特集 2021年3月23日

カラオケ館の壁面にいる楽しそうな外国人たちになる

カラオケ館の店舗をたくさん見て、最後に上の写真のようになる記事です。

カラオケ館の外壁には、楽しそうな外国人たちがいる。

彼らのただただ楽しそうな雰囲気に当てられて、自分もカラオケ館の壁の人たちのようになった。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:土曜のお便り 〜トリケラトプス焼け


カラオケ館の外壁には、楽しそうな外国人たちがいる。

001.jpg
これだ。カラオケ館 秋葉原店。

一つのマイクに寄り添って歌っている。店名より大きな面積を使ってバーンと貼ってある。楽しそうだ。

002.jpg
楽しそうだな。

これが異質に見えるのは、たくさんの人の目に止まる場所に、店名でもなくプランでも料金でもなく『なんだか楽しそうなイメージ』だけが貼ってあるからだろう。カラオケ館のことなんていいから、この楽しそうなやつらを見てくれよと言うのだ。カラオケ館が。そう、確かに楽しそうだ。

003.jpg
そしてそれがでかいのだ。こちらはカラオケ館 赤坂店。

ビルのタイルを頼りに大きさを計算したら横15メートル、縦11メートルあった。ナイアガラの滝の幅も15メートルほどらしい。つまりすごく大きいのだ。

004.jpg
同じ方法で、マイクを握っている人の顔の全頭高(頭頂部から顎先まで)を計算したら4メートルほどもあった。

スタイルが良さそうなので8頭身として身長を計算すると32メートルになる。初代ウルトラマンが40メートルなので、それより少し小さいぐらいだ。つまりものすごくでかいということだ。

初代ウルトラマンほどの大きな外国人たちが寄り添って楽しそうにしている。そんなことをビルの壁面を使って伝えられたことがなんだかおもしろく感じてきて、他の店舗もGoogleストリートビューで調べてみた。

ストリートビューで見て回る

カラオケ館の全店舗をストリートビューで見て、25店舗で楽しそうな外国人たちが確認できた。カラオケ館のホームページを確認するといるのにストリートビューが撮影された時点ではいなかったり、その逆もあり得るので、正確な情報ではないことをご了承ください。

とにかくどんどん見ていこう。無闇にポジティブででかいので、きっと楽しい気分になってくるはずだ。

東京、三鷹北口駅前店。ストリートビューでこんなに寄って見られるのは珍しかった。

東京の瑞江駅前店。二人組だ。

京成千葉中央店。ヒューヒュー!

福岡春日店!

東京、千葉、福岡で同じ大きな写真が見られるのだ。全国ツアーという感じがする。

東京、西八王子店。ヒューヒュー!

片方だけというパターンもある。東京の練馬店。一人でも楽しそうだ。

福岡の小倉本店。画角にぎゅうぎゅうになっている楽しそうな人たち。

千葉の津田沼店にもこの人たちがいた。

福岡、博多駅前店。

東京、武蔵村山店。めちゃくちゃ目が合う。

これも楽しそうだ。茨城の水戸元吉田店。

25店舗の中でも特にバーンと貼り出されている例を選んだ。どうだろうか。店先の貴重なスペースを使って『なんか楽しそうなイメージ』だけを大きく伝えてくる、この豪快さと朗らかさである。とても良い。

そこまで大きくはないけど、隙間を縫って入れてくるパターンもある。熊本の下通り本店。

東京、西武新宿駅前店。

005.jpg
もちろん店内にもいる。
006.jpg
パーティールームの壁にもあるらしい。

なりたいと思った

余計な情報を剥ぎ取った『楽しそうな雰囲気』だけの存在。しかもでかい。僕もそれになりたいと思った。だって、ただただ楽しい雰囲気だけがそこにはあるのだ。

頭の中で「楽しい」と唱えてみてほしい。その時にどんなイメージが浮かんだだろうか。雲の上で昼寝をするあなただろうか。ターザンロープにまたがるあなただろうか。そのイメージの候補の中に『カラオケ館の壁の人たち』はいるのだ。だからそれになりたいと思うのは自然なことだ。

034.jpg
007.jpg
自分をモデルにして写真を撮り、
007a.jpg
カラオケ館の壁みたいになるように編集して配置し、
008.jpg
A3用紙に分けて大きくプリントして、自宅の壁に貼った。
009.jpg
ちゃんと楽しそうだ。そしてでかい。
004.jpg
特に大きかったカラオケ館 赤坂店を目指しました。
011.jpg
等身大より大きい歌う自分。
012.jpg
家に貼れるギリギリまで大きくした。
013.jpg
この人が特に楽しそうで気に入っています。
014.jpg
この人も良い。
015.jpg
壁からすごい圧力を感じた。圧力というか、もうはっきりと熱を感じた。なんかこの壁の周りが暑かった。

楽しそうだ。本当に、ただただ無闇に楽しそうなでかい自分がいる。良い壁ができたので、これで半日過ごしてみた。

ずっと慣れなかった

016.jpg
とにかく落ち着かないので、
017.jpg
歌ってみることにする。

後ろが気になって集中できない。やかましいのだ。もちろん音は出ていない。音は出ていないがすごくうるさい。揚げずに唐揚げを作るレシピがあるように、空気を震わさないやかましさもあるのだ。それが分かった。

018.jpg
見ながら歌うと、一緒に歌ってるみたいで楽しかった。
019.jpg
いつまでも壁に構っているわけにもいかないので、予定していたことをやる。

デイリーポータルZでマンガのコーナーをやらせてもらっているので、そのアイデア出しをする。

020.jpeg
毛が逆立ったゴリラ描いてた。マンガには活かされなかった。

なかなか集中できない。この壁の部屋はパーティーしかできないのかもしれない。この人たちより盛り上がってるぞという確信を持てて初めて、壁からのプレッシャーが消えるのだ。

別の場所で作業したり部屋をうろうろするうちに昼になったので、昼ごはんを食べた。

021.jpg
カップラーメン食べた。
000.jpg
023.jpg
気になるな…!

結局夕方まで気になり続けて、そっと片付けていつもの部屋に戻した。

やはり気になるのだ。ただただ理由なく楽しそう、という人たちのことがどうも気になって見てしまうのだ。羨ましいのだろうか。そうかもしれない。

024.jpg
おどけてみたら少し気持ちが落ち着いた。

カラオケ館の室内の壁もやかましい

何か見つかるかなと室内の方へ行ったら、こちらの壁もやかましかった。

DSCN6137.jpg
これです。
DSCN6140.jpg
歌うとこうなる。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ