特集 2023年9月8日

アリエクを説明させてください

僕を含め、デイリーポータルZの一部の編集者・ライターは通販サイトAliExpressが大好きである。

記事で「アリエク」(AliExpressの通称)となんの説明もなく書いてしまっていたが、まずAliExpressについてあらためて説明させてください。

記事中のキャプチャは8月下旬のものです。値段が変わっていることは大いにあります。

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:アルミのクリップボードにアップルのステッカーを貼ったらもうマックブック

> 個人サイト webやぎの目

アリエクってなに?

AliExpressは中国の個人向けECサイト、Amazonみたいなものである。
日本からも買えるし、説明も日本語になっている。
ただ、翻訳は怪しい。

AliExpressのトップページ ( https://ja.aliexpress.com/ )
image.png
カートがずっと「カーと」になっている。

もともとAlibaba.comというB2Bのサイトがあり、その個人向けサイトだからAliExpressという名前である。ウォルマートもカルフールもマックスバリュも小型店舗にエクスプレスをつけてるのでそれと同じ流儀だと思う。

買いかたはAmazonと同じでカートに追加してチェックアウト。
Amazonのように自ら売ることはなく、AliExpressが仲介して販売者が発送する。商品はすべて国外から届く。

ちゃんと届くの?

届く。でも遅い。
商品ごとに到着時期が書いてあって2週間からひと月ぐらいかかる。
基本「忘れた頃に届く」である。すぐ使いたいものはAmazonかヨドバシドットコムで注文してください。

image.png
配送日はまちまち

でも最近はそこに書いてある時期よりも早く届くことがある。

そして、choiceと書いてある商品はAmazonPrimeのようなもので、1週間ぐらいで届く。

4年ぐらい前は届かないことがあったが、ここ2年ぐらいは問題なく届いている。
届かないときは「紛争」という物騒な名前のボタンを押す。
これを押すとAliExpressの本部から販売元の会社に連絡が行って、不真面目なセラーが急に真面目に対応しはじめる。どれだけ恐ろしいことを言ってるんだろう。

いったん広告です

特徴は見たことないものが見たことない値段で売っていること

特徴は安さと品揃え。送料も安い。

image.png
毛の生えたボールペン88円

こちらは日本までの送料133円、そんな半端な値段で届く国際便ってあったっけ?
(日本国内は日本郵便か佐川が届けてくれる)

送料無料で100円ぐらいのものもあり、どういう仕掛けで儲けているのかが分からない。

image.png
なんだ3円って
image.png
伸びるゴリラ154円+送料436円
image.png
巨大なジッパーの金具アクセサリー

まるで海外のナイトマーケットである。ごちゃごちゃごちゃ~っと怪しげなものが並んでいる。

物によっては日本のECサイトよりもかなり安い値段で出ていることがある。

image.png
シャボン玉がたくさん出る銃。日本の通販だと1500円ぐらいするが627円。
image.png
顔の付いた小さいプリンター。日本の通販では2000円以上で売っていた。

具体例を出して説明したが、どちらもすぐ必要ではないものなので説得力に乏しい。

⏩ すぐにLEDがつく

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ