特集 2022年8月17日

校門前に来ていた謎の物売りのおっさん

昭和の時代にはちょいちょい見かけた、校門前の物売りのおっさん

コンプライアンスやら、プライバシーやらがだいぶ厳しくなった令和時代。おっさんが小学校の前をウロウロしているだけで通報されかねません。

しかし昭和の時代はその辺がユルユルで、知らないおっさんがウロウロしているどころか、勝手に校庭に入ってきたり、校門の前で商売をしたり、今考えるとだいぶヤバイことが日常的に行われていました。

あのおっさん、何だったんでしょうね?

※画像をクリックすると拡大します。

1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:アンパンマンの頭は13万キロカロリー

> 個人サイト Web人生

001.jpg

いったん広告です

002.jpg

いったん広告です

003.jpg

004.jpg


あれ、誰が買っていたんでしょうね?

子ども心にも、見るからにあやしい雰囲気を感じ取っていた物売りのおっさん。でも、ちょいちょい来ていたということは、それなりに売上げがあったんでしょうね。……誰が買っていたのやら。

ちなみに我が地元群馬では、運動会の時には校庭の中に屋台が出てテキヤのおっさんが大活躍していました。あの文化は今も残っているんでしょうか!?

隣のクラスの●●くんが、その屋台のくじ引きでファミコンのディスクシステムを当てたといううわさも流れていましたが、アレも本当だったんでしょうか……。

みなさんの学校に来ていた謎の物売りのおっさん情報がありましたら教えてください!

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ