特集 2022年5月8日

果物気分にひたれるネックウォーマー

メロン、マンゴー、モモ、リンゴ。それぞれの産地から出荷された果物たちは、遠路はるばるやってきたはずなのに傷つくことなくきれいな顔してお店に並んでいる。

果物の周りについている緩衝材、あいつのクッション効果って結構すごいんじゃないだろうか。

私だってあれかぶって守られたい!そう思って人間サイズで作ってみました。

新潟生まれ千葉育ちの理系会社員。好きなものはダジャレ、甘いもの、動物園。苦手なものは部屋の片づけ。


> 個人サイト ありくいブログ

世間はいい果物にやさしい

いい果物屋さんでは、いい果物たちが1つずつ緩衝材にくるまれて化粧箱に鎮座している。

一見過保護にみえる包装は、繊細な甘い宝石たちにとっては確かに必要なのだ。

ふわふわな見た目とは裏腹に、確固たる意志であらゆる衝撃から果物を守らんとする緩衝材のなんと頼もしいことか。

いいなぁ…。果物、うらやましいなぁ…。

先日、ランニング中に派手に転んでひざを怪我した。転んだことにびっくりして、「うわぁ、いたい!!」とあほみたいな大声をあげてしまったのにも関わらず、周りの人は淡々と通り過ぎて行った。転ぶのが久しぶりすぎたのと周囲の人の無関心とが合わさって、ひざも痛いが心も痛い。みんな~!もっと優しくしてくれ~!!! ひざの青あざを撫でていると、大切に扱われている果物への嫉妬心があおられる。

わたしもあれだけ守られたい。傷つくことを心配されたい。

世間の荒波を渡るためには、わたしのための緩衝材が必要だ。

フルーツキャップというらしい

果物の緩衝材としてぱっと思い浮かぶあの白いあみあみ。あれ、フルーツキャップという名前らしい。

フルーツキャップ - Google 検索

フルーツキャップを人間サイズで作って、よい果物になりきろう。

見本としてフルーツキャップの実物が欲しい。ネット通販で買えそうだが、大体どのサイトでも最小販売単位が100枚からである。欲しい、欲しいが…。100枚はいらない。おとなしくスーパーでフルーツを買ってくることにした。

002.jpg
今回の主役はリンゴではなく…
003.jpg
こっちです

フルーツキャップの観察

フルーツキャップをよく見てみると、長い筒状構造が真ん中で半分に折られているのがわかる。

004.jpg
半分に折られている
005.jpg
ひらくとこんな筒になっている

この筒は、棒状の"フカフカ"が緩やかならせん状に組み合わされて構成されている。

1層目と2層目でらせんの角度が逆向きになっていて網目を作っている。

006.jpg
こういうことね

横に引き伸ばして網目をよく見てみよう。

007.jpg
ひきのばすと…
008.jpg
網目の形が違う

網目は筒の両端ではひし形なのに、筒の中央部分では六角形だ。この構造の差のおかげで両端部分は伸びにくく・中央部分は伸びやすくなっており、使用時に半分にたたむとお皿のように果物を包み込めるようだ。

009.jpg
持ち上げたときに反対側からすっぽ抜けないのはこのおかげか?

あみあみになっているだけの簡単な構造かと思っていたが、効果的に果物を包み込むための工夫が感じられる。よく考えられているなぁ。

いったん広告です

無限リリアン地獄

人間サイズで作ることを考えたときに一番最初に浮かんだのがネックウォーマーのイメージだった。毛糸で編んだら温かそうだ。細長いパーツをたくさん編んであみあみ状に繋げたらよさそう。さて、どうやってパーツを編もうか。

 

そんな都合よく細長いパーツを簡単に編める道具なんてないよなぁ…。

010.jpg

011.jpg

012.jpg

あった!リリアン!!!!!

そうだそうだ、リリアンがあった。

かつて幼女だったことのある人なら触ったことがあるんじゃなかろうか。突起に糸をかけ、すでにかかっている前段の糸を引っ張り上げて奥に送り、隣の突起に糸をかけ、また前の糸を引っ張り上げて奥に送り…と単純作業を続けていくと下からにょろりと編めたひもが出てくる謎の手芸道具である。

幼少期は何の目的もなく狂ったようにひもを量産していたが、なるほど、果物気分にひたるために使うものだったのか。さっそくAmazonで購入した。

使ってみて気づいたが、このリリアン、幼少期に使ったものよりも進化している。

013.gif
上のパーツを指で回せるので本体ごと回す必要がない!

これは早く編めそう!リリアン自体は簡単だし、パーツをつなげて作る構造は単純だし、数週間で簡単にできるんじゃないかな!!!!

…と予想してたが、この見積もりには重大な誤算があった。

そう、人間のモチベーションを勘定に入れていなかったのである。

 

リリアンは飽きる。

だいたい、単純作業すぎるのだ。単純作業の繰り返しの編み物の中でも群を抜いた単純作業。

013.gif
これの繰り返し

糸をかけ、隣の突起に移動し、糸をかけ、隣に移動し、糸をかけ、隣に移動し、糸をかけ、移動し、糸をかけ、移動、糸をかけ、移動、糸、移動、糸、移動、糸、移動、糸、移動、糸、移動、糸、移動…

どんな単純作業でもやり続けると動きが洗練されてくるもので、どんどんどんどん早くなる。

これだけ編んでも、まだ目標の半分しかないけどね。

あぁ、なんでこんなこと始めちゃったんだろう、もう春になっちゃうよ、などとごちゃごちゃ言いながら2か月以上かけて何とか30本のリリアンを編み切った。

残す合体作業は、謎の集中力を発揮して数時間で終えた。人間のモチベーションは推し量れない…。

いったん広告です

人間用フルーツキャップの完成

じゃじゃーん!!!

015.jpg
全部つながりました!
016.jpg
広げるとこんな感じ!

こだわりポイントは網目のかたち。

017.jpg
本物みたいに…
018.jpg
端はひし形、中央は六角形になるようにつなげた!

で、薄々感づいてはいたのだが…

019.jpg
でけ

ちょっとおしゃれっぽく見えるように写真を加工してみたが、それをも打ち消すサイズ感。首に掛けたらダルンダルンになってしまった。前衛的なファッションに見えなくもない。肩から下に伸ばしてみると余裕で胴まで入る。これじゃぁ腹巻じゃないか

作ってみて知ったが、この網目構造って、想像よりも伸びる!

020.jpg
首より細い内径に設計したのに腹巻サイズになっちゃうんだもん

それは素材に原因があるのかもしれない。

021.jpg
もっと小さめに設計すればよかった~

本来のフルーツキャップは素材の特性も考慮して製造されているのだろう。工業製品おそるべし

何とか手で支えてみたりして、ネックウォーマー風に首に巻きつつお散歩をしてみた。

022.jpg
どうどう??果物感ある?!?
023.jpg
手で持ち上げればフルーツキャップ感が増すかな?

歩いていると春の生暖かい風が網目の隙間を抜けて首まで届く。このネックウォーマー、防寒目的には向いていないだろうな。

風をビュンビュン通すので頼りないのだが、首周りでの存在感はかなり大きい。正直、守られている感はビンビンに感じる。顔をつつみこんできて前が見にくい。つまりちょっとうっとうしい

熟して木からはずされ座標の束縛から解放された果物。せっかく自由になったと思いきや、人間のエゴでフルーツキャップをかぶされ厳重に包装され。もしかしたら丁寧にまかれたフルーツキャップをうっとうしく感じているのかもしれないな。なんて、ちょっと果物気分にひたってみる。

にしても大きすぎるので、家の中でこのフルーツキャップにちょうどいいサイズ感のものを探してみた。

024.gif
守られルンバ

ルンバにちょうどでした。

 


まとめ

  • 人間用フルーツキャップの包容力はすごい(うっとおしいくらい)
  • 網目の構造は想像よりも3倍くらいよく伸びる
  • 単純に見えるフルーツキャップの構造はよく考えて作られている

自分を守ってくれるはずの存在にうっとおしさを感じてしまう己の身勝手さにうんざりしつつ、フルーツキャップはルンバにあげて強く生きていこうと思いました。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ