短い記事 2021年12月6日

自損事故で修理代が30万円かかった話

幸いケガはありませんでした。

2021年の地味ハロウィン用に、「自動車教習所で見せられるビデオの人」というのをTwitterに投稿した。

この手のビデオは運転中にハメを外し過ぎた登場人物たちが事故に遭うというお決まりのストーリーだが、本当に人は事故の瞬間、こんな顔になるのか?

たまたまこの投稿の半月後、実際に事故を起こしてしまったので、人は事故の瞬間どういう顔になったのかを報告いたします。

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。

前の記事:ゴールデン☆ベストが出したい

> 個人サイト 日本海ぱんく通信

事故までの状況

その日は朝から大雨。記事用の撮影と画像の加工などが済み、夜になった。

2.jpg
事故直後の画像

執筆その他は後日にしようと、その日は店じまいにして、夕飯を買いにスーパーへ行った。

お寿司を買って食べようと思ったが、値引きされていなかったのと、カレーが食べたくなったので、お寿司をやめてドライブスルーがあるカレーハウスに向かうことにしたのである。

自損事故はこうして起こった

はじめてやってきたドライブスルーのあるカレーハウス。

備え付けのマイクに向かって注文をすると「屋根付きの駐車場でお待ちください」と案内を受けた。

 

3.jpg
テイクアウトのカレーをカーポート内で待つ

できあがりを待つまでの間に雨があがった。

4.jpg
雨があがり、カーポートの存在を忘れてしまった

車載のテレビで野球中継をなんとなく観ながら「早く帰ってゆっくりしたい」と考えてボーッとしていたように思う。

5.jpg
店員さんが駐車場まで運んできてくれるタイプのドライブスルー

一般的なドライブスルーは、自動車に乗ったまま順路をたどっていくと渡し口という店舗の窓部分で支払いや受取を済ませることが多いのだが、ここの場合は駐車場まで店員さんがわざわざ出てきてくれるタイプであり、これなら自分が店内まで出向けばよかったなと申し訳ない気持ちになった。

6.jpg
早く帰ってカレーを食べることを考えていた

受け取ったカレーのいい香りが車内にたちこめ、早く食べたいという、急ぐ気持ちもありながら、車を発進させた次の瞬間…

7.jpg
運転席側のガラスがメリメリと音を立てて割れた

カーポートの柱に車をぶつけてしまった。

2~3分放心したあと、FacebookとInstagramに写真を投稿。イイネやコメントがついたので

「どうやら夢ではなさそうだな」

と思いながら警察に電話したのである。

8.jpg
警察を待ちながらカレーが冷めるなあとも思っていた

たまたま事故現場の道路を挟んだ向かいに派出所があり、お巡りさんが「110番したのアンタ?」と、徒歩でやってきたので驚いたり、まあそりゃそうかと思ったり。

事故直後の顔はどうなるか?

さて、「自動車教習所で見せられるビデオの人」によく出てくるあの顔に私はなったのか?

それでは、実際にはどんな顔になったかを報告します。

改めて、まずは教習ビデオにありがちな事故の瞬間の顔がコチラ。

9.jpg
教習ビデオでありがちな事故の瞬間の顔

つづいて実際の事故の瞬間の顔。

10.jpg
事故の瞬間の顔(再現)

表情としては無。完全な無表情。

頭の中は、保険のことと、カレーのことを考えている。

ということで、あの手のビデオの制作関係者のみなさま、自損事故のビデオを作られる際にはぜひこちらを参考にしてください。

11.jpg
ちなみに車も大事にはいたらず絶賛修理中。修理代30万円。ドヒャーッ!

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ