特集 2020年12月7日

恐竜の骨格にお稲荷さんをかぶせたら本物になります

稲荷寿司の質感は、ティラノサウルスの肌の質感とほぼ同じであることに気づいた。つまり、ティラノサウルスの骨格模型に油揚げをかぶせたら本物のようになるということだ。検証してみた結果、ティラノサウルスになった。

父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。(動画インタビュー)

前の記事:年賀状を全力で送る


ティラノサウルスと稲荷寿司の共通点とは?

 

1.jpg
おなじみ「ティラノサウルス」(ハッピーセット付録の図鑑より)

 

ティラノサウルスは6,800万から6,600万年前に北アメリカに生息していた肉食恐竜。ジュラシック・パークをはじめ、最強の恐竜として描かれることも多い。最大全長は約13メートル、最大体重は約9トン。

 

2.JPG
そして、こちらが稲荷寿司

甘辛く煮た油揚げの中に、酢飯を詰めた寿司。江戸時代から安価でうまいと庶民に親しまれてきた。寒い地方ほど味が濃くなる傾向がある。「おいなりさん」と呼ばれることでもおなじみ(「さん」をつけられている食べ物なんて他にあるだろうか)全長は約10センチ、重量は約50グラム。

両者には、歴史にして6800万年。大きさにして13メートルの隔たりがある。共通点などないように感じられるが、実はその質感、テクスチャは同じなのだ。

 

どれぐらい似ているのか

 

3.jpg
こちらがお稲荷さんの質感

 

4.jpg
そして、こちらがティラノサウルスの質感

ティラノサウルスの肌を実際に見たことがある人はいないので、あくまで「想像上の」ということにはなるのだが、めちゃくちゃ似ている。陰嚢のことをおいなりさんと呼んだりもするが、あれも質感が皮膚っぽいからであろう。

 

5.jpg
ティラのサウルスが座る姿は、ほぼ巨大なお稲荷さん

 

ここまで質感が似ているのであれば、恐竜の骨格標本に油あげをはりつければ、ティラノサウルスの復元模型になるに違いない。前置きが長くなってしまった。調査を開始する。

 

検証開始

 

6.JPG
骨格模型を手に入れた

学研の付録。ヤフオクで500円。もともと1000円程度で売られていたもの。

 

7.JPG
精巧にできている

 

8.JPG
リアルすぎてサンマの骨のよう

 

9.JPG
骨格が完成したので油揚げをはりつけよう

油あげはあとで食べる予定なので、プラモデルはよくあらって殺菌してから使う。

 

10.JPG
ティラノサウルスと色味の近い、右側の「味つけ」いなりあげを使う

 

11.JPG
そのままでは分厚すぎるので、油揚げを切り開き、袋から一枚の布状に

 

12.JPG
慎重に

 

13.JPG
慎重に慎重に
14.JPG

 

15.JPG
お布団?

 

受験勉強を頑張りすぎて寝落ちしたティラノサウルスに布団をかけてあげるみたいな絵になってしまった。

 

16.JPG
こういうことじゃない

このままではいけない。固定する方法を探そう。

ご飯粒を溶かして糊にする。米の粘着力で骨格に油揚げを貼り付ける、というわけである。

 

17.JPG
ご飯つぶの力に全てをかける
18.JPG
物干し竿にお布団を干しているようにしか見えない
19.JPG
こういうことじゃない

 

油揚げのサイズが大きすぎるからつきが悪いのだろうか。小さく切って貼りつけていけばなんとかなるに違いない。

 

 

20.JPG
油揚げを短冊状にする

 

21.JPG
細かなパーツにわけて少しずつ固定

 

さらにダメ押し。茹でる前の硬いそうめんを油揚げにブスブスと刺して固定する。完成したティラノサウルスがこちらである

 

 

22.JPG
これがティラノサウルスだ

 

23.JPG
こういうことじゃない

 

24.JPG
ボストン・ダイナミクスが開発した稲荷寿司?


 

26.JPG
こういうことじゃない
 
25.JPG
固定用のそうめんが、石槍を投げこまれているように見える
27.JPG
目が無いのに、目があう(めちゃくちゃ怖い)
 
28.JPG
こういうことじゃない

 

ほぼ足の生えた稲荷寿司という結果に心底落胆した。しかし、この稲荷寿司、視界のはじで捉えると、時おりティラノサウルスにみえるのだ。「え!やっぱりティラノとしていけるんじゃないっ!?」と色めき立つのだが、きちんと両目で焦点をあわせて見るとやっぱり完全に稲荷寿司。でも、しばらくすると視界の端でティラノに見えてきて・・・それが何度も何度も繰り返される。気持ちの浮き沈みが大きすぎてクラクラしてくる。

妻にこれどうかな……?と相談したところ、今すぐにやめて別のものに着手した方がいいと言われた。普段何を作ってもとりあえず肯定してくれる妻が言うのだからよっぽどダメなのだろう。

どうしていいかわからないので寝る。22時に寝る。目覚ましかけずに寝る。

いったん広告です

一夜あけて

えらいもんで一晩寝てみたら、「ハムのように糸でぐるぐるまきにする」という方法を思いついた。油揚げはしばらく放置しておくと乾いてぎゅっと固まるので、そのまま骨格に固定できるかもしれない。

 

祈りながら作る

 

29.JPG
糸で油揚げをぐるぐると巻いて固定していく
30.JPG
おや!?

 

31.gif
ズン……ズン……ズン……
32.JPG
グルル・・・

 

31.gif
ズン……ズン……
 
34.JPG
グルルルル・・・
31.gif
ズン……ズン……

 

36.JPG
ギャォォォオオオン
37.JPG
信じれば夢は叶う
38.JPG
お稲荷さんでティラノサウルスは作れる

 

きちんと形状を近づけてあげると一気にティラノサウルスへと変身した。さすが肌の質感が似ているだけのことはある。さらに油揚げの表面が乾いたことでよりリアルなゴツゴツとした質感へと変化した。

 

 

39.JPG
恐竜の皮膚!

 

国立博物館から電話かかってきたらどうしよう。パリパリに乾いた油揚げは美味しくいただきました(煎餅みたいでした)

 


スピルバーグさん聞こえますか?

40.JPG

最近のジュラシック・パークでも、アニマトロニクス(恐竜のロボット)を使っているシーンは結構あるらしい。いなり、じゃなくてつまり、アニマトロニクスの中身のロボットにお稲荷さんをかぶせたらそれはそれはリアルな恐竜になるに違いない。スピルバーグさん稲荷寿司おすすめです。
 

41.JPG
ミッドサマーの祝祭小屋からティラ見

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ