特集 2023年11月26日

書き出し小説大賞 273回秀作発表

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)

雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞 272回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

歳を重ねるごとに加速する一年。今年もWBCで日本の優勝に沸いたと思ったら、ジャニーズが名前を変え、ついでにツイッターも名前を変え、川崎麻世とカイヤさんの離婚がようやく成立するという、激動の一年でした。残り1ヵ月を注意深く見守りながら、今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しましょう!

書き出し自由部門

エッセイストが死んだ。彼女が本当は誰かを誰も知らなかった。
正夢の3人目

たしかに。エッセイストって語り手というキャラ(虚像)を演じてる気がする。

9時まで続く朝焼け、町はまだ眠ってるという感覚。
もろみじょうゆ
落ち葉は枝から切り離されて落ちてくる瞬間に落ち葉になるのだろうか。それとも地面に落ちた時に落ち葉になるのだろうか。
おの
いったん広告です
アバターが鍵をかけ、僕は現実に閉じ込められた。
冬の海水で冷え~る牡蠣
平仮名を指でなぞりながら酒を飲んだ。
もんぜん

お酒はぬるめの燗のイメージ(八代亜紀)

おそろいだったピアスと、貴方の骨が焼け残った。
さくさく
ワイパーの届かないところに初雪が落ちた。
みよおぶ
チョキを出してタエ子は寝た。正蔵に5ポイントが入る。
チャニー美多原

正蔵は5ポイント入ったことに気づいてなさそう。

青森初のデスゲームが開催され、初日の監禁部屋には長い行列が出来た。
prefab
いったん広告です
緑色の野菜が嫌いな彼。臓物みたいな果物は苦手な私。でも、異星人同士で愛を見つけた幸運な私たち。
S.マウンテン
走馬灯は二頭立てのレースでした。
タルク石
ゴホゴホ咳き込みながら僕はポテトをシャカシャカ振っている。
ナックルボール
白湯を飲めだの、バナナを食えだのうっせーな。生き急がせろ。
葱山紫蘇子

睡眠の質とか、いつから言い出した?

いったん広告です

続いては規定部門。今回のテーマは『読む人をイラっとさせる書き出し』でした!文章の悪いお手本が集まった気がします(笑)ぜひ苛つきてください!

書き出し規定部門『読む人をイラっとさせる書き出し』

それでは書かせさせていただきたいです。
おの

余計だわ~その挨拶(笑)

この本を手にとって下さりありがとうございます!ぜひ著者・出版社のお気に入り登録をよろしくお願いいたします!※このページは4秒後にめくることができます

どんどん

4秒待ってしまいそう!

読めてますか?漢字。伝わってますか?意味。
タルク石
この本を手に取ったセンスだけは及第点をあげようと思います。
浜城蘭 壺美
「ここにいらっしゃるみなさんにはたぶんピンとこないと思うんですが…」
寂寥

⏩ えー、みなさんが読み始めるまで5分かかりました。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ