特集 2020年6月4日

沖縄のファーストフードでは手巻き寿司感覚でバーガーが作れるセットが販売されていた

こんな感じです

新型コロナウィルスで一気に飲食店のテイクアウトが増えたが、沖縄のファーストフード店A&Wでは手巻き寿司感覚でハンバーガーが作れるセットが販売されていた。

新潟出身。沖縄に来てそろそろ15年くらい経つのに泳げないため全然沖縄を満喫できていない気がする。最近の悩みは高血圧。

前の記事:焼け落ちた首里城で漆喰をはがす


010.jpg
国際通り。ほとんどの店が臨時休業し、人も全然いない。
009.jpg
各酒造所から販売された高濃度の泡盛

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令で、色々なものが変わってしまった。沖縄でも普段は観光客でごった返す国際通りにはほとんど人が居なくなったし、軒並み飲食店はテイクアウトを始めたり、店頭から消えてしまった消毒液の代わりに県内の酒造所から高濃度の泡盛が発売されたりした。現在、徐々に日常が戻りつつあるがなんだか夢でも見ているような不思議な1ヶ月弱だった。

さて、全国的にテイクアウトが広がる中で、大手の回転寿司チェーンが軒並み「手巻き寿司セット」を販売していたのは印象的だった。確かに家族も自宅に居るだろうし、普通にお寿司のテイクアウトよりも盛り上がりそうだ。こういうアイディアはすごくよいと思う。

011.jpg

そしてこちらは沖縄が誇るファーストフード店、A&W。アメリカ、インドネシアにも店舗があるらしいが、日本では現在沖縄県にしかない(日本本土の米軍基地内にはあるらしい)。「飲む湿布薬」として有名なルートビアが飲み放題なことでも有名であり、だいたい沖縄に来たものはイニシエーションとしてこのルートビアの洗礼を受けることになる。

001.jpg

そんなA&Wからはなんと手巻き寿司ならぬ、自宅でハンバーガーを作れるセットが販売されていた。

お家で作るミニバーガーセット

002.jpg

お家で作るミニバーガーセットがものすごく気になったので非常事態宣言が解除されたタイミングで自宅近くのA&Wに。もうすでにレジ前のメニューには載っていなかったのだが、恐る恐る注文してみると普通に購入できた。

003.jpg

これが「お家で作るミニバーガーセット」800円である。結構ちゃんとした箱に入っている。

004.jpg

中身は何が入っているかといえば、通常のハンバーガーより小さいミニバーガーが4つとソースが入っている。

005.jpg

ソースは4種類。左から「メルティソース」、「サラダソース」「モッツァソース」、そしてケチャップだ。「メルティ」と「モッツァ」はそれぞれソースの名を冠した商品が存在しており、そのバーガーのソース、サラダソースはサンドイッチなどに使われているものらしい。

ケチャップ以外は基本的にマヨネーズベースだと思うのだが、一般的なマヨネーズよりもかなり酸味が強い。沖縄では米軍統治時代の影響で「EGGOマヨネーズ」という瓶詰めのマヨネーズが愛用されているのだが、その味に近いと思う。メルティはマヨネーズにピクルスのみじん切りが入った感じ、モッツァはそこにさらにケチャップを混ぜたような味だった。

006.jpg

ハンバーガーの方はバンズにパティがはさまれただけのシンプルなもの。

007.jpg

勢いだけで勇んで購入したのだが、事務所に何も食材が無かった。野菜やチーズなどは別売りなのでそのあたりもセットであればもっと良かったのに…。

008.jpg

仕方ないのでソースを混ぜてみたりしたのだが、これはこれで楽しい。手巻き寿司ならぬ、手作りバーガー、他の大手ハンバーガーチェーンでも是非出して欲しいものである。もう新型コロナウィルスは落ち着いた感があるけれど。


すでに販売は終わっていた

というわけで沖縄よりA&Wで発売されていた「お家で作るミニバーガーセット」の紹介だったが、いかがだっただろうか。実は記事を書くにあたって、もう一度購入しようとしたのだが、残念ながらすでに販売は終わってしまったようだ。こういうみんなで何かを作るセットは盛り上がると思うので是非通常時でも販売して欲しい(今回は一人だったので盛り上がりに欠けたけど)。ハンバーガーだけじゃなく、タコライスとか沖縄そばとか。きっと楽しいぞ。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ