短い記事 2022年1月7日

安いカップそばは天ぷらの次にポテチを入れたら満足

人間の三大欲求といえば、食欲・性欲・睡眠欲と言われている。これをあえて四大欲求に拡張するならば「カップそばサクサク欲」が加わるはずだ。

安いカップそばには小さな天ぷらが入っている。入っていてくれるだけでありがたい話ではあるのだが、この小さな天ぷらでは我々の肥大化する「カップそばサクサク欲」を満たすことは難しい。

そこで登場するのがポテチである。

北海道在住の大学生。演劇サークルに所属していますが、やったことがあるのは音響担当・舞台装置担当・当日宣伝担当で、一度も演技をしたことがありません。好物はパステルのなめらかプリン。

前の記事:どこでも夜の東横イン&ゲーミング東横イン


酔っぱらったらそばと共にポテチも買ってください

飲み会のあと、酔っぱらいながらコンビニで買うものランキング上位に食い込むカップそば。このままでも充分に食欲は満たせる。

酔っぱらいが買うものの上位じゃないでしょうか

これにポテチを加えることで、食欲に加え「カップそばサクサク欲」も満たすことが可能になるのだ。

これでサクサク欲が満たせます

普段どおりそばを食すとすると、

お湯を注いでぼちぼち食べていく
小さな天ぷらはものすごい速度でつゆを吸い込みてろんてろんになってしまう
食べてしまうのが先か、つゆの中に溶けてしまうのが先か…

サクサク欲を満たす前に天ぷらが消え去ってしまうのだ。山崎まさよしのOne more time, One more chanceが脳内に流れてくる。

向かいのホームや路地裏の窓に天ぷらの面影を探す前、ぜひ試してほしいのがポテチだ。

チップスターが好みなので、これをひとまず
つゆの中へ
天ぷらの代わりに、だしとともにサクッといただけます
いったん広告です

成形型のポテチであるチップスターをつゆに沈めると、すぐに溶けてバラバラになり収拾がつかなくなりそうなものだが、意外と大丈夫なのだ。想像以上につゆをまといながらサクッとしてくれる。無限に「カップそばサクサク欲」が満たされるのだ。

もちろん成形型ではないポテチもサクサクしてくれる。こちらはつゆの染み込みが早いのに注意だが、じゃがいものうまみが際立つ。
3枚重ねで食べると、ポテチ間の空間につゆが入ってサクじゅわです

このポテチそば、過去に富士そばで過去に期間限定メニューとして提供されていたようだが、「カップそばサクサク欲」のためなら普段からこの食べ方はアリだと思っている。サクサク欲が暴れだす前に、さあ、つゆにポテチを……!

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ