チラ見せはげます会 2021年11月24日

徒歩30秒のセブンイレブンから卒業しました

デイリーポータルZにはファンクラブ「デイリーポータルZをはげます会」があります。

入会すると長文のメルマガ、会員限定のコンテンツをご覧いただけます。

チラ見せはげます会では会員だけが見られるページに載っている記事の一部を転載します。これで興味を持ってもらって入会するようにと願っております。
(はげます会の説明・入会はこちら)

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:文豪エッセイ

> 個人サイト デイリーポータルZ

はじめに

はげます会では週に1度メールマガジンを配信しています。

はげます会専用メルマガコンテンツのひとつ、ライターの近況を聞くコーナー「さいきんどう?」を紹介します。先週はライターのネッシーあやこさんの近況小話が掲載されました。


徒歩30秒のセブンイレブンから卒業しました(ネッシーあやこ)

ネッシーです。最近どうなのか。7月に引っ越しました。実に10年ぶりの転居です。

「7月はもう最近じゃないよ?」と思った人もいるかもしれないのですが、なんでだろう。体感的に、ついこの間引っ越したような気がしちゃっているんですね。家に帰るたんびに「わたし引っ越したんだなぁ」って感慨にふけっています。

まだ、旅先に長期で滞在しているみたいな感じ。地図を見るたんびに知らん店があるので、日常的にうきうきしています。

思えば、10年も同じ住居に住んだのは人生で初めてのことでした。

元々引っ越しが好きで、ひどい時には1年で3回住居を変えていたのですが、家賃の安さと交通の便の良さ、何より徒歩30秒の距離にセブンイレブン(以下セブン)があるという凄まじい利便性に魅了され、気がつけば10年の歳月が経ってました。

30秒で行けるセブンは魔物です。

酒を飲みたい。
アイスが食べたい。
煮卵が欲しい。
ピザポテトをかっこみたい。

あらゆる願いを24時間叶えてくれる魔物への依存心は日に日に強まり、いつしかシャンプーもセブンのものを使うようになっていました。ボタニカルって書いてあるやつです。

トイレットペーパーも、徒歩5分の薬局まで買いに走るのが面倒になり、セブンのものしか買わなくなっていました。三角コーナーネットも納豆も卵4個入りもセブン。おかげでnanacoポイントがたくさん溜まりました。

あのときセブンのコーヒーがなかったら、寝落ちて原稿を書く手が止まっていたかもしれない。そんな危機も何度かありました。セブンなしでは人生が立ち行かないくらい、セブンという名の深い海の底に溺れていました。

で、思ったんです。引っ越ししたら、このお店のロスになるんじゃないかと。全国各地にあるセブンだけど、わたしにとってこのセブンは特別。同じようで違う。片道1時間かけても出向きたいくらい、スペシャルになるんじゃないかと。

……そう思ってたんですけど、先日たまたま近くを通ったので入ってみたら、特に可もなく不可もなく、ただただセブンでした。むしろ、この前行った別のセブンのほうが品揃えが充実しているな!と思いました。

過去にとらわれていないことにほっとしました。

新居に住み始めてからは、最寄りのコンビニがローソンになったので、ローソンによく行ってます。チョコ入りスコーンと担々麺(どっちも冷凍)がうまいです。


終わってふたたび解説です

引っ越す前は徒歩30秒でセブンイレブンがあったそうで、その依存度が伝わってきました。私も同じようになると確信して震えました。引っ越してもセブンイレブンへ通うかと思いきや、ローソンで満足するものなんですね。

はげます会専用メルマガを購読するとライターの近況小話が見られます。はげます会について質問がある人はメールください。担当橋田がすぐに返信します。

はげます会_bt_20211124.jpg

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ