短い記事 2021年10月26日

マスクをアイマスク代わりにする

海外のYouTuberが口につけるマスクを目隠しのマスク代わりにしていた。

マスク使用法のパラダイムシフトだ。自分も負けじとやってみた。

昼はデータサイエンティストをしています。トイレと路上観察と観葉植物が好き。行動力があるとよく言わますが自覚はまったくないです。和菓子が全部苦手なのでお土産がいつも食べられないです。

前の記事:サナダムシと同じ長さの紐と同じ長さの紐を作る


その瞬間(パラダイムシフト)は突如として訪れた

私はYouTubeの地域設定を変えて各地域の人気動画を見ることが好きだ。だいたいの地域で人気なものはサッカーとミュージックビデオだけど、たまに日本では気づかれていない掘り出しものも見つかって楽しい。

いつものネットサーフィンという日課をこなしていると、ある動画のサムネイルが自分の視線を奪ったのだ。

それがPANDA BOIというチャンネルの「YES OR NO? SPICY EDITION」という動画である。

このチャンネルはPANDA BOIさんが、街の人に「AとBどっちが欲しい?」と聞きそれを答えてもらう動画や、逆にPANDA BOIさんが質問されて答えるという動画が主要な内容だ。

シンプルな企画だけれど、文章では説明しきれない程度には独特の世界観を持っている。その動画を眺めていくなかに下のような動画があったのだ。

口につけるマスクを目隠しのマスクとして使っている。

おそらくあなたもそのサムネイルに視線釘付けになると思う。

動画の内容の説明は割愛させていただくが、PANDA BOIさんがマスクをアイマスクにしている。目隠しが必要な企画のために、あくまで手近なもので目隠しの代用品にしたという様子だ。

なぜ、こんな便利な使い方に気づけなかったのだろう。私はこの使い方の可能性を見逃していたのだ。この全世界マスク大ブーム時代にまだマスクの使い方が残されていたなんて、目から鱗である。

だから自分もやってみた。

では、自分の身体を持ってマスクで目隠しをしてみよう。使用したマスクはドラッグストアに売っているいわゆる普通の不織布のマスクである。

001_マスクなし.JPG
マスクで目隠しという最先端のライフハックに、心が躍っている筆者
002_マスクを顔に.JPG
目隠しをした筆者。とても楽しそう、そんな口元だ。私にはそう見える

目を飛び越えて鼻まで隠れている。もちろん、視界は、まったく見えない。

003_マスクを画面に.JPG
真っ黒というわけではないが、向こうの景色は見えないようになっている
004_マスクで眼鏡が曇る.JPG
おろすと眼鏡が鼻息で曇っている。

筆者は、人生でアイマスクをつけた経験が片手で足りるほどなので、うっかり眼鏡を付けたままアイマスクをしてしまった。

今回のマスク関係なくアイマスクをするときは眼鏡をはずすべきだったのではないか?

しかし、眼鏡をかけたままで完全に包み隠せるマスクというのは、利用方法の柔軟性が高いということだ。

「とっても便利」という発見をしたことにしておこう。

005_マスクで目と口を隠す.JPG
もう少し頑張るとギリギリ口まで隠れるなと思いながら撮った写真。下唇がオーバーランしている。あと顎をひこう。

念の為、1枚のマスクでどこまで顔が隠れるかも検証した。

筆者は顔が縦方向に長いのでこのような結果に陥ってしまったが、小顔の皆さんならば口も同時に隠すことができること請け合いである。

006_マスクでいい感じに顔を全部隠す.JPG
試行錯誤の結果、目鼻口を一つのマスクで隠した姿

隙間まみれなので口に使うマスクとしての本来の機能は失われてしまった。しかも周囲が若干見える。

あちら立てればこちらが立たぬ、私の顔のサイズでは口につけるマスクとアイマスクの効果を両立は不可能だとわかった。学びである。


少なくとも、口につけるマスクは目隠しのマスクの代用品にはなりそうだ。どうしてもアイマスクが見つからないときはみなさんも利用の検討をしてほしい。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ