おぎわら遊技場 2021年11月14日

オギスタグラム〜オギにいいねするためのSNS〜

最近小学生の息子と一緒にスケボーデビューしたのですが、調子にのって滑っていたらすっ転んで足の靭帯を切ってしまいました。

すっかり元気を無くした僕を励ますためのゲームを作ったので、みんないいねをいっぱい押してね!

1976年群馬県生まれ。幼い頃から東京に憧れ、18歳で故郷を捨てて千葉に移住。その後、幕張→船橋→市川とジワリジワリと東京に近づいている。2003年、東京を通り過ぎて横浜に引っ越す。その後、千葉の外房に移住し、半年で横浜に戻る。 荻原ゲーム5「荻萩(おぎはぎ)」

> 個人サイト Poppy

 

  • 投稿された写真をみて、上手にスケボーできている写真の時は「いいね!」を、転んでいる写真の時は「かなしいね」を押してください。
  • 間違えるとオギが怒るので気をつけて!!
  • 画面上の黄色いバーがなくなるとタイムアップです。

かいせつ 

荻原さん渾身の実話ゲームが登場。ここで経緯を振り返ってみましょう。(かいせつ:編集部 石川)

10月21日、Facebookにて。おぎわらさんが子供と一緒にスケボー中、転んでひざの靱帯を切ってしまったという投稿がありました。

1.jpg

それを見た幣サイトのウェブマスター林が、「いいね」を押した……ものの、あとで他の人がみんな「悲しいね」を押しているのに気付いて変更。 

しかしその瞬間を、おぎわらさん本人に見られていました。

2.jpg

 こうして生まれたのが今回のゲームです。おぎわらさんにその後の話を聞いてみました。

――足、治りましたか?

はい。普通に歩けるようにはなってきました! スケボーも少しずつ復活してるので、無理せずがんばろうと思います!

――「いいね」をつけた林に一言お願いします。

あの投稿に「いいね」をつけてもらっても気にしていなかったのですが、林さんは僕自身が忘れている僕の不幸なエピソードを覚えているような人なので、本当に「いいね」と思って「いいね」ボタンを押してる可能性もあるな…とは思いました。

が、たとえそうだとしても全然気にしていないです!!!面白がってもらったほうが気が楽です!

林に対してのコメントが思ったより長文だったので、本当は恨んでいるかもしれないなと思いました。

次回のゲームはまた来月!

おしらせ

2020年7月に行った、おぎわらさんとのオンライントークイベント「おぎわら遊技場ゲーム夜話」を抜粋、文字起こしした記事が公開されています。内容は、おぎわらさんと新旧担当のお気に入りゲーム、あのゲームの誕生秘話、なぜおぎわらさんはいつまでも心を開いてくれないのか?などなど。ぜひ合わせてごらんください!

top.gif

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ