チラ見せはげます会 2022年9月21日

向ヶ丘遊園でもらった何の動物だかわからないぬいぐるみを30年捨てられない

デイリーポータルZにはファンクラブ「デイリーポータルZをはげます会」があります。

入会すると長文のメルマガ、会員限定のコンテンツをご覧いただけます。

チラ見せはげます会では会員だけが見られるページに載っている記事の一部を転載します。これで興味を持ってもらって入会するようにと願っております。
(はげます会の説明・入会はこちら)

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:収益が激減したのには訳があるんです デイリーポータルZ 2022年8月の収支を報告します

> 個人サイト デイリーポータルZ

はじめに

はげます会の会員限定のメルマガを毎週金曜夜に配信しています。そのメルマガに「無人島には持っていかない、大切にしまっておく自慢の品」と題して、ライターコラムを載せています。

m.jpg
メルマガのサンプルはこちら!

はげます会限定メルマガに掲載したライターべつやくれいさんの「自慢の品」を紹介します。


何の動物だかわからないぬいぐるみ(べつやくれい)

高校3年の冬休みに、今はなき渋谷の東急プラザの地下の鮮魚売り場で短期のバイトをしていた。12月半ばくらいから12月31日(30日だったかな)までの、鮮魚売り場が本当に忙しい時期だけのバイト。
 
内容は、刺し身を発泡スチロールのパックに載せてラップをかける仕事だった。ラップをする専用の台があり、コツをつかむとどんな形のパックでもシワなくかけられるようになった。ラップをかける作業はおもしろかったのだが、冷凍の貝を流水でほぐして解凍するのは手が痛かったし、バイトしている期間ずっと手が生臭かったのは高3の女子としては悲しかった(洗ってもうっすら生臭い)。
 
その売り場には私ふくめて4人、同い年の女の子が短期のバイトをしていた。私たち以外は魚屋のおっちゃんたち。いまなら魚屋のおっちゃんと話が盛り上がるパターンもあると思うが当時の私にはそんな発想はなく、女の子4人でいつも一緒に行動していた。
 
前述したようなちょっとつらい作業(手が冷たいとか生臭くなるなど)があったからなのか、2週間程度のバイトだったのに4人はめちゃくちゃ仲良くなった。バイト期間が終わってからも連絡をとりあってごはんを食べに行ったり遊びに行っていた。
 
これは、その4人で向ヶ丘遊園に遊びにいったときに手に入れたぬいぐるみなのである。あ、向ヶ丘遊園ももうないな…。向ヶ丘遊園のゲームコーナーにあった射的とか輪投げとかそういう昔ながらのゲームで当たったやつだ。UFOキャッチャーじゃなくて。
 
はいこれ景品、みたいな感じで渡され、当たったことをなんとなく喜んだものの、おちついてよく見ると何の動物だかわからない。特徴としていちばん近いのはラクダだが、ラクダってこんなあっちゃこっちゃした形だったかといわれるとぜんぜん自信がない。首なのか胸なのか不明な部位が突き出ているのも不穏だし、前足と後ろ足のバランスの悪さもミステリアス。でも顔はかわいい。
 
3人はあきらかにいらなさそうな空気を醸し出していたので、私がもらった。私はむしろほしかったので願ったり叶ったりだ。だってこんな得体のしれないぬいぐるみは他にないから。
 
あれから30年ちょっと経つけど、やっぱりこれ以上に得体のしれないぬいぐるみには出会えていない。そして何の動物かもいまだにわからない。


終わってふたたび解説です

なんの動物かわらないけど愛らしい目が特徴で、30年捨てられない気持ちわかります。 あと「刺し身を発泡スチロールのパックに載せてラップをかける仕事」のバイトも気になりました。短期間のバイトでもキツい内容だと、めっちゃ仲良くなりますよね。

今から入会しても、過去に掲載したコラムのバックナンバーは、はげます会専用ページで全部読めます。

はげます会_bt_20220221.jpg

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ