特集 2022年1月6日

どこでも夜の東横イン&ゲーミング東横イン

薄暗い夜の街に、ぼんやり浮かぶ青い光。

夜の東横インの看板はきれいだ。青く優しく光る「東横イン」の文字に、なんだか癒される。

小さな東横インの看板を作って、自分の部屋でも出先でも、どこでも青い光に癒されたい。

北海道在住の大学生。演劇サークルに所属していますが、やったことがあるのは音響担当・舞台装置担当・当日宣伝担当で、一度も演技をしたことがありません。好物はパステルのなめらかプリン。

前の記事:明けてもないのにあけおめLINEがきたら人はどういう反応をするか


東横インの青い光に癒されたい

東横インの看板は夜になると青い光を放つ。「東横イン」の文字部分だけがぼんやりと青く浮き上がり、なんとも美しい。

すすきの駅前の東横イン。深い青がきれい。
北大前の東横イン。ビル街の中に埋もれている立地だが、文字はしっかり浮かんでいてきれい。

この青い光、めちゃくちゃきれいでいつも見惚れてしまう。無機質なビル街に突如現れるささやかなイルミネーションである。

ところでみなさん、東京五輪の野球はご覧になっただろうか。会場の横浜スタジアム内の広告は権利の関係ですべてマスキングされて見えないようになっていた。そんな中、強打者の大飛球でカメラは横からのアングルに。一塁側の向こうに見えるのはビル街のなかにぼんやり浮かぶ「東横イン」の文字。なんというか、その力強さになんだか勇気づけられた。

これは昼の画像ですが、こんな感じでぼんやり「東横イン」の文字が浮かんでました

この癒される、かつ力強い光を作って、ぜひとも「どこでも夜の東横イン」としたいのだ。

「どこでも夜の東横イン」をつくる

というわけで、青く光る「東横イン」看板の模型をつくっていく。

ぼんやりきれいに青く「東横イン」の文字を光らせるにはどうすべきかひと通り検討してみたが、今回は行燈のような形でつくることにした。

こんなイメージで、白いプラ板で作った箱の中に青い光源を仕込んでぼんやり光らせようと思います

行燈の周りを囲うプラ板は文字部分だけを切り抜いて、「東横イン」の形に光を透過させるのだ。まずはこの切り抜き作業をしていく。

行燈のサイズで東横インの文字を印刷。これだけでもテンション上がる。
カーボン紙を使ってプラ板に文字を転写。思ったよりも明朝体の横画が細い……。
デザインカッターで「東横イン」の文字をひたすら切り抜いていく。丸一日かかった。
作業の終盤、細い部分が折れて破損したらこの企画をやめて温泉にでも行こうかと思いましたが、僕はいま無事この記事を書いています。
白色の薄いプラ板そのものを光源の前に置くと光が透けてしまうので、ラッカーで塗装。黒い塗料を複数回塗り、その上から白い塗料を吹き付けることで光をブロックできるようになりました。

プラ板の加工は繊細でたいへん骨が折れる作業であった。大学院での研究の息抜きにと思って作業を始めたが、ここまでの作業であれよあれよと3日ほど費やしている。東横インをつくりながら息抜きに研究を進めるという、主従が逆転した格好になっている。あれれ、冷や汗冷や汗。

行燈の骨組みには100均の小物入れを利用。「東横イン」の文字が重なる部分は影が出ないようにプラスチックを切り抜きました。
光源は電池式のLEDテープライトを使うこととした。電球を使って回路を組んでもいいと思ったが、持ち運びの際の安全性を考えて既製品に。
贅沢に全長3m分のLEDを発泡スチロールレンガに巻き付ける。すげえまぶしい!目が痛い!
そのままでは白色光なので、光に青色を加える。簡単に青色のセロハンを巻いてみたが、それなりにいい光源になった。

骨組みにプラ板を貼り付け、光源を仕込む。これで「どこでも夜の東横イン」の完成だ!

まだ光らせてないのでピンときませんね でも看板っぽい!

部屋に夜の東横インが生まれた

それではお待ちかね。部屋を暗くして光らせてみよう。

うおお!東横インだ!

自分の部屋に東横インが現れた。本家に匹敵する青い光のぼんやり感。たまらない!

こんなのずっと眺めていられるじゃないですか。

どこでも夜の東横イン!ここに爆誕!!

夜の東横インを手で持ち上げることも
東横インの光を肴に酒を飲むことも
東横インの光で読書をすることだってできる
いったん広告です

イルミネーションに紛れてみる

お手軽に、東横インを部屋へ召喚することはできた。

今度は、簡単に持ち運べる「どこでも夜の東横イン」の利点を活かしていきたいところだ。ちょうどイルミネーションが開催されていたので東横インを持って紛れてみようと思う。

大事そうに東横インを抱える図。見たことない絵面すぎて僕も困惑しています。

まずはそのままイルミネーションの前に立ってみる。

馴染んでいるようでもあり、馴染んでいないようでもある

色的にはぴったりではあるが、なんというか不条理な光景である。きれいではある。でも不条理としか言いようがない。すれ違う人々がほとんど半笑いだ。僕は歩くきれいな不条理なのだ。

東横インを持って立つと宣伝の人みたいになるのも違和感の一因かもしれない。カラオケ館の近くにこう言う人いますよね。

東横インとイルミネーションだけで写真を撮ってみた。それはどうだろう。

きれいだな……
でも変だな……
きれいっすね……
でもやっぱり変ですね……

東横インの青い光はイルミネーションに大変マッチしている。でも見ている光景が合成写真にしか見えない。違和感のせいでちょっと脳が沸騰しそうになってきたので、この辺でイルミネーションからは失礼しようと思います。

遠目に見るとめちゃくちゃ馴染みますが
やっぱり場違いでした、すいません

せっかくなので、家に帰る前にひとつ挨拶をしておこう。それは……

先輩の東横インさんです 
不束者ですがなにとぞよろしくお願いします

感動の親子共演を果たしたところで本当に帰ります。興奮冷めやらぬまま。

デリバリー東横イン、めちゃめちゃ楽しい。ぬいぐるみを持って写真を撮る「ぬい撮り」のようなブームの気配がする。

いったん広告です

せっかくなら七色に光らせよう

ここまでやってはっと気づいた。光源の色を青に固定する必要はないのではないかと。

東横インはもっと自由でいいはずだ。せっかくならば虹色に光らせてゲーミング東横インにしよう。

RGBを表現できるLEDを追加発注しました
さきほどと同様に発泡スチロールブロックに巻き付け光源とする

さて、東横インはどのように輝くだろう……スイッチオン!

ゲーミング東横インだ!!!

なにこれ見たことない(当たり前だ)!!!
確変状態の東横インみたいになった。たぶん空室が65536室あると思う。無双状態の東横インだ。

これはRGB点滅する東横イン

いろんな色に光る東横イン。2021年の大晦日にこの記事を書いているのだが、これが2021年最も興奮したものと言っても過言ではない。紅白のテーマも「カラフル」だし、こういうのもあっていいと思う。

カラーLEDの方が青の発色がいい気がします

東横インのぼんやりした光で癒されようと思って模型を作ってみたが、癒されるどころか一周まわって興奮してしまった。いけないいけない。

こんどは本当に東横インに泊まって疲れを癒そうと思います。

29.gif
もう一度ゲーミング東横インをご覧いただきながらお別れです

次は「どこでも夜の臨海セミナー」だろうか

やはり青い光は癒される。イルミネーションに青いLEDが多く使われているのには納得がいく。青く光る看板といえば、うーん。次は臨海セミナーだろうか。

夜の森の中で「臨海セミナー」の文字がぼんやり光っているとか。いや、おもしろ怖い。8:2で怖いが勝つのでやめておきます。

本物の東横インの前で写真を撮ってみたが、もう何がなんだか
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ