新しい区分の誕生だ。

「お通夜の味」と説明する前から「親戚の集まりの味」という声が出たため、この感覚は日本人であれば共通して持っているのかもしれない。

先程のコーラのときのテンションに比べてしんみりしている。感情の落差が激しい。結構食らってしまい、一旦コーラを挟んで気持ちを取り戻すほどであった。

塩むすび×オレンジジュース よわいもの同士の調和

同じくデイリーポータルに不思議なマリアージュをする人がいた。林編集長である。

よく塩むすびになっちゃんを合わせるとのこと。江ノ島さんのときと同じく、リモートでご指南いただく。

林編集長になぜかを聞くと、「なっちゃんはごはんに合う用。ごはんに合わせるために薄くしている」という陰謀論のような切り口で語ってくれた。

なんでも、なっちゃんでごはんを食べるのが前からわりと好きで、なんとなく合わせてみたらやたらと相性がよかったという。

なっちゃんに味があるため、塩むすびみたいに質素な方がちょうどいい。圧が強めのツナマヨが入ると「あ~、そういうのじゃなかったのに~…」という台無し感が出てしまう、とのことである。

08_zoom.jpg
林編集長「コーラとポテチは強いもの同士で合うように、塩むすびとなっちゃんは弱い者同士で合う」

聞いているうちに説得力があるように思えてくるが果たして本当なのか。

09_orangerice.jpg
並べると何かの配給のように思える。
マリアージュ度 :★★★★☆
マリアージュ区分:「1(同調/相乗効果/ハーモニー)」??
・なんの喧嘩もしない
・何を食べているかわかんなくなる
・なっちゃんのあとのお米はお米の味じゃない
・塩が引き立つ
・給料日前の限界ごはんとしてやりそう

後味の甘さから食事をしているのにおやつを食べているような感覚にも陥る。大人が一人で適当にご飯を済ませるときにやってしまいそうという声が出た。「唐揚げ食べるだけで疲れるときに」という意見に深く納得してしまう。疲れないごはんです。

原体験は遠足もしくは運動会かも、という林編集長に、先程と同じく、ここでも「思い出にからくるマリアージュ」の説が浮上する。やはり思い出と味は密接な関りがあるのか。

塩むすび×コーンフレーク牛乳 絶妙なバランスがくせになる

ここでついに満を辞しての塩むすびコーンフレーク牛乳である。全く想像がつかないが、例によってこのままお付き合いいただき、試してみる。

そもそもコーンフレーク牛乳という言葉は存在しないし、このマリアージュを発見した知人、なかなかの変態性があるように思える。

牛乳を甘くする必要があるのでコーンフレークに牛乳を注いでしばし待機する。この年になるとコーンフレーク自体を食べることがそもそもないのですこしわくわくする。

10_riceflakes.jpg
独立したファストフードが並んでいるようにしかみえない。
マリアージュ度 :★★★★★
マリアージュ区分:「2(第3の味が生まれるマリアージュ)」
・おはぎに近い食べ方
・なっちゃんよりも塩が引き立つ
・牛乳とお米が胃にやさしそうでいい。消化にいいものを食べてくださいの正解
・バランスが絶妙
・第一次タピオカブームを思い出す甘さ

塩が引き立つという点から、区分としては3(料理がおいしくなるマリアージュ)かと思ったが、食べ進めるうちに甘い牛乳とごはんがマリアージュして、何か違う食べ物のように思えてくる。

筆者はドイツ滞在歴があるが、現地スーパーでは日本のお米に近いものは「ミルク米」という名前で牛乳で甘く煮てフルーツをトッピングしたパッケージで並んでいる。

そもそもお米と甘いものはマッチしていて、塩キャラメルみたいに塩気を入れることで塩スイーツ状態になっているのでは、という結論に至った。

これはコーンフレークの甘さ、牛乳のまろやかさ、お米のほの甘さがバランスよく混ざり合うことで成立するまさに究極のマリアージュではないだろうか。最初こそ抵抗あるものの、試してみると納得させられてしまうおいしさである。

ニューノーマルなマリアージュは塩むすび×コーンフレーク牛乳

7種のマリアージュを試してきたが、それぞれに個性があり、味の交わり方も異なるため、一つの角度から評価することは難しい。

しかし、究極の形である「第3の味の生み出す」という点で、「塩むすび×コーンフレーク牛乳」を今回の優勝マリアージュとします!

日本ではまだまだお菓子以外でお米を甘く食べるという文化は馴染みがないが、これを機にニューノーマルなトレンドとして、是非とも試していただきたい。

11_cornflakes.jpg
試す際にはコーンフレークを事前に食べきっておくことをお勧めする。牛乳に甘さを奪われ、しなしなになったコーンフレークを雨の日の段ボールみたいでおいしくないから。

12_shiomusubi.jpg

塩むすび2種のあとに銭湯へ行き、サウナ・水風呂・外気浴を繰り返す「ととのう」ルーティンをしたところ、胃に詰め込まれた炭水化物が荒ぶり、バッドトリップのような変なととのい方をしてしまった。

食べなれていない組み合わせゆえ、食べすぎには注意してほしい。
まだまだ試してみたいマリアージュが残っているので、また試して共有できればと思う。

個人的には歌舞伎揚げ×コーラは日常的にやってしまいそう。みなさんも是非、お気に入りのマリアージュを探してみてほしい。おわり。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ