特集 2018年11月15日

京都の伏見稲荷大社は夜にこそ行くべし~地元の人頼りの旅 in 京都~

謎の案内人が登場

千本鳥居の突き当りで地図を眺めていると一人の男性が「台風で照明が消えている部分があるからこの先は危ないよ、自己責任だよ」と注意してくれた。

それを聞き引き返そうとした所、「もし行きたいなら案内するけど」と続いたのでお言葉に甘えることに。

どなただかわからないけど真っ暗な中、懐中電灯を照らし案内してくれた。

045.jpg
近くにいたカップルも一緒についていくことに。
046.jpg
すごい詳しい! 何者なんだ。。

「ほらあそこ」と所々で説明してくれる。台風で倒れた古い鳥居や、言われなければ真っ暗で気づかない池(手を叩いてこだますると願いが叶う)や、たくさんあるお社の説明をしてくれた。

私達は初めてで、真っ暗で、どこまで続くのか分からない鳥居の中を彼に身を任せ進むのみである。

047.jpg
上に行くほど猫がふえていく。可愛いけど怖い。

鳥居の数はやはり千本どころじゃないらしく、「誰かが2万までは数えたらしいよ」とのことだった。

数えている間に鳥居は奉納され続けるし、小さいものも入れるのか?など考えたら正確に数えることなど不可能かもしれない。

048.jpg
暗くて迷路のよう。

もし一人だったら、ここまでは絶対来なかっただろう。めっちゃ怖いのだ。見上げると狐がジャンプしていたりする(そういう像がある)。

049.jpg
40分でだいぶ上までやってきた。お薦めビューポイントの一つ。

明るい所に出て、ようやく案内人の磯辺さんの顔が見えた。狐じゃないし、異世界に誘おうとする人でもなかった(ビビりすぎだ)。

聞くと、健康のために運動がてらたまに観光客を案内している近所の人だという。こんな所まで来るなんて相当な運動量だ。

050.jpg
案内がスタートして1時間。絶景スポットに到着。将軍塚よりもすごいぞ!


磯辺さんはこの景色を私たちに見せたかったようだ。

もし私が一人だったら、初めの方で暗闇の中で神秘さや恐怖を感じただけで帰っていただろう。それだけでも充分好奇心を揺さぶられるものではあったけど、磯辺さんが付き合ってくれたことで、その先の美しい景色を見ることができた。

051.jpg
磯辺さんが何度も行き来して発見した「灯籠の中の京都タワー」。これ見つけるのすごい!

磯辺さんは帰りは違う道を選び、たっぷりもう1時間かけて色んな所を案内してくれた。なんと入り口に戻ったのは23時半である。

おかげで京都の夜をこれ以上無いくらいに堪能できた。もし伏見稲荷大社に行った際はまず磯辺さんを探すといいだろう。

052.jpg
そして翌朝。

翌朝のスタートは、ホテルの爽やかなお兄さんがたまに行くというパンケーキ屋さんへ。

お薦めスポット12:あま~いパンケーキ「カフェ ラインベック」

053.jpg
古民家をリノベーションしたお店。おシャレ~
054.jpg
モーニングのリコッタチーズ入りパンケーキ。焼き立てだ!
055.jpg
こちらのお店の「命」と言うメープルソースをたっぷりつけて。

思ったより大きく、しっかりと重めに焼き上げられたパンケーキ。そこに特製の甘いソースが絡みつく。ブラックコーヒーと相性抜群でお目覚めバッチリである。

それにしても、あのお兄さんがこの可愛いパンケーキを何度も食べているのを想像すると微笑ましくなる。

056.jpg
お店の方にも聞こう
057.jpg
京都はあちこちに立派なお寺が見えていいなあ。時折見える山もいい。


京都の中心地からバイクを走らせ45分ほど。観光に大人気の嵐山にやってきた。

058.jpg
いいなあこりゃ

お薦めスポット13:緑に染まる祇王寺

お目当ては、鴨川デルタで出会ったスーツの男性がお薦めしてくれた祇王寺である。なんだかんだココが一番好き、と言っていた。

059.jpg
たしかここ、私も15年位前に来たことがある

祇王寺はCMなどにも使われているし、小さいながら有名である。私も以前来た事がある場所だが、この40近い年齢になって再度訪れると違った味わいを感じることになった。

060.jpg
入り口からして趣のある佇まい
061.jpg
心が震えるほど美しい緑。妖精が出てきそうじゃない!?


祇王寺は、本当に狭い。急いだら5分で周り終えてしまうくらいだ。だけどつい立ち止まって、見惚れずにはいられない緑の風景があった。

自分でも驚いたがその緑の美しさに思わず涙が滲んできてしまった。なにこれ!

062.jpg
フカフカの苔もキレイ。
063.jpg
感性が敏感になったのか、花にとまったチョウチョを思わず撮っちゃうほどだ。こんなこと初めてだ

思わず受付の女性に感動を伝えると、「みんな秋の紅葉を狙ってくるけれど、それ以外の時期は人も少なくてゆっくりと見られるから良いのよね」と言っていた。

この日は紅葉には早い時期で人はまばら。だからこそ得られた感動だったかもしれない。

お薦めスポット14:豆腐屋 森嘉(もりか)のひろうす

064.jpg
祇王寺とセットで教わっていた立派なお豆腐屋さん。近くの料亭にも出てくるそう。
065.jpg
ひろうす(205円)。中にユリ根と銀杏が入っててホクホク! 塩をかけていただく。

お豆腐や油揚げなどを買っていく人が多いようだが、その場で食べられる「ひろうす」が絶品だった。

「どれもハズレませんな~」と、店先の椅子に座り青空を見上げながら噛み締めた。


つぎは遊郭街のなごりが残る場所へ。
logo02.jpg

 

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓