特集 2020年10月13日

エアー緩衝材を持って走れ

風を感じろ

宅配便の箱に入っていたエアー緩衝材を持って走ったら家で子どもと盛り上がった。これは家の中だけの、内輪だけの盛り上がりだったのだろうか。そんなことはないはずだ。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:土曜のお便り 〜よく分かってないバーテンダー


動機

2歳の子どもと家で過ごしていたら宅配便が届いた。中身は子どものオムツなのだが、開けてみたいと言うのでしぶしぶ開けるとまず目に飛び込んできたのがエアー緩衝材だった。

001.jpg
文庫本くらいのサイズのビニールに空気が入っていて、それがいくつも連なっているあれである。エアー緩衝材と言うらしい。

子どもがむずとつかんで走り出したので僕も追いかけて走った。一緒につかんで走ったり、僕が緩衝材をなびかせて子どもがそれを追いかけたりした。その時の子どもがもう普段とはギアが数段違うはしゃぎ方をしていて、それを引き出したエアー緩衝材のポテンシャルに感心してしまった。

だって最後はもう妻にテレビ電話をつなげて、エアー緩衝材を持ってゲラゲラ笑いながら走る自分を見せていた(子どもは興奮するとその場にいない人間にテレビ電話をつなげたがる)。

これが楽しかったので、広い場所であらためてやりたい。大人だけで。

河原に来た

002.jpg
エアー緩衝材を持って河原に来た。

編集部の安藤さん(上の写真左)と、古賀さん(上の写真を撮ってくれた)を呼んだ。「エアー緩衝材を持って走りたいので来てください」と言って呼んだ。きっと困ったと思う。

003.jpg
エアー緩衝材を持って走るのがいかに楽しいか説明しているところ。

そして楽しいだけじゃないのだ。エアー緩衝材に限らなくても、小さい子どもがいると家で異様に盛り上がる瞬間というものがある。それを、場所を変えて、更に盛り上がりの中心にいる子どももいない場所でやるとどうなるのかを見てみたいという気持ちがある。

そしてもう一つはシンプルに、近年突然現れた感のある「エアー緩衝材」というおもしろ物体のポテンシャルを見てみたいという目的もある。

そういう意図をうまく伝えられなかった気もするが、お二人とも「やろう!」と言ってくれたのでやろう。やろう!

今日やること
  • エアー緩衝材を持って走る
理由
  • 楽しいから
  • 家で起こった異様な盛り上がりを、場所と人を変えて再現したいから
  • エアー緩衝材ってなんかおもしろそうだから

エアー緩衝材を持って走る

004.jpg
特に準備することもないので、説明が終わったその勢いで走り出してみる。
005.jpg
連なった緩衝材がパタパタとはためく。

すごく軽いのに、しっかり風を受けるので腕に良い手応えがある。手に持ったものがはためいているのってすごく気持ちがいいのだ。

006.jpg
安藤さんにも走ってもらう。
007.jpg
008.jpg
遠くまで行ったな…
009.jpg
010.jpg
あ、笑ってる…!

「意外と抵抗あるねー」と言っていた。そう、それが楽しいのかもしれない。あとそもそも走るのって楽しいのでその喜びがある。走る楽しさに、緩衝材が加わってより風を感じられるようになったのだ。そう、これは「風」とか「大地」とかそういう話なのだ。

011.jpg
古賀さんにも走ってもらう。
012.jpg
013.jpg

追いかけるのは楽しいのかな、と思ってついていってみた。なんなんだこれは、という感想で頭がいっぱいになった。

台風が過ぎたばかりでものすごく重たい雲がうごめいているし、川は増水してごうごう流れていた。世界が終わる時、手元にエアー緩衝材しかなかったら最後の楽しみを求めて手に持って走るのかもしれない。そういう風景だった。

いったん広告です

楽しみ方、それぞれ

エアー緩衝材持って走り、その感触を覚えたら次は各々で楽しさを見出していく。

014.jpg
古賀さんはただ持って、風を受けるだけでも良いね、と言っていた。

少しの風でもフワーッと浮いて、うねうね深海魚みたいに動く。それで風の感触を楽しんだり、変わり続ける緩衝材の形を眺めていればいい。ロウソクの炎を見るような良さがあると思った。

015.jpg
手元からの視点。
016.jpg
二つ持ってもいい。
017.jpg
増水した多摩川とエアー緩衝材。

一方僕がやっていたのはエアー緩衝材を振って遊ぶ方法である。子どもが喜んだのでそれはもうぶんぶん振り回していた。

018.jpg
ブンッ
019.jpg
ジャッ!
020.jpg
021.jpg
グルグル回ってみてもいい
022.jpg
波打つようにユラユラさせるだけでもおもしろい
023.jpg
024.jpg
ジャッジャッジャッジャッ…
025.jpg
スゥ…
026.jpg
ジャジャッ!
027.jpg
ジャッ!
028.jpg
ジャッ!
029.jpg
ジャッ!
030.jpg
ジャジャッ!
031.jpg
032.jpg
ふぅ…

振り回して遊んでいたら隣で安藤さんが首に巻きつけて遊んでいた。暖かいらしい。それぞれ楽しんでいる。

家で振り回した時は周りで子どもがギャーギャーはしゃいでくれたのだけど、大人だけでやるのも楽しい。

エアー緩衝材、今までは空気を抜いてすぐ捨てていたけど、これは他にはない感触が楽しめるおもちゃになる。風の感触を楽しむおもちゃだ。

033.jpg
少年マンガにありそうな拳法の修行を想像してワクワクした。「このエアー緩衝材を決して地につけずに24時間過ごし、風を感じ続けるのじゃ。そうすれば奥義を教えよう。」
いったん広告です

110連エアー緩衝材

家で楽しかったエアー緩衝材、子どもがいなくてもちゃんと楽しかった。ここからは外でないとできない遊び方をしてみよう。

034.jpg
110個連なったエアー緩衝材を買った。

エアー緩衝材、買えるのだ。110個で2,700円。はちゃめちゃに長いエアー緩衝材にワクワクしながら買った。

035.jpg
出してみたらところどころ中で切れていたのでテープで貼る。
036.jpg
できたぞ…!
037.jpg
できたできた!
038.jpg
長い…!

さっき振り回して楽しかったやつの長いやつだ! 後でサイズを確認して計算したら全部で20メートルほどある。

そしてもう持った時点で分かるのだが、ものすごい風の力を受ける。大きな生き物が引っ張っているみたいな力だった。凧揚げをしていて、凧から受ける力が強くて怖くなる時があるが、それを思い出した。風の力。空の広さ。

039.jpg
風を受けて踏ん張ってしまうと緩衝材がちぎれるので、ある程度遊ばせておく。さっきまでとは違う規模でたなびくエアー緩衝材。

これで何をしようかというと、やはり走ろう。今日やることは風を受けて走り、それを楽しむことなのだ。

040.jpg
しかし20メートルは制御できない。
041.jpg
あと茂みに引っかかったりする。

みなさんがわさわさと補助をしてくれたがどこかでちぎれたり地面に引っかかったりして走れない。

042.jpg
仕方がないので二つに折って10メートルで走る。
043.jpg
044.jpg
045.jpg
046.jpg

必死に走った。さっきより技術と体力がいる。そしてスピードを緩めると緩衝材が地面について引っかかるので、走っているというより走らされている感じになった。ハードな遊びでもいい、という人は10メートルまでなら楽しめるだろう。もし20メートルを操って楽しめたら、その人は神様的な力を持っている。

047.jpg
安藤さんも長さに比例して楽しくなるわけじゃないんだね、と言っていた。

まとめです

というわけでエアー緩衝材、馴染みのない物体を存分に堪能した。家でのあの盛り上がりは、決して閉じられた世界での独特のもの、というわけではなかったのだ。あと安藤さんと古賀さんが優しかったから、という要素も大いにある。

とにかくよく分からない長いものがあったら、手に持って走っておいた方がいい。手に持って走って、風を感じておいた方がいい。その理由はというと、それはどうにか感じ取ってほしい。風と一緒だ。

今日やったこと
  • エアー緩衝材を持って走る
理由
  • 楽しいから
  • 家で起こった異様な盛り上がりを、場所と人を変えて再現したいから
  • エアー緩衝材ってなんかおもしろそうだから
どうだったか
  • 気持ちのいい手応えがあった
  • なびく様子がおもしろかった
  • 振った時の感触が良かった
  • 巻きつけると暖かかった
  • 長いのを持って走るのは大変
  • 長くて10メートルまで
048.jpg
最後にやっておこうか、という感じで20メートルを体に巻きつけて遊んだ。
049.jpg

 

050.jpg
きれいに巻けた。
051.jpg
052.jpg

053.jpg
このタイミングでテレビの方がきて「何してるんですか?」と聞かれた。そんなこと聞かれても困る。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ