特集 2018年11月19日

なんでもない地図を語る会

「ここの地形いいよね!」などと言い合います

みんなで地図を眺めてわいわい言う、という会が京都で行われた。

ぼくもふだんから用もなくグーグルマップを眺めたりするので、地図をただ見るというイベントは気になる。京都まで行ってきました。

1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:ビルさんぽ ~60年代はかっこいい、70年代はかわいい~

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

京都すごい

会場は、平安神宮の近くにある京都府立図書館とのこと。

1-1.jpg
「ここらへんに図書館があるはず・・うわ!」

いきなり平安神宮の大鳥居が現れてびっくりした。こんなに目印が分かりやすい図書館めったにない。

1-2.jpg
それで図書館はこれ

その足元には図書館が建っていた。かっこいい。明治時代の建築だそうだ。

1-3.jpg
みなさん揃ってました

会場のナレッジスペースはこんなふう。よく晴れた土曜日の午後、これから3時間にわたってなんでもない地図を見て遊ぶのだ。平安時代の貴族みたいでもある。

会の主催は、京都大学の学生である重永(しげなが)さんだ。

1-4.jpg
重永瞬さん。地理学を学んでいる。

重永さんは文学部で地理を学んでいる。じつは彼には以前、少しだけ似たような趣旨の「なんでもない景色を語る会」という当サイトの企画に参加してもらったことがある。

そういう経緯もあり、今回は重永さんが主催で「なんでもない地図を語る会」というのをやってみようと思ったのだそうだ。

最初のなんでもない地図

ではいよいよ地図を見ていこう。「最初のお題はこちらです」と重永さん。

1-5.jpg
どうでしょう。(国土地理院ウェブサイトより)

ちょっとだけ注目して見てみてください。会場ではこれが壁に投影された途端、みんな身が乗り出した。

「見づらかったら前に来ていただいて大丈夫ですよ」と重永さんが言うと、地図の前はたちまち人だかりになった。

1-6.jpg
ゴゴゴ・・(地図好きが集まる音)

さっそく参加者の一人が「この道、旧道と新道っぽいですよね」と言う。

1-7.jpg
この真中の道のことです(地理院タイルを加工して作成)

地図に描いてみた。旧道と描いた白い道は、上下で黄色い新道につながっている。白い道のほうが細いのに、建物は多い。こっちがもともとあった道なんじゃないか、と。

その他、参加者から出た意見はこんな感じだ。

・全体的に水に困ってる感がある(ため池が3つ見える)
・犀川といえば石川か長野。でも標高が低いから長野じゃなさそう。


「水に困ってる感がある」という意見が出たとき、一斉に「あー!(たしかに)」という声があがったのが面白かった。そこ、みんなが同意するポイントなんだ。

といったあたりで重永さんからネタばらし。場所は、京都府の綾部市だそうだ。舞鶴とかの近く。下着メーカーのグンゼの創業地で、蚕糸業が盛んだったそうだ。
 

話に出ていた旧道はこんなふう。建物が立ち並んでいて、郵便局もある。いかにも町の中心地だろうなあと想像させる。

対して新道沿いはこんなふうだ。

あるある。バイパス沿いの広い空。さっきの地図を見てこの景色が浮かぶようになれば、しめたものなのかもしれない。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓