特集 2021年9月26日

書き出し小説大賞第222回秀作発表

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)

雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞第221回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

今年もキンモクセイが香ってきました。次はギンナンの匂いですね。それでは今週もめくるめく書き出しの世界へご案内しましょう!

書き出し自由部門

告白の代わりに焼鳥を焼く。煙よ、かかって、彼に。
Airda

思わぬ行動が、求愛行動だったりする

鈴虫の夜、まだ既読にはならない。
みよおぶ
エモーショナルな深夜だが、エモーショナルに過ごす術を知らない。
桜草

秋の夜長は静かにエモい

「なんかおはよう。」付き合って初めての昇降口。
井沢
二人っきり、散らかった部屋、君も忘れて私は歌う
yasui
君は浴衣を着て、死ぬなら夜がいい、と言った。
坂上田村麻呂の従兄弟
架空の児童館で、未来の落語を聴く。
にら将軍ハルナ

VRゴーグルによる体験型落語

二日目のカレーが劣る事だってある。
節度亜図夢
冬に許された僕らは、セーターを本来とは違う方法で遊んだ。
七寒六温
秋に鳴く虫は黒い。だいたい黒い。
タカタカコッタ
オウンゴールしたのには、訳がある。
もうねるね

「オウンゴールの訳」だけで、百通りの物語がつくれそう。

推理が外れるにつれ探偵の帽子は、深くなった。
ブーゲンビリア
数珠を握ると赤子は泣き止んだ。
g-udon
病み上がりはいつも、異世界から現世に戻ってきたような気持ちになる。
桃とペンギン
夜。海。月明かりの柱の中で、誰にも知られず、海ゴリラはうまれた。
正夢の3人目
金を借りにきたのだが説教もするぞい。
正夢の3人目
カブトムシの幼虫は、いじわるミミズの言うことなんかは聞かずに、でんぐり返しでいつもよりも深く深く土の中にもぐりました。
葱山紫蘇子
炊いた鯛が居ない。
高橋きよてん

謎だらけの文体が逆に気になる。「居ない」って(笑)

いったん広告です

つづいては規定部門。今回のモチーフは『もうひとつの顔』でした。誰にでも意外な一面があることは意外でもなんでもない。

規定部門・モチーフ『もうひとつの顔』

平日はイオンの警備員。休日は悪の幹部。
いずも

ヒーローには行動が伴うけれど、悪役は想像だけでなれる。

セーラー服で戦っていることは、妻子にも言えない。
きりきりまいまい
彼は変身を解くと素早く不織布マスクを着けた。
七世
近所で庭いじりしてる老人が、この前官邸で会見をしていた。
八王寺義昭
新聞を丸め素早くゴキを追う君が好き。
人馬一体勘

虫が平気な女性に男は弱い

普段はあんなに色々なことに細かい彼女の千切りが、こんなに太かったなんて。
小野芋子
休日の担任は、ドクロを着ていた。
午前0時
普段は人間を襲って食う鬼だが、仲良くなるとイイネを沢山くれる。
午前0時
美女ほど悪筆であって欲しい。
ベランダ

箸の持ち方もデタラメであって欲しい

ヤンキーがたむろって、四つ葉のクローバーを探していた。
タクタクさん
サラリーマンだったはずのおじいちゃんが、某国の機密情報を口にするようになった。
タクタクさん

晩年のスパイ、この冒頭だけで長編一本書けるアイデア。

楽屋には、着ぐるみを下半身だけ着た女が一人でタバコを吸っていた。
オメガ
猫背の店員は蛍の光を聞いているうちに、誰よりも背筋が伸びていた。
ミミズグチュグチュ
大学出の入り婿が、農薬を口に含んで畑に撒いた。
昼行灯

婿の内面が分からなすぎて怖い!

ハットトリックしたことを黙っていた。
いそうろう
そっちの顔のまま、法事に来るな。
インターネットウミウシ
眼鏡を外すつもりで顔に手を伸ばすとそこには何もなく、私はひとり、自分の顔を優しくなでた。
葱山紫蘇子
末っ子だが、こういう時は長男だ。 葱山紫蘇子
葱山紫蘇子

ああ、そういうことってありそう!末っ子が一番冷静。

「優しい」なんて言葉で、どうか私を封じ込めてくれるな。
桃とペンギン
廃線間近の一両列車に揺られながら、田舎用の私を作り上げてゆく。
suzukishika
型破り教師は菓子折を持ち弁護士を連れてきた。
g-udon
憑依から戻りにくくなってしまった。
ビールおかわり

それでは次回のお題を発表します。

次回モチーフ
『可愛い』

改めて考えると「可愛い」ほど、基準がないというか、実態がない言葉もないのではないでしょうか。赤ちゃんが可愛い、猫が可愛いは分かります。でも人によってはサメが可愛い、雑草が可愛い、中にはゴキブリが可愛いという人もいるかもしれません。
正に可愛いの価値観は人それぞれ、ということはそれだけ物語もあるのではないでしょうか。
あなだけの可愛い書き出しをよろしくお願いします。締め切りは10月8日、発表は10月10日を予定しています。下記の投稿フォームよりご応募下さい。力作待ってます!


最終選考通過者
若葉猫 吉田髑髏 メルボルン 財務 秋山仙人 みらこ maebarc  靴下 にかしど 南極行太郎  prefab 首廻り寝具 高田 茅葺 ク業 マスカラを塗り忘れた少女 りずむ原きざむ yasui 寂寥 モンゴノグノム のきさきの

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ