特集 2020年11月1日

書き出し小説大賞第201回秀作発表

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)

雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞200回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

書き出し小説201回目でございます!前回の200回を記念して『文芸ヌー』 では、「書き出し小説大賞マイベスト」を発表中です。こちらも是非ご覧下さい!それでは今週もめくるめく書きだしの世界へご案内しましょう!

書き出し自由部門

その時、6号車は私とあの人だけだった。
幻の魚

ロマンスのはじまりか、サスペンスのはじまりか。数字はなんの暗示だろう。

開館五分前になりました、展示物の皆様、今日も一日頑張りましょう。
六井象
初めに、僕が生きてる言い訳をさせてください。
坂上田村麻呂の従兄弟
涙眼になって、薄荷の匂いがして、僕を嫌いな君が飴をくれた。
稲荷

五感がノスタルジックな記憶に導く。

どの予測変換も私を熱海に導く。
桜草
「逆!!」参観した父兄全員がそう思った。
タカタカコッタ
「素直に笑えばいいのに」と、ピエロは風船で作った犬の首を捻りながら言った。
さくさく
行政の指導を拒んで、冬のキリギリスは死んだ。
さくさく
火葬場で子供だけが元気だ。
g-udon
深夜、隣家の犬を散歩に連れ出す。
g-udon

防犯カメラの映像で想像すると、すごく怪しい。

一度は愛した女が、牛と戦っている。
正夢の3人目
23才のとき、見知らぬ成人式にこっそり参加した。みんなは僕のことを武田と呼んだ。
もんぜん
冷たい。テーブルの裏に太ももがピッタリと張り付く感覚が走った。私は昨日からどれくらい巨大化してしまったのだろう。
はらげん
イルカには好奇心がある。父にはそれが無い。
ぴすとる

背びれも人気も無い。

勃起を見たことのない少女はそれを怒りと感じた。
いそうろう
不老不死になってもハンバーグは美味いし、射精もする。
prefab
「それじゃあ、また」時計の針を巻き戻すと弟は消えた。
七世
旅先の海辺で出会う人ってこんなにねちねち言うものだろうか。
井沢
こっちの雨漏りは美味しい。
昼行灯

雨漏りソムリエ?!

歩こう、歩こう、どこまでも。この地獄にはゴールが無い。
オメガ
俳句だろうか。悪口だろうか。
けー
句会は白熱し、「9、2、2」の名句が生まれた。
インターネットウミウシ
御社のせいで弊社の定礎、もうこんなになっちゃったよ……。
インターネットウミウシ

一生のうちで絶対言わなさそうな台詞。

いったん広告です

つづいては規定部門。今回のテーマは国民食『ラーメン』でした。それでは着丼っ!

規定部門・モチーフ『ラーメン』

スープを飲み干した。罪悪感が残った。
ジコカン留学生

それは膨満感となって後を引いた。

「3分って、案外いろんなことができるものよ」と彼女は言った。
ころわん
体に悪そうなやつから順に旨い。
高田
かやくの袋が置いていかれた
ブノシヨ
この一杯は、夜景の中に光る観覧車だ。
スパーク苺

なんて詩的な食レポ(笑)

店長の背中に「海人」の痕跡が見える。
モリダイ
母は、よく立ってラーメンを食べていた。
ラリルレロ
湯を入れてから3分間、いつも人魚は尾をバタつかせる。
ラリルレロ
火傷するからねとスガキヤで水を注いでくれた祖父はもう居ない。
桜草
活気のある厨房。引き締まった麺。張り紙の誤字。
NCハマー

ウチの近所のラーメン屋には、おかわり自由の炊飯器の上に、キン肉マンが『フタは静かに閉めてくれよな!』と言ってる貼り紙がある。

更地に湯切りする大将の残像。
紅井りんご
見せている、見せられている。そんな湯切りだった。
紅井りんご

自意識過剰は湯切りってあるよね。

ゴリラのラーメンは冷たかった。火が怖いのだという。
住民パワー
世界一賢いイヌが作ったラーメンは、とてもやさしい味がした。
けー
ゆっくり、とてもゆっくり、すーぷをのむ。あした、ケニアにもどるだから。
正夢の3人目

どうぞゆっくり味わってください!

愛情マシマシでと頼んだら、信じられないくらいキレられた。
正夢の3人目
長雨、野良ラーメンがスープを薄めまいと軒下に隠れる。
prefab
即。席。麺。ボブは信じられないとでも言うように、頭を振った。
タカタカコッタ
僕はここのラーメン屋の店主と同じ美容室に通っているのだ。
にかしど

すごく純度の高い「で?」が出た。

数分前までステージに立っていた漫才師も、今は黙って丼と対峙していた。
轍眼鏡
「なんで私のいないところで、他のスープに絡んでたの?」麺ヘラは言った。
下黒岩萌音
麺をほぐして茹でる度、ブロンド髪の女が抱きたくなって、湯切りする。
ろっさん
裸のまま毛布にくるまってカップラーメンを食べる彼女が世界で一番美しい生き物に見えた。
もんぜん
出汁から、犯行の全てがバレてしまった。
ミミズグチュグチュ
お忍びで来店したハリウッド俳優が、割り箸を横に割った。
モンゴノグノム
「雪の中並ぶ程ではなかったな。」黄ばんだサイン色紙を見ながら、残りの麺を乱暴に啜った。
不眠
太麺マジ卍固めニンニク少なめライジングサンシャイニングウィザード特盛とライス大お待ちっ!
吉田髑髏

麺伸びるがな!(笑)


それでは次回のモチーフを発表する。

次回モチーフ
『ノスタルジー』

秋も深まってまいりました。次回のお題はノスタルジー、いやでも感傷的になる季節です。どうせなら思いっきり甘酸っぱい、またはほろ苦い記憶を呼び起こし、ノスタルジック気分を味わい尽くそうではありませんか!締め切りは11月13日発表は11月15日を予定しています。下の投稿フォームから部門を選んで送って下さい。力作待ってます!


最終選考通過者

キスが好きな女 ぴよ 細矢和葉 あさげ 千仗千紘 オメガ 辞書は厚く 女は薄く 辞書は厚く 女は薄く ウチボリ 亜久坂's 体毛剃次郎 ビールおかわり いちろく 空論城 七寒六温 葱山紫蘇子 ペンネーム募集中 寂寥 趣味は神の代行業 富豪閣 節度亜図夢 たこフェリー

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ