特集 2022年11月16日

奥多摩のラスボス、和名倉山に登った

雲の上に見える和名倉山。隣の雲取山の尾根から撮影した。

東京の西に奥多摩という山域があり、個人的に好きなのでずいぶん歩いてきた。メジャーな山はだいたい登ったのだけど、それでもまだ登れていない山があった。

和名倉山(白石山)。

アクセスが悪く、どこから登っても山頂は遠く、道も奥多摩にしては荒れている。

あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。

1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。(動画インタビュー)

前の記事:サルミアッキと愉快な仲間たち(デジタルリマスター)

> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

奥多摩はけっこう歩いてきたつもりなんだけど

僕は出不精なので遠くの山(例えば北アルプスなど)に行くのが億劫で、登山をはじめて以来17年、奥多摩ばかり行ってきました。下の地図の赤い線が登山で歩いたことがあるルートで、青は沢登りで行ったルート。奥多摩、奥秩父、高尾山周辺について描きました。

まだ個人的未踏の山はあるし、ピークには登っていても支尾根を歩いていないルートがたくさん残っています。沢や谷を入れたら未踏のエリアだらけなので、まだまだ奥多摩には行かねばなりません。

※ピーク…山頂のこと。
※支尾根…メジャーな登山道としての尾根から外れた細かい尾根のこと。大きめの支尾根は物好きが歩くので、登山道で無くても歩いた跡(踏み跡)があり、けっこう歩ける。

和名倉山にまだ登ってない

それでも奥多摩周辺で有名な山にはだいたい登ったのですが、ずっと登ろうと思いつつも登っていないピークが残っていました。それが和名倉山(別名は白石山)。

雲海の上にちょこっと出ていた和名倉山の山頂。

和名倉山(国土地理院の地形図では白石山)は、東京都の最高峰である雲取山の北西8km、秩父湖に流れこむ大洞川の谷を越えた先に存在します。

日本200名山で標高は2063m。雲取山より50mほど高く、それでいて東京側の山からは見えにくく、奥秩父のメジャーなルートから外れているため訪れる登山者は多くありません。

どこから登ってどこに降りるか?

和名倉山に登るルートは何パターンかあります。一般的なのは、山梨側(和名倉山の南側)の三ノ瀬から登るルートです。途中に将監小屋という山小屋があり登山道も大部分が整備された一般登山道です。

上の地図の赤い線の下端にある三ノ瀬から登りはじめて、途中の将監小屋で一泊(テント泊か小屋泊)し、和名倉山に登って来た道を引き返して三ノ瀬に下山するピストンルートになります。マイカーで来て早朝にスタートして日帰りする人もいます。

ただし、三ノ瀬へのアクセスはマイカーがないと厳しいため、車を持っていないし運転も嫌いな僕には適していません。(一応、バスでいけないこともないが歩行距離が結構長い)

※ピストンルート…上りと下りで同じルートを歩く場合、ピストンとかピストンルートと言います。往復のことです。

秩父湖から登ることにした

もう一つメジャーなのが、埼玉側の秩父湖から登るルート。こちらは電車とバスでアクセスすることが出来ます。

ただし一般ルートとして整備された登山道は無く、いわゆるバリエーションルート(破線ルート)となります。このルートは特に道迷いが多く、何人もの登山者が行方不明になったり、遭難して何日も山中を彷徨ったりしています。

熊も多く生息しているそうで、1日に2回熊に出会ったという山行記録を読んだことがあります。ヤベェじゃん。

※一般ルート…多くの人が比較的安全に歩ける登山道のこと。ある程度整備されている。
※バリエーションルート…登山道としては地図に乗っていないルート。昭文社の山と高原地図に破線として載っていることがあるので破線ルートとも呼ばれる。が、全く地図に載っていないバリエーションルートの方が多い。秩父湖から登るルートは破線ルートとして載っている。

ツキノワグマの剥製。こんなの山で会いたくないですね…。

で、今回は秩父湖スタートのルートを選ぶことにしました。理由は、険しそうで楽しいかなと思ったから。森の熊さんはちょっと気になるけど…。

秩父湖から和名倉山に登って、南に進んで奥秩父主脈縦走路に乗り、南東に下る天平尾根で下山することにしました。なだらかなので歩きやすそう。

僕はピストンルートが嫌いなので縦走をしたいと思います。天平尾根は歩いたことがなく、ちょうど紅葉もキレイそうなので是非歩きたい。

※奥秩父主脈縦走路…山梨の瑞牆山辺りから奥多摩駅まで伸びる登山ルート。75kmくらいある。
※縦走…同じ道を引き返したりせず、ひたすら尾根を歩いてピークを踏破していくスタイル。

今回のコースにした理由

  1. 秩父湖スタートだと電車とバスで行きやすい
  2. なんか楽しそう
  3. ピストンルートより縦走が好き
  4. 秩父湖ゴールだと難路が下りになるので避けたい。登山は登りより下りが危険
  5. 帰りに秩父湖に降りると、混んでいてバスに乗れないことがあるらしい
  6. 天平尾根を歩きたい

地図の上の方の緑のピンがスタート。下の方にある親川バス停がゴールとなります。距離は35kmくらい。これを一泊二日で歩くことにしました。

2日目の16時までにゴールに着かないと、ちょうどいいバスに乗れないので頑張って歩かなくてはいけません。

三峰神社行きのバスがハード

スタートは西武秩父駅。金曜日の早朝、始発電車で江戸川区を出発して朝8時過ぎに着きました。西武秩父駅から三峰神社行きのバスで乗り、秩父湖で降ります。

8時半くらい、まだバスの列は短い。

ここでちょっとした勘違いに気づきました。休日の時刻表を見ていたために8時半発だと思っていたバスが9時10分発でした。Oh…。20分程度待てばいいと思っていたのが1時間待ちになりました。

更に、平日だしそんなに混まないだろうと思っていたら驚いた。列がどんどん伸びて、発車10分前には駅の改札近くまで伸びてしまいました。マジか。

え、この人達みんな1台のバスに乗るの?バス会社の人の会話によると80人くらいいたらしい。

僕は前の方に並んでいたので座れましたが、当然ほとんどの乗客は座れず、都内の満員電車並みに詰め込まれていました。立っている乗客は押し合いへし合い。肘が当たって痛い!謝ってください!(肘打ちをやり返して)どうです?痛いでしょ!なんて地獄絵図が…。

どうも、バスの終点にある三峰神社がパワースポットとして大人気で、ほとんどの乗客は神社に向かうようです。パワースポットに着く前にパワーなくなりそうですけど。

※三峰神社…パワースポットとして有名らしく参拝客が多い。以前はロープウェイでもアクセス出来たが2007年に廃止となり、現在はバスかマイカーでのアクセスとなる。登山者にとっては雲取山の埼玉側登山口だが、バスがとにかく混むのでこちらから登る人は多くない。東京側の鴨沢から登る人が多い。

1時間後、下車

1時間ほど乗ってようやく秩父湖のバス停に着きました。ここから先は自由乗降区間なので、本来はもうちょっとバスに乗れるんですが、超満員のバスで自由乗降区間は無理ゲーです。運転手さんに声を掛けられない。秩父湖バス停で降りました。

登山口の少し手前だけど、秩父湖のバス停で降りました。この次のバス停はもう終点です。

三峰神社に行くバスを見送り、しばしダム観光。走り去ったバスは曲がりくねった狭い道をあと30分走ります。

1961年に完成した二瀬(ふたせ)ダム。重力式コンクリートダムでダム湖の名前が秩父湖。秩父宮妃の命名だそうな。60年前にこれを作った日本人ってすごい。
いったん広告です

登山が始まる

ダムを見ながら30分歩いて埼玉大学の秩父山寮に着きました。本当は自由乗降でここまで乗るのが楽です。

合宿所みたいなもんですかね。

建物の左脇から登山口となる吊り橋へ行けます。落石とか路肩注意という看板が立っていました。

観光の延長で入ってくる人もいるっぽいので警告は必要でしょうね。

観光で来るには危ないけど、登山で歩くには普通の道を歩いて5分ほどで吊り橋。

けっこう長くて、思ったより揺れる吊り橋。
水は少なめなんですかね。下を歩いて渡れそう。

橋を渡って左に曲がり、3分程度歩いたら尾根への登り口がありました。ここから急斜面を登っていきます。

重力がすごくて、後ろに引っ張られる。

テント泊用の装備や食料、補給できるか微妙だったために3.5リットル持ってきた水など15kgの荷物を背負っています。

横を見たらこんな角度でした。

自作のGPSアプリで斜度を見ると急斜面過ぎて笑いました。しかもまだまだ序盤だし。ここで一気に標高800m(高尾山2回分)を登ります。

※高尾山…東京都民憩いの山。とてもたくさんの人が登る。登山口から山頂までの標高差が400mある。

写真 2022-10-28 11 27 01.png
全然進んでないし、斜度すごいし。

紅葉を楽しみながらジリジリ登っていきます。

はいきれー!

平らな道に出ました。 

人為的な平地みたいです。

全体の進捗からすると、ここ。

ガーッと登ってきて急に平らになる場所です。その後またガーッと登るんだけど。

時間はもう昼過ぎ。スタートが遅れたこともあり、予定よりだいぶ遅くなりました。日没まで4時間半しかありません。

人工的な道と昭和の名残

この平坦地には昭和のゴミがたくさん落ちていました。余裕があれば回収するんですが、まだまだ行程の序盤。荷物を増やすことは出来ませんでした。

昭和の人たちはゴミを埋めれば自然に帰ると思っていたらしく、山には多くの瓶や缶が埋められています。100万年くらいしたら朽ちるかも知れません。

しばらくはこの平坦な道を歩いていきます。楽だけど、標高が上がらないと山頂に近づかないんですよね…。

整備されすぎてて逆に怖くなる。

楽ちんすぎるなと思っていたら、大崩壊地があり道が寸断されていました。写真で見ても分からないと思いますが、けっこうな斜面で下は崖。 斜面を歩くとガラガラ崩れていく。

※大崩落地…台風や大雪で登山道が崩壊することがよくある。一般ルートなら復旧されることが多いが、バリエーションルートでは崩壊したままのことが多い。

正面の倒木の隙間を抜けるんですが、斜面は急だしザックは引っかかるし、ここを突破するのはかなり大変でした。

やはり破線ルート、侮れない…と思っているとレールが。どうも、昭和の林業で使われていたトロッコ道だったようです。

かつての大開発時代の名残。

ワイヤーなども多く残されていました。 

昭和の倫理観では、こういうの全部残していっちゃうのがアリだったんですね。

地図に営林署跡と書かれている場所には、もっと豪快にレールや車輪が残されていました。マニアにはたまらん場所かも知れません。

なんらかの部品。
車輪とレール。
なんらかの機械。ワイヤーを巻き上げるのかな。わからん。

これらが自然と一体化しつつ朽ちていく風景も、ちょっと悪くない。ラピュタ感があります。 

紅葉と朽ちた鉄。

まだまだ着かない、ただ頑張る

時間が押しているので進むと、ようやくまた山登りになりました。

北の方から、山の斜面をぐるっと回り込んできて、これから谷を登っていく。

谷への入り口には、これでもかっていうくらい目印のピンクテープが巻かれていました。これはちょっと過剰な気もしますが、こうでもしないと遭難者が出てしまうんですかね。

※ピンクテープ…登山道の目印として木に巻かれていることが多いので、これを探しながら歩くと道から外れずに済むことが多いが、たまに罠がある。

破線ルートっぽさが薄れすぎてつまらなくなってしまう気もする。

ここからまた急登で、標高差700mを登っていきます。高尾山2回弱くらい。秩父湖から和名倉山の山頂までで4高尾山弱になります。

顔を正面に向けるとこんな感じ。地面が壁。

時刻は14時半。日没まで2時間半くらい。

うちの猫の写真を見ながらがんばった。

標高1500mくらいからは雪が出てきました。登ったのは10/28ですが、10月の奥多摩で雪の上を歩いたのは初めて。 

※奥多摩で雪…通常、奥多摩で雪が積もりやすいのは太平洋南岸低気圧が雪を降らせる2月~3月くらい。10月でこれだけ雪があるのは珍しい。

おお、まさかこの時期の奥多摩で雪の上を歩けるとは。

しかし、登っても登っても着かない。秩父湖からの標高差1500mを一気登るのはやはり厳しいですね。

疲れたー!!の顔。

 標高1800mくらいから上は普通に雪山になりました。降った直後だったらラッセルだったかも。

※ラッセル…雪を掻き分けて登ること。膝下くらいの積雪でもけっこう疲れる。

先行する足跡は鹿。この日は人間と会わなかった。

人間と会わないといえば、ここは熊の巣窟。単独で周りに誰もいない状況で熊に遭いたくないので、鼻笛で適当な曲を吹いていました。 

鼻笛。鼻息を口の中で共鳴させることで、3オクターブの音を出せる笛。鼻歌で歌える曲ならだいたい即興で吹ける。UV硬化式の3Dプリンターで作ってます。

時刻は16時過ぎ。普段の登山ならとっくに下山してる時間ですが、今日はまだ超山奥にいます。おそらく半径5kmくらいに人間はいない。 

だいぶお腹へったのでポテチを食べながら歩く。スナック菓子を山で食べると罪悪感が無くていい。

日は傾き、雪は深くなり、山頂まであとちょっと。

いよいよ雪は深くなり、秋の奥多摩とは思えない感じに。

急登が終わり、山頂へ行く分岐に着きました。この辺は南向きの斜面で日当たりが良いので雪が少なめ。

山頂まで距離で600mくらい。往復30分。

和名倉山に登頂

カラマツの藪を抜けて全身カラマツの落ち葉(細かい松葉)だらけになったりしつつ、ようやくラスボス和名倉山に着きました。

※カラマツ…松の仲間の落葉針葉樹。秋に短く細い松葉が黄色くなって落ちる。ちょうど落葉の季節で、ザックや服の隙間にメチャクチャ入り込んだ。

ここを抜けると全身がカラマツの葉だらけになります。

はい、ここが山頂。地味オブ地味。地味名山のチャンピオンかも知れません。準優勝は大菩薩嶺。

地味でも、ようやくラスボスに登ることが出来ました。嬉しい。

※大菩薩嶺…日本百名山なんだけど、山頂は眺望がなくとても地味。近くの大菩薩峠は景色がいい。

けっこう嬉しかったんですよ。ホント。

山頂を往復して戻ってきたらもう17時すぎ。少し進んでみたんですが、歩いたことがないコースを闇の中で歩くのは危険と判断して戻りました。

可能なら将監小屋まで、無理なら少しでも近づきたいと思ったんですが全然無理でした。3時間足らなかった。力及ばず、途中での宿泊となりました。

平らな場所があったので、ここをキャンプ地とします。

雪の上だけど、平らなので大丈夫。

テントを設営して一安心。いや、熊だらけの山中なので安心していいのか分からないけど。

暗闇が怖い人には無理かもしれない。街は見えないし、本当に真っ暗。

夕ご飯は肉と飯

テントさえ張ってしまえばあとはご飯を食べて寝るだけ。まずは炊飯。いつもは一泊のテント泊なら炊いてあるご飯を持ってきていたんだけど、今回は炊くことにしました。

米は無洗米。水加減は米から指の第1関節分。

標高2000mくらいあるので、蓋を手で抑えて圧力を掛けます。

※手で抑えて圧力…標高が高いため気圧が低く、水の沸点が低くなるのでご飯を美味しく炊けない。そのため圧力を掛けて沸点を上げる必要がある。 

簡易の圧力鍋ですな。

炊けた。 

まぁまぁ美味しく炊けました。

次は肉と野菜を焼いていきます。

牛肉、野菜、上ミノ(いただきもの)。

ありがとう、米と牛。

肉は適当に切り分けてジップロックに入れて冷凍しておきました。野菜も適当に切ってジップロック。朝、凍った肉と野菜を保冷バッグに入れて持ってきました。凍った肉が保冷剤。

ちょっと量が多かったので翌朝に持ち越し。

寝具はモンベルの寝袋#4。雪山ではシュラフカバーを使うのですが今回は持っておらず、そこそこ寒くて夜中に何度か起きました。

※モンベルの#4…現在は欠番の寝袋。薄めで一般的にはスリーシーズン用なので冬は使わない。しかし僕は真冬でも#4でテント泊をしている。シュラフカバーを掛けて防寒着を全部着れば-20℃までなら寝られる。

夜は暗くて寒い。体力がある場合、寒くて体温が下がってくると自動的に体が震えて起きる。
いったん広告です

2日目が始まる

朝食は残しておいたご飯でお茶漬けと、残った肉と野菜。

夕食が18時くらいだったのでお腹減ってまして。

本当は5時に出発しようと思ってたんですが、あまりに暗かったので30分ほど遅らせました。暗いしガスってるし、イヤだなー、怖いなーって。

※ガスってる…霧が出ていること。山での霧とは雲のこと。下界から見ると雲の中にいるってことです。

5時半に撤収して出発。

早朝は野生動物の時間なので、笛を吹いたり、犬の吠え真似をしながら歩きます。幸い熊には遭わず、鹿を見かけた程度で済みました。

※…動物は人間が怖いので音を出して存在を教えれば逃げていきます。

薄暗い山奥を1人で歩くのも、良い。

東の空が明るくなってきました。やっと夜明け。

太陽は雲に隠れて見えないけど、夜が明けて明るくなり視界が広がった。

和名倉山から先は一般ルートになるので、これまでの道より歩きやすいはず。

目印は多めです。道もわかりやすくなった。

歩いているとワイヤーが散乱している場所がありました。こんな山奥まで仕事で入ってたんですね。昭和の開発熱は本当にすごかったんだなぁ。そりゃ高度成長するわ。

ここ、奥多摩の最深部ですからね?こんなに人工物が残ってるとは。

一般ルートと言っても、時々急斜面だったり崖沿いの道だったりして気を抜けません。 

崖のすぐ横を登っていく。右に落ちたら死。もちろん明るければ落ちないけど、暗かったりして視界が悪いと危険。

日は昇ったけど雲は厚く、気温は低く苔には霜が降りていました。山はもう冬でした。 

寒そうでしょう?寒いです。

進んでいくと笹原。笹に付いた露が靴やズボンを濡らしてきます。

1900mくらいに雲の境界があるようで、ちょうどここは雲のすぐ下くらい。

東仙波というピークに着きました。山頂にはひっそりと三角点と標識が。せめてここまで1日目で来たかったところですが、キャンプ地から1時間50分掛かってるので全然無理でしたね。歩いてたら19時着でした。 

この辺のピークはだいたいみんな控えめで目立たない。

南に進むほどに天気が良くなってきましたが、道は相変わらず笹に覆われ、僅かに線として見える程度。

右に見える細い線が登山道。

時々笹が濃くなってよく分からなくなります。一般ルートといっても侮れません。 

笹が腰くらいの高さになってきた。

下の写真、どこが道か分かりますか。 

薄っすら道が見えなくもない。

こんな感じです。

一般登山道とは。 

急に開けて、歩きやすい!と思って下っていったら間違いだった箇所もありました。開けた道に見えたのは沢で、正解は右の笹藪を進む、でした。 (地形に違和感があったので確認して戻りました)

下りだったので沢に誘われてしまった。

そしてようやく、本当に広くて歩きやすい道に出ました。ここからは歩く人が10倍くらいになるので一安心。

この日は、朝から5人くらいとすれ違いました。みんな三ノ瀬から和名倉山を目指して歩いてきたみたいです。やっぱり三ノ瀬ルートが一般的だったか…。

これまでの道が嘘のように歩きやすい。整備ありがとうございます。

将監小屋で水を補給

下っていくと将監小屋。 ここは、奥秩父主脈縦走路を通しで歩いたときにテント泊をしたことがあります。

広いテント場とトイレ、豊富な水で快適に泊まれます。

水は豊富に出ていました。今回はここが初の補給。ここまでで3リットル程度を消費しました。 

奥多摩でも屈指の良い水場。

1リットルを補給して、手持ちの水は1.5リットルに。下山まではもつでしょう(最終的に500ml程度余りました)。

水、ありがとうございます。

将監小屋にはキレイなバイオトイレがあります。東京都水道局の仕事で、水源を守る事業としてトイレの整備が行われています。

※バイオトイレ…菌の力で排泄物を分解するトイレ。匂いが少ない。

超きれいなトイレ。なお、今回の山行で排便はしませんでした。僕は一泊だとだいたい排便なしなのです。

いい天気と秋の山が最高すぎた

しばらくは歩いたことがある道なので安心して歩けます。

紅葉がキレイ。

来てよかった…。朝は雪と霧の寒々しい山にいたのに、今は晴れた紅葉の山にいる。不思議な気持ちになります。

春も夏も冬も良いけど、秋もいいね。

油断してると崩壊地。とはいえ、昨日の大崩壊地と比べたら可愛いもんです。歩きやすい迂回路があったし。

崩壊地の上を回り込む様になっていた。

2日目の行程は全体的には下りなんですが、たまに登りがあって体力を削られます。

息を切らして、飛龍山の南にある禿岩に到着。下の地図の、鳥居マークのちょっと左です。

登山道からちょっと離れた尾根が禿岩。

右に進む。

ここは眺望がよく、奥多摩の南側、大菩薩嶺などが見渡せます。

ずっと景色を見ていたいけど、下山するには進まなければいけない。翌日は登山の講習を運営しなきゃいけないので、なんとしても今日中に降りなければいけない。

天平尾根を下る

天平尾根を目指して南向きの尾根を降りていきます。ちなみに、天平と書いて「でんでえろ」と読みます。

東仙波の辺りと似た笹の道だけど、格段に歩きやすい。

降りていくと、これから降りていく天平尾根全体がよく見える場所がありました。ゴール、遠いな…。 

うわー、まだまだだなぁって思った。

どこを歩いていくのかって?正面の尾根をずっと歩いていくんですよ。

頑張るだー。

天平尾根は全体的になだらかな尾根なんですが、上部と下部が急斜面で、特に上部は急峻な岩場となっています。わー、たのしー。

※わー、たのしー…強がりです。

狭くて急な岩の尾根。

あまり写真は撮れなかったけど頑張って降りて、なだからな尾根に乗りました。ここからはボーナスステージみたいなもんよ。

天気いいし、なだらかに標高が下がっていくし、紅葉はキレイだし。
熊倉山。奥多摩のマイナーなピークでよく見るスタイルの看板。たぶん作者が同じ人なんだろうと思う。

明るくて気持ちの良い尾根歩きです。良い。

ご褒美!

ただ、こういう平坦な尾根は道迷い遭難が多いのです。地形が読みにくいので道から外れやすいんですよね。外れる人が多いと踏み跡が錯綜して更に迷いやすくなります。

登山道をよく観察し、地図やGPS、コンパスを使って正しい登山道から外れないように注意しなくてはいけません。 

360°のピンクテープ

歩いていると、全周にピンクテープが貼られた森に出ました。

登山道からかなり外れた場所にもピンクテープが貼られていた。

昨日から目印として出てきたピンクテープだけど、実は登山だけでなく狩猟や林業でも使われています。必ずしも登山道だけに付いているわけではないのです。

前後左右、どこを見てもピンクテープだらけ。

この場所では、伐採する予定の木にテープが貼ってあったようです。こういうことはよくあるので、自分が歩くべき地形や方角を頭に入れながら歩かなくてはいけません。

これは林業用のピンクテープでした。

平らな天平尾根の最後は急斜面

天平尾根は名前の通り本当に平らで、ときどき山の上とは思えないくらい平らで広い場所がありました。

野球できそうな広さと平らさ。

しかし最後は急斜面。奥多摩の山はだいたいこういう地形になっていることが多いのです。山頂付近と登山口付近がとても急。

急斜面を横切るトラバース道。路面自体が外傾していて歩きにくいし、谷側に引っ張られる。

最後、何軒かの廃屋の横を通り過ぎると、ようやく登山は終了になります。長かった…。

※トラバース…横切っている道、横切る動作のこと。
※外傾…外側(この場合は谷側)に傾いていること。傾いているのでとても歩きにくい。

潰れちゃった家。

昔は山の奥まで人が住んでいたんですね。登山口が近いとは言え、まだまだ山の中です。

2階建ての廃屋。
半分崩れちゃった家。登山口まで徒歩で30分くらい。

舗装路になりました。時刻は16時半。 

やっと終わった!長かった!

バス、行っちゃった

バスは16時発でした。30分前に行ってしまいました。

天平尾根の中間あたりで16時のバスには間に合わないだろうと思ってました。でも焦って降りて怪我をしてもつまらないので、急がずに下山しました。バスに乗れなくても死ぬわけじゃないし。

乗りたかったバスには乗れなかったけど、無事下山できたのでOK。

次のバスは18時。しかも乗れるバス停は4km歩いた先。

歩きました。

鴨沢西バス停16:33というバスもあったけど、着いたのは16:58でした。

登山道が終わってしまえば遭難するリスクはほとんど無いので、疲れたけど問題ありません。自販機もあるし熊も(たぶん)出ないし安心。 

※(たぶん)…奥多摩など山の近くでは民家がある場所でも熊が出ることがあるので油断は出来ません。

鴨沢バス停の近くにある自販機。

留浦(とずら)バス停に着いたのが17時20分。ゴールに着きました。ほとんど自業自得(天平尾根を歩きたいという欲)で遅れましたが、無事に終了となりました。歩行距離は、2日で37kmでした。

留浦バス停のトイレ。着替えたりトイレに行ったり残った水や食べ物をお腹に入れたりしてバスを待ちました。

 

記録。消費カロリーがすごいですね。でも痩せないので不思議!

地味山頂だけど達成感はある

山頂はたしかに地味だったけど、途中に出てくるトロッコの痕跡など開発の跡は興味深いし、急登も今となっては良い思い出です。

すぐにまた同じルートで歩きたいかと言われると悩むけど、また今度別のルートから登りたいとは思います。まだまだ未踏のピークがあるので、これからも奥多摩に行かねばなりません。

登山って、終わりが無いんですよね。

写真 2022-10-28 16 46 42.jpg
今回は、お酒は持っていかずご褒美ドリンクは三ツ矢サイダーの特濃オレンジスカッシュにしました。70円で超うまい。

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ