特集 2018年11月17日

いらないものガチャでなにが交換されたか

貨幣経済から物々交換に戻ろう

 

11月10~11日に久しぶりのいらないものガチャを実施した。CINRA.NETが主催のNEWTOWNというイベント内でである。

いらないものガチャとは自分のいらないものを入れると誰かのいらないものが出てくるガチャだ。ランダムな不用品交換である。

「誰かのいらないものはあなたの宝かもしれない」などと説明してきたが実際は何を入れて何が出てきたのか、今回は追跡してみた。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:平成5年7月 新加勢大周登場~平成のどうでもいいこと年表プロジェクト

> 個人サイト webやぎの目

その前にいらないものガチャとは

デイリーポータルZでは2008年のイベントからこのガチャを実施している。最初は通常のガチャを使って小さいものを交換していた。
 

001.jpg
当時のレポートから。装置もいらないものも小さかった

2015年4月 巨大化する

2015年、大阪で開催したイベントでは大きいものが交換できるように巨大なガチャを作った。装置が3m、カプセルは30cmだった。

002.jpg
「でかくするとおもしろい」という余計な知見を得る

イベント開催前に大阪ローカルのテレビ番組「ちちんぷいぷい」で取材されたおかげで3日間で2400人が来るという事態になった。「ちちんぷいぷい」の影響力をなめていた。
 

007.jpg
このとき描いた企画説明のイラスト

このときは「すごくいいものが出てくるかもしれない」という感じで伝わった。

僕らもサイトで「あなたのいらないものは誰かの宝かもしれない!」と書いていたし、わりと派手ないらないものが集まった。
 

003.jpg
いいものだけどいらない、というものが集まったイベントだった

一般的に大阪の人はケチと言われるが、むしろ気前がいい人が多かった。
最終日、撤収をしていると人が寄ってきて3人ぐらいから「楽しかったのでまたやってください」と言われた。そんなことを言われたイベントはこれだけである。

2015年12月 いいものになり始める

2015年12月、今度は東京でエコプロダクツ展というエコのイベントに参加した。大阪で使ったガチャは主催者であるナレッジキャピタルのものなのでもう1台作った。

今度は耐久性を考えてアルミのフレーム、赤帽で運びやすいように上下で二分割できるようになっている。蒲田の金属工場に発注した。

004.jpg
下町の工場の技術を結集した2号機

高さは2.4m、カプセルは20cmと少し小ぶりになった。でも30cmのカプセルは実は10,000円もしたので経済的だ。
大阪でカプセルを持っていこうとする人がいたとき、慌てて追いかけたのはそういう理由があった。

006.jpg
大阪ほどではないが盛況

このときもいくつかテレビの取材が入った。

インタビューで
「いらないものが出てきた人ががっかりするようすが面白いんですよね~」
などと答えたが、ディレクターの顔に明らかに落胆の色が見えた。

エコとかリサイクルという話が聞きたかったようだ。それを理解して
「リサイクルというとまじめなイメージがありますが、ガチャにすることでエンタテイメント性をもたせることができます」
と話すとそれが放送された。

005.jpg
当時の記録から。松岡修造カレンダー、3Dペンなど3年前だが時代を感じる。子どもがふざけて「あったかいんだから」と書いているのに至っては見てるだけで諸行無常な気分になる

そしてデイリーポータルZがイッツコムに譲渡されるときの資産の評価で、なぜ赤字事業なのにこんなでかいものを作るのかと指摘された。

そして文化祭ではなにが交換されたのか

長くなったがこれがいらないものガチャの経緯と歴史である。今回はカルチャーサイト CINRA.NET 主催のイベントだからきっとこれまでと違うものが集まるだろう、というところに興味があった。

実際、会場に会田誠さんがうろうろしていた。

008.jpg

会場は多摩センター近くにあるデジタルハリウッド大学八王子制作スタジオ。

もともと小学校だった場所である。

009.jpg
だからガチャの場所は下駄箱の前

この下駄箱がカプセルに入らないものを置く台としてとても役に立った。
 

010.jpg
前日の準備の様子、背後の棚にものを入れている

このときに気づいのは、棚にモデルガンがあるだけで屋台のくじのようになるということだ。

011.jpg
どんな棚でもモデルガンとプレステを置くだけでテキ屋みたいになる

 

いらないものはどんないらないものに変わったか

さて、今回、全部で300弱の交換が行われた。
ちゃんと追跡できたなかからいくつかを紹介したい。

b07.jpg
昔のアップルのキーホルダー→おもちゃの鉄砲
b14.jpg
スターウォーズの扇風機 →  ひげそり

ひげ剃りは男性、このあとスターウォーズの扇風機も子どもが持っていった。いい交換である。
 

b15.jpg
動物の形の加湿器  → 桶
b16.jpg
セックス・アンド・ザ・シティのDVD → 目出し帽

「なんか似てますね!」と言おうとしたが理由がわからないのでやめた。なんでそう思ったんだろう。

b32.jpg
ことわざ辞典 →  おもちゃ?鏡?

 

b36.jpg
ジャイアンツのユニフォーム→たこ焼き器

アテンドスタッフが中日ファンとヤクルトファンだったため、「いいものになった!」「あたりだ!」と絶賛していた。

b49.jpg
ヘキサゴンファミリーのCD → かばん

ヘキサゴンファミリー!いらないものガチャをやるたびに微妙な古いものが登場して鼻の奥がツーンとする。

b50.jpg
前の彼女と買ったパフェグラス → VRグラス

「彼女がバーチャルになりましたー!」と言おうと思ったがやめた。

b56.jpg
視力検査柄のトートバッグ → 知育玩具?
b59.jpg
ポケット六法→加湿器
b60.jpg
ポラロイドカメラ → ミルク泡立て器

用途が限定されている装置(たいていかき混ぜる系)はいらないものガチャによく登場する。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓