特集 2021年9月16日

"映え"おやつ写真を撮る方法

SNSにアップするおやつの写真は印象よく見えるよう撮りたい。俗っぽく言うと、映えたい。そんな夢をそこそこ叶える方法がある。

必要なものは「タブレット」と「いい感じの画像」そしておやつ。それだけ。
豪華なセットを用意したり、高いカメラを買ったり、むずかしいことをする必要はない。

愛知県出身、東京都在住のデザイナー。イラストを描き、写真撮影をして日々を過ごす。
最近は演劇の勉強に熱中。大きなエビフライが好き。

前の記事:浸し食べなら ムーンライトソフトケーキだ

> 個人サイト 梅ログ

かんたん「映え」の方法

b1.jpg
おやつと、タブレットと、いい感じの画像。今回背景画像にはフリー素材を使用した。

やることは単純。いい感じの画像を全画面表示したタブレットに、よく見せたい物(おやつ)を置く。その状態をスマホで撮影する。

b2.jpg
タブレット画面が明るすぎると逆光になってしまう。見栄えに影響するため、撮影前に調節しておく。

そうして撮影した画像に、画像加工アプリを使ってトリミングやフィルターといった加工を適宜施すだけ。

b3.jpg
加工後の画像。レンガの背景がオシャレ〜。

b4.jpg

タブレットの画面サイズに収まる大きさのおやつの撮影にちょうどいい。配置場所や構図を調整すれば、少し高さがある物も撮ることができる。

撮影を楽しむ

 この撮影方法の最もよいところは、背景画像を変えることで、さまざまな雰囲気の写真が撮れることである。 

b5.jpg
用意する画像によっておやつの印象が変わる。
b6.jpg
意味がありそうなシチュエーションを演出してもいい。
b7.jpg
理由がなくてもレモングミを宇宙に飛ばしてもいい。
b8_2.jpg
おしゃれなテーブルも、画像さえあれば作り出せる。
ただしタブレットを汚したり、壊れたりする原因となる物は乗せないように気をつける必要はある。
b9.jpg
手軽に宣伝ポップ風の画像も作れる。
ペイントアプリケーションを使用して、絵と文字を描いた。画像合成の必要がない。

部屋が散らかっていても、机が汚れていても問題ない。生活感を気にすることなく、オススメのおやつをどんどん発信しよう。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ