短い記事 2021年8月3日

般若を自転車につけるとかっこいい

夏がやってきました

うちに般若の面がふたつある。

ひとつは買ったもの、ひとつは父が作ったものだ。
ふたつあるから前後につけることもできる。

いや、人じゃなくて自転車の前後につけたらかっこいいんじゃないかな。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:ノンアルコールビール沼に引きずり込む

> 個人サイト webやぎの目

001.jpg
これがふたつの般若。左がAmazonで買ったもの、右が父作。
002.jpg
いきなり仕上がった
003.jpg
後ろにも顔

ビニール紐できゅっと縛っただけのだが、とてもかっこいい自転車になった。いや、自転車はこの姿が正解で、面がついていないのが間違いだ。そう思う。

004.gif
通り過ぎる般若バイク

般若の面がついた自転車が来たなと思って振り返ると後ろにも面がある。面の造形だけではなく、前後につけるコンセプトもいけてる。
車にもヘッドライトとテールランプがついているので理論上もおかしくはない。

006.jpg
自転車置き場に置いたときもこの存在感

常々子ども用シートの迫力にたじろいでいたのだが、それに負けてない。妻はこれを見て「隣の自転車の人が戻ってきたら、横にやべえ自転車止まっちゃったな」って思うだろうと話していた。

005.gif
帰り道

この自転車で駅にでかけてカルディで買い物したので、帰りは「般若-カルディの紙袋ー般若」という組み合わせになった。

般若自転車が早くもソフィスティケイテッドされた。

007.jpg
後ろの般若を顔につけてみた

般若が般若の自転車に乗っているのだ。

アンパンマンも自分のあたまの形の車に乗っていた。なるほど、アンパンマンはこんな気分か。なかなか自尊心が満たされて心地よい。

そして顔につけている面は父が作った作品である。父の形見を活用しているので母も喜ぶかと思い、写真をメールしたところ「通報されるかもね」との返事があった。


こうして近所の名物おじさんが誕生する

008.jpg
チリンチリン

 

当然、次のステップは般若の目を光らせることである。その次はスマートスピーカーにしてぱくぱく喋らせることだ。

この夏は忙しくなりそうだ。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ