特集 2019年11月14日

パラパラは肩こりに効果があるか

腕をひたすら動かすダンス、パラパラ。

最近、友人と「パラパラ懐かしい」「振り付け覚えてる?」といいながら思い出し踊りをした。

30分ほど熱中したあと気がついた。体が軽くなっているのだ。主に肩のだるさが全快している。

パラパラは腕と手がメインのダンスだ。あれ…もしかして肩こりにすごく効果があるのでは? 検証しました。

 

1990年沖縄生まれ。現在はOLとして活動しています。営業日のお昼休みに毎日更新する「今日の休憩」というブログを運営しています。 (動画インタビュー

前の記事:漢字ができた時の会議を想像してみる

> 個人サイト 今日の休憩

 パラパラの踊りを思い出そう

パラパラはわかるがダンスを思い出せない人もいるのではないでしょうか。

パラパラとは、上半身がメイン、下半身は左右移動だけ……という日本発祥のふしぎな踊りである。

IMG_0368.JPG
足は左右に移動するだけ(2ステップ)。手と腕でパターン化された動きを繰り返す。
名称未設定アートワーク 70.jpg
手先が重要で、決めポーズのときはバシっと決めるのもパラパラの特徴だ。思い出せない人は動画をご覧ください。

パターンが決まっているので覚えやすく、初心者にもやさしい。さらに腕と手を大きく使う。

これは肩こりの体操としててきめんなのではないか。

踊る前の「肩こり度」を判定する

しっかり効果を判定してもらおうと、デイリーポータルZのライターでもある指圧師・斎藤充博さんに来てもらった。

まずはパラパラを踊る前の「肩こり度」をみてもらう。

DSC00088.jpg
指圧師モードの斎藤さん。ちなみに私は肩こりがひどく、マッサージにもよく行く方だ。肩を揉まれている時の姿勢がすでに悪である。
DSC00111.jpg
編集部の藤原浩一さんにも参加してもらった。肩こりの自覚はあまりないが
DSC00106.jpg
左肩がゴリゴリの四十肩だそう。腕が横から真上にあがらない。
DSC00126.jpg
「右はあがるんですか?」との問いにあげてみたら、謎の姿勢になり本人が笑ってしまった。長崎の平和祈念像のようだ。

「肩こり度」を食べログっぽく数値化してもらったところ

よざ:3.4 

藤原さん:3.5

ぐらいだという。この数値が下がったら成功ということだ。2点台に到達できるだろうか。

DSC00152.jpg
計測が終わったら「パラパラ」を把握するために動画をみていきます。もう全員違う動きをしていて怖い。
DSC00155.jpg
「え?こんなに早かったっけ?」「これ難しい」と早くも暗雲が立ち込める。

3回流しで踊ってみる 

振り付けをフルマスターするのはむずかしそうだが、大事なのはパラパラの動きを一定時間行うことである。

とりあえず動画をみながら、3回流してみることにした。

DSC00189.jpg
まずはパラパラの決めポーズから開始する。早くも経験の差がでた。
DSC00226.jpg
途中、斎藤さんが魔術師のようになったりした。服もあいまって威厳がましている。
01.gif
そうして3回分の「NIGHT OF FIRE」をこなした。

1回目の効果測定

5〜10分ほど踊っただろうか。だいぶ体もポカポカしてきた。

ここで斎藤先生に「肩こり度」を再測定してもらう。

DSC00240.jpg
「あ!よくなってますね」と斎藤さん。自分で提案したものの「え、本当ですか?」と思わず驚いてしまった。たしかにさっきより少し軽い。
DSC00256.jpg
藤原さんもよくなっているという。パラパラによって我々の体は確実によくなっているのだ。パラパラすごい。パラパラえらい。

「肩こり度」としては

よざ:3.4 → 3.2 (0.2pt改善)

藤原さん:3.5 → 3.3(0.2pt改善)

となかなか良い改善がみられた。これ本当の食べログの数字だと大変な差である。

「もっと肩こりに効く」振り付けにするには

3回踊っただけで、パラパラは肩こりにいいとわかった。

しかし、斎藤さん曰く「肩こりにいい動きと関係ない動きが混ざっている」という。

礼.2019-11-13 16_45_57.gif
どれも悪くはないが、手をなるべく高くあげる動作がよいとのこと。

ならば、いい動きだけ抽出し、オリジナルの振り付けも加えたら最強の「肩こり解消パラパラ」ができるのではないか。

オリジナルの振り付けを考えてみることになった。

DSC00292.jpg
「首をもっと動かしたい」とのことで既存の振り付けに首をかしげるポーズを入れる。
DSC00296.jpg
「ちょっとここは手があがらない」と藤原さん。パラパラに無理は禁物である。
DSC00311.jpg
合わせてみて「効いてる効いてる」となったら
DSC00277.jpg
すぐ振り付けとしてメモしていく。デビューしたてで自らダンスを考えるアイドルグループのようだ。

「肩こりに効くパラパラ」を踊ろう

一旦振り付けができたので、それを元に踊ってみることにした。

02.gif
まずはパラパラらしい決めポーズからである。胸をひらき、肩甲骨を意識して動かしていきます。
03.gif
次は腕を閉じて開く振り付けだ。これは本家「NIGHT OF FIRE」にもある。たしかによく見たらラジオ体操ばりの運動である。
06.gif
こちらは本家のふりつけに首の動きをプラスした。腕の上げ下げに加え、首がかなり伸びるのがわかる。

このようにサビ前まではサクサク振り付けて踊れた。「もう少し首の動きが欲しい」斎藤さんが言う。

DSC00361.jpg
ここはダンスに緩急をつけるべく「あえて首だけ動かすといいのでは」と言う話になった。今思うと素人が「あえて」とか言うなという気持ちである。
DSC00386.jpg
斎藤さんは寝ているし、藤原さんは焦点があやふやである。
08.gif
サビを動画でみるとこう。パラパラを上半身の踊りと定義するなら、これが究極体だろう。「ナーイトオーブファイヤー!!」という激しい大サビを聴きながら、それでも焦らずに首をゆっくり動かす。

オリジナル振り付けの効果測定

 オリジナル振り付けでも3回おどった。結構汗もかいた。首のあたりがぽかぽかしている。

さてここで最後の効果測定である。

DSC00399.jpg
「あっさっきよりさらにいいですね」「最初と比べたら全然いい」すごい。本当に立証してしまった。
DSC00411.jpg
「あれ藤原さんは…そんなに変わりないですね…」本人は肩こりを感じることがないのでわからないという。ただ体の巡りはよくなった気がするそうだ。

最終の「肩こり度は」

よざ:3.4 → 3.2 → 3.1(0.3pt改善)

藤原さん:3.5 → 3.3 → 3.3(0.2pt改善) 

となった。どちらも食べログでいえば店の売り上げに影響がでるぐらい数字に変化がみられた。

斎藤さんに、肩こり解消としてみるパラパラの良いところをあげてもらった。

・肩甲骨の可動が必要なくらいに大きく腕を振る動きでよい

・腕を振る方向が様々な方向にあるのがよい(ただし網羅していない方向もある)

・上記の動きに力強さは必要なくあくまでも「簡単な動き」である

・スピードもそこまで速くない

・ケガの心配がない

・高齢者の健康体操には持ってこいなのでは

踊りなので基本たのしいし、足の動きが一定なので未経験者でも割とすぐ形になる。

肩こりがひどい方は、一度パラパラを試してみるのはどうでしょうか。


 

肩こりにはパラパラ、肩こりには運動

肩こりがひどいといい続け、ひっさびさに肩を動かす運動をしたがこれでもかというぐらい楽になった。マッサージに払うお金も減るかもしれない。

パラパラを3回踊るだけで、同じぐらいの軽さになって驚いた。パラパラ最強、運動最強。血流を意識して生きていくべきだなと改めて思った。

 

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓