特集 2023年4月3日

リハビリテーション科だけ長い

病院の診療科目のなかでも特に長い単語「リハビリテーション科」。
それをどうやって看板などに収めているかを、集めて調べてみました。

自由律俳句と路上観察をしています。大阪在住。私家版の自由律俳句集『麦わら帽子が似合わない』『ブルマ追いかけて八位』『待ち受け画像がちらし寿司』も販売しています。

前の記事:大阪に10枚しかないマンホール蓋を撮り集めて、レアな下水道グッズが当たった

> 個人サイト note

私事ですが、去年生まれて初めて足を剥離骨折をしました。
約1ヶ月ほど通院してたのですが、そのときふと気になったのが――

IMG_7246.JPG

リハビリテーション科だけ長い!
(この写真は通ってた病院のものではないです)

病院の診療科目のなかでも特別長いので、看板などでも寸詰まりになりがち。
上手く看板に収めようとすると、それなりに考えなければ入りきらなくなりそう。

各病院でどうやって看板に「リハビリテーション科」を配置してるのか気になったので――

reha-all.jpg

 足が完治後、約90ヶ所分を集めてみた!
そこから傾向やテクニックを探ってみます。

いったん広告です

1、最後に置く

IMG_1331.JPG

このように並べてある診療科目のことを標榜科名(ひょうぼうかめい)と呼ぶそうで、主に内科や外科が最初に来て、リハビリテーション科などは後の方に書くという決まりがあるそうです。

そういう理由もあって、順番では最後らへんに置かれることが多かったです。

IMG_8042.JPG

ここも最後に。
縦書きは珍しいですが、きっちり収まっているのでリハビリテーション科ありきで作られた看板のよう。

IMG_6445.JPG

ここは最後の1行がリハビリテーション科のみ。
かなりスペースを取っていますね。

IMG_8047.JPG

縦の看板に、内科とリハビリテーション科だけというレアな組み合わせも。
9割くらいリハビリテーション科で埋まっちゃってます。

IMG_6224b.jpg

そしてここは一見して普通に並んでいるように見えますが、半角の「リハビリテーション科」!
地味にスペースを切り詰めていました。

IMG_6451.JPG

一番好きだったのがここ。
明らかに後から足された感があって、完全に尺がギリギリ。
リハビリとテーション科の間の謎のズレにも、苦労が滲みでています。

いったん広告です

2、飛び出しちゃう

並べるとどうしても飛び出してしまうのがリハビリテーション科。

IMG_6433.JPG

例えば左揃えにすると、やっぱり飛び出す。 

IMG_4721.JPG

ここは「ョン科」が出ちゃってますし、 

IMG_8779.JPG

もっとだと「テーション科」が出てたり、 

IMG_8002.JPG

ここは内科とリハビリテーション科だけという、長短対決の結果「テーション科」飛び出し。 

IMG_1941.JPG

中央揃えにしても、丼からはみ出すデカ盛りの具みたいになってしまってました。

いったん広告です

3、揃ってる感じを出す

はみ出しているのとは逆に、パズルのように上手く文字を組むことで長く見せないテクニックも。

IMG_0293.JPG

例えばこういうの。
明らかにリハビリテーション科だけ字が小さいですが、前後が他と揃ってるので、一見して長く感じないようになってます。

っていうか、「リハビリテーンョン科」になっちゃってますね。

IMG_5858b.jpg

ここもキッチリ揃えてます。

面白いのは、「リハビリテーション科」が10文字なのに対して、「呼吸器科・放射線科」などが9文字なところ。

絶妙に文字幅がコントロールされてますね。

IMG_4316.JPG

ここはさらに上が8文字なのにピッタリ! 

IMG_4321b.jpg

ここは上手いことちょうど10文字ずつ。 

IMG_0661b.jpg

ここは上が7文字なのに、ピッタリに見える不思議。 

IMG_1748.JPG

他ではリハビリテーション科に合わせるべく、整形外科に大量の空白が詰め込まれていたり、 

IMG_2787b.jpg

 外科がものすごく引き延ばされてたり、

IMG_4332.JPG

ここは左揃えなのに、微妙に「リ」がはみ出ているような。 

IMG_9552.JPG

ラストはかなり美しく揃っていた、お気に入りの標榜科名。
「・」や「科」もピッタリで、最後の行がリハビリテーション科オンリーなのも大トリみたいでいいですね。

⏩ 次は奥の手、「略す」

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ