特集 2021年9月4日

犬は飼い主の顔面クッションを噛むのか

最近、顔面クッションが大人気。つまりは、動物の顔面のみが描かれたクッションである。

なかなかにビジュアルショックではあるが、クッションとしても有能で、我が愛犬も、つい噛んだりして戯れちゃう逸品となっている。

ここでふと、気になることが。

もし飼い主(僕)の顔面クッションがあったとしたら、愛犬ももは、一体どんなリアクションを示すのだろうか!? 飼い主の顔にかかわらず噛みまくるのだろうか!? 実際に作って調べてみたいと思うッ!
 

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:3歳用「えかきうた」を今ガチでやる

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ


ってことで、そんな大人気の顔面クッション。

a02.jpg

まぁ大人気、かどうかはわからないが、とりあえず100均にも売られているから大人気なのであろう。

a01.jpg

このように、犬とか猫とか動物の顔面が、そのままクッションになっているという、かなりビジュアルショックな逸品である。ちょうど柴犬のもあったのだが、例えばこんな感じで

a03.jpg

チョー顔面。見方によってはグロい。動物モノはかわいいからと、顔面モロでやってしまったのだろう。一方、猫ならこんな感じで

c03.jpg

チョー顔面。ゆるキャラくらいデフォルメ化された形ならまだしも、こんなリアルな形でやらなくても。発想がエグい。で、我が愛犬ももだが、こんな顔面クッションとはどう付き合っているのか、というと

z01.jpg

!! わりと戯れていた。顔面、変にリアルゆえ敵対心が生まれるのか、ほどよく噛んでいたのであった。まぁやむをえまい。

senga.jpg

では一方、もし飼い主(僕)の顔面だったら、ももは一体どんなリアクションを示すのであろうか!噛まずに愛でてくれるのだろうか!?

a06.jpg

ってことで、飼い主、つまりは僕の顔面のクッションを作らざるをえなくなった。自業自得だが、そもそも何それ。そこで仕方なく、いったん自分の顔を出力。これを元にしていきたいが、まずは布地として

a04.jpg

布団のカバーを用意。さすがの実家感。そこに、だいたいのサイズで

a05.jpg

下書き開始。顔面ゆえ、顔のパーツを順に描いていく。

a08.jpg

ちなみに顔面クッション、やや横長楕円がフォーマットのようなので、そんな仕様を意識する。

a09.jpg

下書きだが既にグロい。そして耳の位置は、猫耳や犬耳とは違うので

a11.jpg

ちゃんと横につくことを意識する。リアルを念頭に、自分の顔を紡ぎだしていくにつれ、

a10.jpg

不穏さも醸し出され、

b01a.jpg
・               「……散歩は?」

ももも距離を置いていた。

senga.jpg

そして着色である。写実的絵画を描くように

b06.jpg

アクリル絵の具で、塗っていく。

b07.jpg

妙に楕円気味なので、顔を塗っている気はしない。

b08.jpg
・                     「……ゴハンは?」

飽きるもも。ちょっと待っててね。後であげるからね。で、さらに。本家も動物の毛の一本一本までリアルだったので、コチラも一本一本

b10.jpg

まさに不毛なリアリティーを施していく。細かい色味は

b12.jpg

色鉛筆までも使用。そして僕のアイデンティティー

b13.jpg

メガネも雄弁に表しておこう。

senga.jpg

で、描けたら、今度は下面。本家顔面クッションも下面は、黒地の別布だったので、黒い布と言えばやはり、

b04.jpg

学校での習字の際の下敷き布が最適!なので、それを、型どって

b05.jpg

裁断する。学校ゴメン。では、これらをミシンで合体だ!が、

c01.jpg

その際に、黒布と、絵を描いてた布は裏返す形で縫い付け。

c02.jpg

このように縫合することで、できた袋状のを、中からベロっと
ひっくり返すことで、

c04.jpg

縫い目が内側に隠せて、いいね!となるのだ!が、キモイ顔が描かれてるので

c05.jpg

なかなかのグロさ。ほぼ呪霊。あと少し我慢だ。では、本家のような柔らかさを具現化すべく、クッションの醍醐味と言えるワタワタを

c06.jpg

中に突っ込む!そして、あとは

c07.jpg

縫い止めることで、これにて!

senga.jpg

こうして、ついに完成した、飼い主顔面クッションが、コレだ!!

c08.jpg

ぎゃッ!! キモッ!!!! 病的なリアルさが、見事に狂気を醸し出している。ほぼ特級呪霊。あらゆる角度から見ても

c10.jpg

クッション的なふくらみ具合が

c11.jpg

また脅威なのであった。なんかゴメン。

では、こうして完成してしまったダークマターを、愛犬に捧げたら、
一体どんなリアクションを示すというのか、

c12.jpg

他のは噛んで戯れてたけど、飼い主の顔面だけに、愛情をもって、優しく接してくれるのだろうかッ!?

senga.jpg

すると、もも。さっそく顔面たちに近づいてくると、

c13.jpg

その中から

c14.jpg

飼い主クッションに興味を抱き、喰いついている模様!さすが愛犬!

d03.jpg

ではあらためて、それをももに、差し出してみたところ…!

d04.jpg

!!

d04a.jpg

!!!!

d06.jpg

あああああ!!!

d07.jpg

あああああああああああ!!!!!! いつにもまして

d08.jpg

噛みまくりッ!!! もも、それ、いつも世話になってるはずの、僕なんですけどーーーーーーッ!!

d09.jpg

飼い主、無残ッ!!!!!

senga.jpg

…と、早々に哀れな結果となったわけだが、まぁこの日はきっと、ももご機嫌斜めだったのかもしれない、ってことで、別の日に改めて!

e01.jpg

飼い主顔面クッションを、再びももの前に、差し出してみたところ…

e02.jpg

!!!!

e03.jpg

!!!!!!!!

…まぁしっかり噛んでくれてね。きっと美味しいのかなそれ。

senga.jpg

まぁまだ気分が晴れてなかったのかも、ってことで別の日に改めて!

g01.jpg

今度こそは愛でてくれると信じて、また差し出してみたところ…

g02.jpg

!!!! 

g03.jpg

!!!!!!!!!!!!!

g04.jpg

…………………。僕に…何か恨みでも……あるの……かな?

senga.jpg

でも、別の日ならきっと…!ってことで、再び

f01.jpg

差し出してみたところ…

f02.jpg

 !!!!!!!!!

f03.jpg

………………。

senga.jpg

でも気を取り直して、また別の日に差し出してみたところ

h01.jpg

!!!!!!!!!! 

h02.jpg

!!!!!!!!!!!!

h03.jpg

 

senga.jpg

なら、落ち着いてそうな別の日に

j01.jpg

 また差し出してみ

j02.jpg

 

j03.jpg

 

senga.jpg

なら、また別の日に

i01.jpg

差し

i02.jpg

 

 

senga.jpg

……と、もうほぼ条件反射でバイト、ということで、この邂逅においては、飼い主への愛情は特に察せられなかったが

k02.jpg

いずれにせよ顔面クッションには、犬的ストレス解消に最適な
噛みごたえスペックも、あるようなのであった!

d01.jpg

すごいぜ顔面クッション!! ということで、ぜひみなさんもGET、もしくは自作(面倒くせぇ)していただけたら幸いです。ではまた。


 

はい、以上いかがでしたでしょうか今週の「こんな顔面はイヤだ」。いい飼い主をめざしていきましょう。

zz01.jpg
でも仲がいい時もあった。

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ