特集 2021年5月30日

書き出し小説大賞第214回秀作発表

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)

雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞213回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

星野源さん、新垣結衣さんご結婚おめでとうございます!このコロナ禍で(あと呼ばれてないので)披露宴に出席できないのが残念です。それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご招待致しましょう!

書き出し自由部門

美術館の消化器に一度立ち止まる。
にかしど

現代美術展あるある。

悔しくても言えない言葉を君が叫んでくれた。
人馬一体勘
ほほえみにも圧はある。
たこフェリー
バーガー君、うしろ、だらしないチーズが出てる。
消えた苹果

バーガー君の口ではなく、後頭部にしたことで面白さが倍増してる。

「笑って!」と彼女は涙を拭うことなく言った。
冷奴
わたしの肉体と宇宙は絶えず膨張し、去年買った水着は小さくなった。
さくさく
パパがばくだんをのんじゃった。
正夢の3人目

こんなタイトルの絵本があったら、とりあえず手に取ってしまうと思う。

郷土菓子は、罪悪感が薄める優しさがある。
にら将軍ハル
全く知らない犬と一緒に筍を掘っている。
夢雀
溶けた氷が、おへそに入っていく。
みよおぶ

「おへそ」によってエロくなり過ぎない絶妙な着地になっている。

女は星の数ほどいるが星の距離ほど手に届かない場所にいる。
節度亜図夢

手に届かないひとほど輝いて見える。

アゲハ蝶とツツジの蜜を奪い合う。
タクタクさん
ドロシーはスカートを両手で持って走る。
もんぜん
油絵の具のチューブが、寝苦しそうに捻じれている。
昼行灯
ジグソーパズルの最後のピースは、赤ん坊の右手に握られていた。
タカタカコッタ
私は、夕焼けをみるために生まれてきたのです。
葱山紫蘇子

きれいな夕焼けを見るとホントそう思う。

もう統べるものがない。
terayo
いったん広告です

つづいては規定部門。今回のテーマは『川島佐知子(32歳・独身)』でした。架空の独身女性がみなさんおかげで実に多面的かつ、応援したいキャラクターになりました!いつもより多目に選んでまーす!

書き出し規定部門・『川島佐知子(32歳・独身)』

佐知子より先に空が泣いた。
午前0時

降り出した雨からはじまる物語

ハッピーターンの話しになると、佐知子はいつも孤立する。
午前0時
「普通に結婚して」の普通って、何?
小野芋子
どうあがいても32歳である。
早百合

まだまだあがくことないです!

剥げたペディキュアを見ていたら、チャイムが鳴った。
みよおぶ
買うか買わないか悩んでいるうちに、若いサラリーマンにとられた2割引のポテトサラダ。
七寒六温
ブーケはとれないし、一円安いタマゴは完売だ。
東ことり
ハーゲンダッツよりレディーボーデン。
寂寥

なめらかプリンよりプッチンプリン

佐知子は出身地を聞かれると、いつも自慢げにL.A.と答える。
花惑
そう、佐川急便の佐。あと知多半島の知に子供の子です。
井沢
転がるビールの空き缶、乾いたファンデーション、付録だけ剥ぎ取られたファッション雑誌。
八王寺義昭
今日は一日くノ一で過ごそう。
いそうろう

これはいい休日の過ごし方w

脳内彼氏の浮気を疑い、コメダで張り込む。
いずも
ジェーン・スーくらいには、なれると思っていた。
へねもね

自分でもなれそうな気がする、と思わせるのがプロ。

あなたのスーツの右ポケットに入れたのは、左頬のホクロ。
howari
「黒鍵って悲しい音が鳴るのよね」
りずむ原きざむ
佐知子の叩くエンターキーの音で、課長の鼻ちょうちんが弾けた。
モンゴノグノム
佐知子は手の平の上で竜巻を発生させると、ポピー畑にそれを放った。
モンゴノグノム

ドラえもんの「フー子」を思い出した。

彼女は望まれず摘まれ、愛されて散りました。
つかはらこうへい
妻に捨てられ、私は今日から佐知子になった。
ミミズグチュグチュ

まさかの佐知子ビギニング

落ち着いて川島さん、バターナイフは仕舞って下さい。
ろっさん
「この旅館、高かったでしょ?」川島佐知子は、ユニットバスの水面に浮かぶ自分の膝に向かってそう言ってみた。
ころわん
初デート。避けたつもりのホームランボールを素手でキャッチしていた。
g-udon

俺が彼氏なら惚れる。

空の水槽を見つめて満たされない気持ちに拍車をかけた。佐知子は泣きたかったのだ。
ベランダ
七か国語を話せるのには彼女の複雑な家庭環境が関わっている。
節度亜図夢
川島佐知子はオオグソクムシに囲まれた。
mocchi

王蟲ではなく。

普段は無口。だけど説明書は声に出して読む。
インターネットウミウシ
佐知子が掘った穴は3メートルに達したという。
インターネットウミウシ

出られたのか??

せっかくの合コンを潰されたことに文句を垂れながら、変身ベルトに手をかけた。
森の中のフマキラー
佐知子は虹彩認証で扉を開けると不規則に動く赤外線センサーを慎重に避けながら次のステージへと急いだ。
ビールおかわり
佐知子は15年前に食べたぜんざいのことをふと思い出した。明日で刑期が満了する。
パチリパンダ

後妻業の佐知子?


 それでは次回のお題を発表します。

次回モチーフ
『ひとり旅』


相変わらずの緊急事態下、せめて想像の中でぶらりひとり旅に出てみませんか? 旅先に広がる雄大な風景色、そこで出会った温かい人々、美味しい郷土料理、しょーもないエピソード、血なまぐさい事件……などなど、脳内旅行の顛末をお願いします。締め切りは6月11日、発表は6月13日を予定しています。下記の投稿フォームから部門を選んでご応募下さい。力作待ってます!

最終選考通過者
六井象 受夫 桜草 怪童 野焼き ベル 泥狸 松坂シメジ滑子 佐藤ルッコラ もろみじょうゆ のと こんどう巨神兵 うぃけっと ひじかじり  渡嘉敷くんの答え 初老に献身(主演:佐藤抱ける) モリダイ ながさむ つんざくざくろ ブーゲンビリア オメガ 吉田髑髏

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ