特集 2022年11月28日

Gメン’75のオープニングを再現する

往年の刑事ドラマ、Gメン’75。

シリアスな内容もさることながら、特にオープニングの映像がかっこいい。

だから真似することにする!

※記事の途中で不安な気持ちになる恐れがありますが、解説があるためどうかこらえて最後までお付き合いください。

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。

前の記事:藤岡弘、さんの暴力行為防止ポスターになりたい

> 個人サイト 日本海ぱんく通信

Gメン’75とは

Gメン’75は、1975年から1982年までTBS系列で毎週放送されたテレビドラマ。

警視庁から独立した特別潜入捜査班、通称Gメンに所属する7名の刑事たちがさまざまな事件を解決していくハードボイルドタッチの刑事ものである。

2021年からディアゴスティーニから分冊百科としてDVDがリリースされている。

今回、再現しようとしているオープニングとはGメンたちが滑走路を横一列にならんで歩く姿を、ひとりひとりのアップの映像を挟みながらみせていくものである。

実際のオープニング映像は、YouTubeで『Gメン75OP』で検索してごらんください。

助っ人を頼もう

Gメン’75のオープニングを再現するためには役者が必要である。

Gメンの本部長を演じる丹波哲郎は、私で再現できるが、残り6人のメンバーまでは私一人では力不足で再現できないからだ。

そこで一人で6人のメンバーを再現できる強力な助っ人を頼んだ。

2.jpg
佐渡汽船ターミナル

その助っ人が、私用で行っていた佐渡島から私の住む新潟本土へやってくるというので佐渡汽船のターミナルまで迎えに行った。

3.jpg
強力助っ人、宮城マリオさん

やってきたのはひとりで6人のGメンを演じ分けることのできるハードボイルド人間、プープーテレビでおなじみの宮城マリオさんである。

これで役者は揃った。

滑走路へ

あとはGメンたちの扮装をして、滑走路を歩けばいいだけである。

ではさっそく滑走路へ行こうと思ったが、残念ながら撮影の許可を得ることができなかった。

そこで滑走路同様に一本道がつづくサイクリングロードで代用できるのではないかと思いついた。

4.jpg
この道、なんと滑走路ではありません!

実際に行ってみると、ごらんのようにここは滑走路にしか見えず我ながら自分のアイデアに驚いた。

5.jpg
カメラをかまえる

あとはカメラにむかってそれぞれのGメンたちを演じながら歩くところを撮影すればOK。その映像を合成すればよい。

ここまで振り返ってみてもオープニング映像を再現することに対していい予感しかない。

撮影開始

いよいよ撮影である。オープニング映像を再現するために用意した衣装に着替えていく。

6.jpg
精神統一をする宮城さん

再現とはいえ、警視庁の特別潜入捜査班のメンバーを演じることへの緊張が伝わってくる。

7.jpg
役作りが完了し衣装に着替える宮城さん

準備が完了したところで、撮影を開始した。

8.jpg
ひとり目の衣装でカメラにむかって歩く
9.jpg
つづいて2人目の刑事を演じて歩く
10.jpg
3人目
11.jpg
4人目
12.jpg
5人目
13.jpg
6人目
14.jpg
最後に本部長を演じて歩く筆者

こうして無事に撮影が終了。

私と同年代以上の方たちは、昔懐かしのGメンたちの記憶がよみがえったのではないか?

33333.jpg
動画編集完了!

そして撮影した素材をもとにテロップや音楽を入れて動画を作成。

いよいよGメン’75のオープニング映像が完成したのである。

完成した映像のポイント紹介

それでは完成作品の内容を紹介していこう。

まずは横一列になって歩くGメンたち。

15.jpg
タイトルが表示される

つづいて本家同様にワイプで本部長の顔がアップになる。

16.jpg
本部長Gメン
17.gif

2人目のGメンのアップ。

19.jpg
棋士Gメン

浴衣姿で置物の将棋の駒を持ち歩く棋士に扮して捜査するGメン。

場合によっては、浪花恋しぐれを歌う岡千秋に扮することもある。

20.gif

そして3人目のGメンのアップ。

22.jpg
岡っ引きGメン

現代にタイムスリップした岡っ引きGメン。

普段は屋台のラーメン屋に扮しているため御用提灯ではなくラーメン提灯を持っている。

23.gif

そして4人目のGメンのアップ。

24.jpg
金ピカGメン

普段は予備校の講師に扮して捜査する金ピカGメン。

「ゴージャスにいきましょーや」が口癖。

25.gif

そして5人目のGメンのアップ。

26.jpg
アイドルGメン

紅一点の女性Gメン。

いざというときのために帽子の中にけん玉を隠している。

27.gif

そして6人目のGメンのアップ。

28.jpg
元ヤンGメン

若手刑事の元ヤンGメン。

渡辺徹がこの役を演じたのをきっかけに榊原郁恵と結婚したのは有名。

29.gif

最後6人目のGメンのアップ。

30.jpg
おやじGメン

おやじに扮して捜査するおやじGメン。

第四話で犯人におやじと罵られたのをきっかけにしてGメンを去る。

31.gif

まるで本物のGメン’75のオープニングをみているようだ。

音声付きの動画ごらんください

それでは以上をふまえて完成作品をごらんください。

※音が出ます 


編集注)かなり説明がいる内容だったので割り込みます

林:あれ?今回の記事って打ち合わせの段階では「宮城さんとハードオフ巡り」じゃなかったでしたっけ?

岡村:実は、いろいろありまして。打ち合わせのときにハードオフは店内の撮影OKって確認したじゃないですか?

林:はいはい。

岡村:そのうえで宮城さんにハードオフ巡りをしましょうと伝えたら取材の許可を取ってくれとのことで。

林:現場で言っても大丈夫そうですが

岡村:撮影までに時間もないし、林さんにも確認済みですと再三伝えたんですが、「ハードオフに面が割れてるのでそうもいかない」の一点張りで。

林:強いこだわりがあると。

岡村:困っていたら「広報の人と知り合いだから自分で許可をとろうか?」と言ってくれまして。

林:はじめからそう言えばいいのに。

岡村:で、当日宮城さんに会ったら「広報の人の名刺をなくして許可が取れなかった」と打ち明けられまして…。

林:ひどい。

19.jpg
名刺をなくした宮城さん

岡村:「名刺は無くしましたがその広報の人、すごい美人なんですよ~」と言ってました。

林:余計な情報ですねえ。

岡村:で、急遽できることを考えて、家中の衣装をかき集めてGメン’75のOPを再現するという記事になりました。

林:………そうだったんですね。ところで、なんで動画の途中で宮城さんが大きくなったりしてるんですか?

岡村:ただ合成した写真の映像では読者のみなさんに申し訳なかろうと思って出したサービス精神をこじらせてしまいました。先に動画を編集しちゃったのでカットもできず。

林:引くに引けなくなった、と…。

岡村:おかげでぶっとんだ人のようになってしまいました。

林:動画をみて少し不安な気持ちになってたんで、事情がわかってよかったです。

岡村:もともとはチェーン店を扱ったり、ゲストがでると受ける記事になるという法則を聞いて、チェーン店としてハードオフ、ゲストとして宮城さんを思いついたんですが受ける記事とは真逆の結果となりました。

林:結果にはそれぞれ、それなりの理由があるもんだよなあ。


Gメン’75のOPは再現できたが…

今回、Gメン’75のOPを再現してみて、合成を使うのであれば別にサイクリングロードに行かなくても、はじめから滑走路の画像を使えばよかったがわかった。

また、合成するのであれば宮城さんと会わなくても、写真だけ送ってもらえばよかったこともわかった。

というかそもそも宮城さんじゃなくてもよかったこともわかった。

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ