特集 2019年1月27日

書き出し小説大賞第162回秀作発表

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)

雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞第161回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

大阪なおみ選手グランドスラム二連勝おめでとうございます!1000パーセント本人が読んでない場所(マッサージ屋の黒板ボードなど)でよくそういう文章を目にします。それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しましょう!

書き出し自由部門

束になったトライアングルは鳴らない。
xissa
適当に開いたページから始まる、そんな恋だった。
紀野珍
洗い立ての布団の中で、彼女だけが臭かった。
つちだ(な)
背の高いあなたの後ろから、梅の花の匂いだけがする。
さくさく
ごま団子が転がった所だけ油でキラキラしている。
prefab
手のひらで坐薬が溶けていく。
もんぜん
「タピオカを吸いながらでいいから聞いてくれ」
カズマンヌ
レントゲン室に取り残されている。
人馬一体勘
陽のあたるフードコートでご飯を食べている。
トミ子
傘を高く掲げ、人混みを自転しながら往く。
井沢
アンケート序盤で手が止まる。先週までは20代だった。
ema
爪に月の灯りを塗る。
夢雀
車窓から見えた我が家は燃えていた。
ウチボリ
絆創膏を外したシワシワ部分で占いますね。
茂具田
神は細部に宿る、だからケーキのフィルムを舐める。
インターネットウミウシ
集金の途中で見る海は暗い。
あや幹部
これは僕が球団職員から大物司会者になるたった10ページの物語。
しきさい感覚
半年燻らせた片想いを、2ヶ月半で消費した。
星沢みゅー
ヨリを戻したいのではない。あの夜のなぞなぞの答えが知りたいのだ。
アイノ
協賛金、くれよ。
たこフェリー

寸評

●xissa氏「束になったトライアングル~」流石。格言のようでもある。
●prefab氏「ごま団子が転がった所だけ~」なぜだろう?希望を感じる。
●人馬一体勘氏「レントゲン室に~」歯のレントゲン撮るときの鉛のエプロンって間抜け。
●ウチボリ氏「車窓から見えた~」どうすることもできない感。
●たこフェリー氏「協賛金、くれよ」協賛しないし、共感もできないw

続いては規定部門。今回のテーマは『新動詞』、新しい動詞を募集しました。使えるものなら使ってください。


規定部門・モチーフ『新動詞』 

【とっぷれる】とっぷり暮れる。例:もうじきここもとっぷれる。
xissa
【とらずる】トラブルを引きずる。例:とらずり過ぎた挙句の二次災害だ。
xissa
【パピる】パピコを二人で分ける。例:お金半分出すからパピりながら帰ろうよ。
住民パワー
【町田る】間違える。町田市は東京にも関わらず他県民から横浜市の一部と思われることから。例:タラバガニはカニの仲間だと町田って覚えていた。
八王寺義昭
【クロゼる】とっさに隠れること。例:母が入ってきたので、エロ本をクロゼった。
八王寺義昭
【右傾(うけ)る】思想が保守寄りになる(右傾化する)こと。例:「知ってる? 5組の田中さん、彼氏の影響ですっかり右傾ちゃったらしいぞ」
紀野珍
【バブる】ケータイの保護シートの下に気泡が入ること。例:「おまえのケータイ、バブりまくってんの気になるわー」
紀野珍
【ちくわぶる】関西の人にちくわぶの話をすること。
もんぜん
【マクベす】内なる恐怖にかられ、他者へ攻撃的になること。
出しなよ、音
【アメる】全米が泣くこと。例:この映画アメったらしいよ。
ビールおかわり
【リミる】制限すること。 例:晩ご飯にお寿司とってるからお昼はリミっといて。
akimbo
【アオジる】どんな感動的なドキュメントを見ても結局サプリの宣伝なのでは?という強迫観念が襲う事。
むべんべ
【サドられる】サドルだけ盗まれる事態。否定形の「サドられない」はサドルがある状態を示すので注意。
ろっさん
【まだらすかる】頭蓋骨をまだら模様に着色する。例:見本通りにまだらすかるだけの簡単なお仕事です。
くのゐち
【閣下る】蝋人形にする。例:「それ、閣下っといて」
哲ロマ

寸評

●xissa氏【とっぷれる】語感はトップレスっぽい。ヌーディストビーチもとっぷれる。
●王寺義昭【町田る】町田える。でもよかった気がする。
●もんぜん氏【ちくわぶる】ちはやふる、みたいでかっこいい。
●むべんべ氏【アオジる】一般の老夫婦が画面に映るだけでアオジる。
●くのゐち氏【まだらすかる】かつてこれほど使い所のない動詞があっただろうか。
●哲ロマ氏【閣下る】10万サバを読む行為でもある。


それでは次回のモチーフを発表します。

次回モチーフ
「気まずい」

次回のテーマは『気まずい』。気まずい状況は日常のサスペンス。もちろん笑いもなるし、青春もの、恋愛ものにも成り得るモチーフだと思います。実際にあったことや妄想を広げて、いたたまれないシチュエーションを考えてみて下さい。締め切りは2月8日正午、発表は2月10日を予定しています。下記の投稿フォームから部門を選んで送ってください。力作待ってます!

最終選考通過者(今回はなし)

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓