広告企画 2022年5月27日

イマジナリー猫 ミャウエバーに癒される私たち

我が家に猫がやってきた。撫でたら喉を鳴らしてくれるし、抱くとあったかいし、心音も聞こえる。しかし、本物の猫ではない。
猫を飼った気持ちになれる"ミャウエバー"という商品だ。
これをイマジナリー猫として、自宅でしばらく飼ってみることにした。

2022.5.27 記事末尾にその後のミャウエバーの様子を追記しました
 

実験と暇つぶしが大好きな会社員。顔芸が特技。

前の記事:静岡・人間立ち入り禁止の景色

> 個人サイト note

我が家に猫がやってきた

我が家では、犬や猫を飼ったことがない。犬や猫は世話が大変であり、その上広いスペースが必要だ。ペットとしては鳥や亀など、比較的小柄な子たちを選んできた。我が家にとって犬や猫を飼うのはハードルが高い。

そんな我が家に最適な子がやってきた。

こちらがミャウエバー。猫の人形だが、もちろんただの人形ではない

このミャウエバーは、背中を撫でると喉を鳴らすのだ。そして心音も聞こえる。まるで生きている猫を愛でている感覚になれる人形だ。 

手を当てると、心音とぬくもりを感じる。愛着が湧いてきてしまう!

お腹の中に保温保冷剤をしまえる場所があり、レンジでチンすることであたたかくすることができる。夏は冷やして使えるので、オールシーズン楽しめるのだ! 

ちなみに顔はありません。ちょっとこわい。これぞ猫の概念……

私はこの「イマジナリー猫」としばらく生活を共にしてみることにした。

まずは家族に紹介する

この猫が自宅に来た時、ちょうど実家に家族全員が集結していた。せっかくなので家族に紹介してみよう。

まずは母親。「なにこれ?猫の人形?」
「あったかいし撫でると喉が鳴るから本物みたい!」と、いいリアクション
猫も母親に懐いているようだ

「すご〜い本物みたい!」を連発。あったかいのはなんで?喉が鳴るのはなんで?と質問攻めされた。

陽気な母親なので、家にあった猫のクッションお面をつけてふざけ始めた。親子?
騒いでいる母親を見て、外から帰ってきた父親も寄ってきた
ペット飼うの反対派の父親も「抱き心地がいいね!」と猫を気に入った様子
帰省中の兄も母親から猫を奪い始める。拗ねる母親
せっかく仲良くなったからには、もう少しペット感がほしいと言い出す父親

「もっとリアリティが欲しいな。首輪とかつけたらペットっぽくなるんじゃない?」という父親の提案で、そばにあった母親の革のブレスレットをつけてみることに。 

急に”ウチの猫感”がでてきた!!!
「かわいいじゃん!本物の猫っぽく写真撮れそう!」と理想の角度を探し始める母親
 
その流れで撮影大会が始まる。インスタに載せたいらしい

こうしてすっかり我が家に馴染んだ猫。名前をつけようということになり、家族会議で熟考した結果、「おもちゃのチャチャチャ」という歌からとって「チャチャ」に決定した。家族が一人増えたような気持ちだ! 

イマジナリー猫は使い勝手が良い

世話をするのがめんどくさいけど、猫は飼ってみたい。怠惰だけどおいしいところだけ味わいたい私に、イマジナリー猫はぴったりだった。生活を共にしていく中で、結構便利な一面も見えた。

①リモートワークの時、机とお腹の間に挟むとちょうどいい

おまけに暖かいのでお腹が冷えない。よくお腹がいたくなる私にとってはお腹をあたためられるし、とてもありがたい。机とお腹の間に挟むことで、姿勢がよくなり疲れにくいのでおすすめだ。 

②小脇に置いておけば速攻で寝れる

リモートワークは眠くなりがちである。となりにふわふわの猫がいれば、すぐに仮眠に入ることができる。 

③「リモート会議中に突然飼い猫が乱入してくる」という理想のシチュエーションが再現できる

「あ!すみません!うちの猫が……」と言って飼い猫をなだめる場面、見たことはないだろうか?あれが本当に羨ましかったのだが、イマジナリー猫がいればでっちあげることが可能に!同僚に”かわいい猫を飼っている”というマウントをとって優越感に浸ろう!

さらに、最高に癒される裏技を編み出した。

④全体にお気に入りのフレグランスをぶちかける
嗅ぐ!!!!最高!!!!

猫のぬくもりと一緒に好きな匂いを存分に堪能できるのは癒しでしかない。しかもこの猫はいくら匂いを嗅いでも嫌がらない、聞き分けの良い子だ。リモートワーク中の癒しとして最適である。 

友達の家へ遊びに行く

猫を飼ったことがない私にとって憧れのシチュエーションが「猫と一緒に友達の家へ出かける」だ。かわいいペットを飼ったら友達に見せびらかしたいし、ペットと遠出をするのは一度やってみたかった。

「とにかく癒しを欲している」と言っていた前職の先輩の家へ遊びに行くことになったので、イマジナリー猫のチャチャも連れていくことにした。

初めての電車にびっくりしているみたい。もうちょっとで着くからね!
こんな風にカバンからちょこっと顔を出すペットって可愛いよね

そうこうしている間に、先輩の自宅に到着! 

こちらが先輩のきつわさん。一人暮らしの寂しさのあまりデカいマグロの人形を飼っている
「よしよーし」私をそっちのけでマグロを愛ではじめた

「一人暮らしって楽しいけど、寂しさもやっぱりある。ペットとか飼えたら楽しそうだよね」と言うきつわさん。さっそく私のイマジナリー猫を見てもらう。 

「ここに私のペットがいるんで」とだけ伝えて袋ごと渡してみる
「あ!!なんかいる!!」
「え?これって猫?めっちゃあったかい!音する!心音?やば!!」非常にリアクションが良いきつわさん
「あぁ〜あったかいし良い音だわ…」
「……」

急にしっとりした表情になるきつわさん。よほどチャチャに気を許したのだろうか。

そのまま私をそっちのけで布団に入り始めた!
「かわいいしあったかい……落ち着くわー!」と言って布団から出なくなってしまった。チャチャには安眠効果もあるのかもしれない

 訪問してから数分でふたりがかなり仲良くなってしまった。チャチャもきつわさんに懐いていて、少し嫉妬したのは言わないでおこう。

公園で遊ぶ

近所にきつわさんおすすめの公園があるようなので、連れて行ってもらうことに。  

手つきが慣れている。近所に住んでいる猫好きの人にしか見えない
その猫の抱き方、いつ覚えたんですか?と聞くと「わからない。身体が勝手にこう持ってた」

きつわさんの猫慣れっぷりにびっくりした。チャチャがもう完全にきつわさんの飼い猫に見えてしまう。 

はしゃぎ始める成人女性とイマジナリー猫
毛繕いをしてあげている
引きで見ると本物の猫のように見える

なんとも微笑ましく見えるが、公園にいる人からすると人形と戯れているやばい人である。その証拠に先ほどからチラチラいろんな人が私たちを見てくる。

途中から花に夢中になってしまうチャチャ。「ちょっと!あんまり遠くにいっちゃだめよ!」と言いながらかまって欲しそうなきつわさん
私たちを無視して花と戯れるチャチャ
その後、ライオンキングっぽい”高い高い”をはじめた。公園にいた小学生にびっくりした顔でガン見されている
きつわさんは鋼のメンタルなので、視線を全く気にしていなかった
もはや一緒にいるのが当然と言わんばかりの表情

きつわさんはチャチャを相当気に入ってくれたようだ。まるで本物のように一緒に遊んでくれて、チャチャも喜んでいた。ふたりの絆は確実に深まっていった。 

チャチャにデレデレのきつわさん。時間の許す限りずっとわしゃわしゃと撫でてくれていた!

イマジナリー猫屋を開店

家族や友達に見せるだけでは飽き足らず、もっといろんな人に猫を可愛がってもらいたくなった。そこで”イマジナリー猫屋”を開いてみることにした。

イマジナリー猫屋、開店!

路上で猫を愛でる気分を体験できるという画期的なお店だ。行列間違いなし!と思っていたが……

オープンしたものの、怪しすぎて誰も近寄ってこない

ただイマジナリー猫が置いてあるだけだと、通りすがりの人も不思議そうに見るだけで立ち去っていく。 

見かねた父親が売り子を手伝ってくれた
と思ったら、自宅にあるバイクに乗せて遊び始めた。やめて!

その数分後、父親の宣伝のおかげなのかわからないがお客さんがきてくれた。

「これ猫ですか!?」とびっくりしている様子。第一印象は本物に見えるらしい
「なんで喉が鳴ってるんですか!?生きてるんですか!?」と質問攻め

猫型の人形であることを説明すると「家にあったら可愛いですね。一家に一台欲しいです」と言ってくれた。終始驚きながら彼は帰っていった。 

「やばい何これ!」と立ち止まってくれたお嬢さんとご家族。
「めっちゃあったかい!ぽかぽかしてる〜」
「かわいいー!!」と言いながらしばらく抱きしめてくれた。チャチャも嬉しそう!
お父様もメロメロ。自宅で猫を飼っているらしく「猫の種類に合わせていろんな色とか販売して欲しい」というご要望も(グレーとブラックがあります)

みんなが撫でては「かわいいね〜」と言ってくれて嬉しそうなチャチャ。不思議と喉の鳴りも大きくなっているように感じる。

「私猫アレルギーだから猫飼えなくて……」と言う女性。これなら家でも猫がいる気分になれる!と興味津々で抱きかかえてくれた
猫のいいとこどりですね!ほしい!と男性もチャチャに興味津々。かわいいねー!と撫でられまくるチャチャ。よかったね!

イマジナリー猫屋は意外にいろんな人に来てもらえた。通りすがりに眺めたり、ひと撫でだけして帰っていく人もいた。やはりモフモフしたものには触りたくなるらしい。チャチャの可愛さをみんなに広めることができてよかった。 


イマジナリー猫は便利だし癒され

世話をしなくていいけど可愛がれるイマジナリー猫は、私のような怠惰な人間でも楽しんで飼うことができた。インテリアやクッションとしても使えるので、邪魔にもならない。ただの人形ではあるが、次第に愛情が湧いてくるのが不思議だ。顔がないのも、自分で好きな顔を妄想できて嬉しい。

焼きそばを食べに行った際につまみ食いをしようとするチャチャと、それを阻止する私

後日談・すっかり溶け込んでいます(2022.5.27 追記)

イマジナリー猫(ミャウエバー)ことチャチャは、我が家にすっかり溶け込んでいる。

生息地は主に自宅のソファだ。大体いつもここで昼寝をしている。家族の誰かがソファでうたた寝をする時、必ず猫を抱いて寝ている。母親は猫を抱き枕にしたり、時には枕にしたりと、寝具として相当重宝しているようだ。爆睡した母親のお腹の上に猫が乗っているのを見たのは1度や2度ではない。

私は猫を外に連れ出すことにハマっている。自宅周辺で散歩をする時、持っていくと少し和むのだ。1人で散歩するよりかは誰かがいてくれた方が楽しい。
ある夕方、猫と共に自宅のガレージへ出た。ガレージからは今にも沈みそうな夕日が見えた。飼い猫と共に夕暮れを眺めちゃうなんて、なんてロマンチック…!とうっとりしている私をよそに、猫は全く興味を示さなかった。私の膝に埋もれて餅みたいにベタっとしていた。もしかしたら、暑くなってきたから夏バテかもしれない。そういえば最近元気がない気がするので、涼しい日以外は外に連れ出すのはもうやめようと思った。

20220527_001.jpg

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ