年末年始とくべつ企画 2024年1月5日

財布バリバリ伝説

めちゃくちゃうるさい

開けるときバリバリと音がする財布がある。開閉部がマジックテープ仕様になってるものだ。

レジ前に響くバリバリ音。確かにスマートではないかもしれない。この手の財布、揶揄の対象にされる風潮があると思う。

だったら逆にめちゃくちゃバリバリさせたい。そして伝説になりたい。

1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:深まる秋の菊人形案内(デジタルリマスター)

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

無邪気にバリバリさせてたあの頃

なにが「だったら逆に」なのかは不明だが、そういう衝動は大事にしたい。普段はおとなしい財布を使っているからこそ、反逆の狼煙として財布をバリバリ言わせたくなるのかもしれない。

こういうやつです

実例としてマジックテープ式の財布を探したところ、見つけるのが意外と難しかった。スナップ式、ファスナー式といった無個性なものが大半だ。

それでも見つかったのは写真の黄色い財布。こういう感じのやつ、小学生の頃、駄菓子屋でバリッとさせてた記憶がある。

この黄色い財布も開けると心地よくバリッと響き渡る。ただ、大人になった自分にはちょっと物足りない。もっとバリバリさせたい。 

「サルバドーリ」と書いてあるのがなんか心配

ベースとして買ってきたのはこの財布。イオンで1,100円で見つけたもの。普通の二つ折り長財布だ。 

何の抵抗もなく開いてしまう

留める機構が何もないので、あっさりと開いてしまう。完全に無音。手応えがなくて不安になってくる。

これをマジックテープで改造してバリバリ言わせたい。落として交番に届けられたときも「ものすごくバリバリ言うやつです」と特徴を説明しやすい。

ところで、読者の中には「マジックテープというのは登録商標で、普通名称は『面ファスナー』だよね」と思う方もいらっしゃるだろう。

堂々とマジックテープを名乗れるやつ

OK、その通り。ただ私はどうしてもマジックテープと言いたかったので、今回はそれと名乗って売っているメーカー製のものを用いているのだ。

安心のマジックテープ保証。この記事の中でも無駄に連呼したくなりそうだ。

いったん広告です

新たな息吹を吹き込まれた財布

手芸店でマジックテープを必要量買ったところ、財布本体よりも高く着いてしまった。創作とは往々にしてそういうものだ。そして普通の財布は、バリバリ財布へと生まれ変わった。

真の実力は見た目ではわからないもの

生まれ変わったとは言え、その性質上パッと見ではなにも感じないだろう。手にとって開こうとする瞬間、牙を剥くのだ。

saifu-baribari-legend_007.gif
おなじみのあの音が静寂を切り裂く

カード類を入れる部分にもぜいたくにマジックテープを貼り付け、バリバリ面積の最大化を図った。収納は捨ててバリバリのプライオリティを高めた設計なのだ。

すごくバリバリ言う財布だから、盗まれて開けられたら音が聞こえて犯人がわかる。あっちでバリバリ言ったぞ、あいつが犯人だ!セキュリティも高い。

これだけでもかなりバリバリなのだが、今回はもう一歩踏み込んだデザインに挑戦した。

まだお金を入れる場所が出てこない

写真だと少し分かりづらいが、一度開けただけだとお金の収納部にまだアクセスできないのだ。

二つ折りの財布だと、1回バリバリさせておしまいですよね。せっかく作るなら、そこで終わりにしたくはない。もっとバリバリさせたい。そういうわけでさらなる改造を加えているのだ。 

財布バリバリ魔改造

外装の一部を切って取り外し、それを反転させて装着することで三つ折りの財布にするという算段だ。

改造の手順を簡単にお伝えしたが、たぶんこの説明ではわからないだろう。ただ、詳しく説明したところで「そうなんだ」という感想しか生まれないと思う。がんばって三つ折りにしたのね、という理解があれば十分だ。

というわけで、1回開けたあともう1回開けるところがあります。 

saifu-baribari-legend_011.gif
とどろく雷鳴

財布として使うためには2回バリバリさせる必要がある。そのため正確には「バリバリ、バリバリ財布」なのだが、冗長なので今後も「バリバリ財布」で行くことにする。

素早く開けると「バリッッ!」。ゆっくり開けると「…バリバリ…バリバリバリバリ……」。

音が聞こえないのに「うるせえよ」と思ってくれているなら、それは私の伝えたいことが伝わっている証拠だ。

やっとお金を出せる

フタを開けたと思ったらもう1回フタ。こういう行動を経て、人間はお金のありがたみを実感するのだ。

十分にバリバリさせたとは思うが、改造しているうちにもうひとバリバリさせたい気持ちが湧いてきた。

クリエイティビティという言葉を安易に使わないよう心がけています

バリバリさせると財布が開いてしまう。それだと「買物するわけじゃないけどバリバリさせたい」というニーズにマッチしない。ただ単にバリバリさせることができるようにしたい。 

財布の裏側はこうなっている

そこで考案したのがインフィニティバリバリシステム。財布の裏側にもマジックテープを貼り合わせ、上の写真のような構造にした。

フリーに動くマジックテープの端をつまみ、パタパタさせると無限にバリバリできるのだ。 

saifu-baribari-legend_016.gif
やりすぎの腱鞘炎に注意

うるさい。画像だけでうるさい。

手持ち無沙汰の友としてのバリバリ。バリッと爽快な音は嫌なことも忘れされてくれる。財布の機能から離れた、純粋なレジャーとしてのバリバリだ。

これで改造としては完成。あとは伝説になろう。

⏩ バリバリ財布、いよいよ伝説へ

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ