特集 2021年7月28日

グラフを手裏剣にしようとしたら、かわいくなったので置物にした

無機物の立体化はかわいい。

表とグラフを大量に作成する仕事をしていたら、グラフは手裏剣になりそうだなと思えてきました。

さらに仕事を進めると、よく飛びそうだな、殺傷能力が高そう。と、考えるようになり、グラフを投げることしか考えられなくなりました。人は単純作業をしまくると思わぬ方向に頭をつかうのかもしれません。

実際にグラフ手裏剣を作りました。結果、投げられなくなりました。

1987年埼玉生まれの栃木育ち・群馬県在住。
週末は群馬の温泉を巡っています。
漫画やイラストを描いたり、それに付随した講師もたまにしております。(動画インタビュー)

前の記事:ありがたくなる皿

> 個人サイト Nuki

グラフ手裏剣

グラフが手裏剣に? 何を言ってるんだ君は? と驚いたかもしれません。驚きより恐怖の方が大きいでしょうか?

例えば、5角形のレーダーチャートグラフを投げる場合はこんな感じです。

001.jpg
グラフの内容は適当です。

5角形のレーダーチャートは投げやすそうだし手裏剣っぽいです。実験的にレーダーチャート手裏剣を作ってみます。

手裏剣作りは素人だ

さぁ、こまったぞ。手裏剣ってどうやって作るんだろう。忍者の里で有名な伊賀か甲賀あたりに修行しに行くべきか。行くなら伊賀がいいなぁ。藤子不二雄Aの漫画、忍者ハットリくんの主人公ハットリくんの出身が伊賀だから……。

なんてことを考えながら、伊賀(三重県)ではなくホームセンターに行きました。気持ちだけは忍者です。

ホームセンターの板コーナーに行くと、目を引く板がありました。色付きのアクリルボードです。かわいい。

002.jpg
かわいいけど、集光タイプ(緑とピンク)の値段は普通のボードの約4倍の値段。

板コーナーにはアルミや銅など手裏剣(武器)になりそうな板がたくさんありましたが、色付きのかわいさには勝てませんでした。

アクリルボードでグラフ手裏剣を作ります。

手裏剣の作り方

レーダーチャートは、以前記事(たぬきそばカップ麺の味はみんな同じじゃないのか→同じじゃないけどほぼ同じ )で作成した緑のたぬきのグラフを使います。最近だったよな。と覚えていたからです。

004.jpg
今回手裏剣にするのはこちら。最近。と思ってたら、掲載日が2019年4月10日で2年前だった。

切っていく

作り方は簡単です。印刷した手裏剣にしたいグラフをアクリルボードの下に置いて切り抜く。

005.jpg
1人で撮影しているので抑えられていませんが、アクリルボードはがっつり抑えながら切ってください。翌日二の腕が筋肉痛になるくらいに。(なりました)

切り抜けたら、メモリを掘っていきます。表面が滑るので気をつけてください。

006.jpg
うすーいメモリ

メモリは掘れましたが、見にくいです。アクリル絵の具で溝を埋めます。

007.jpg
掘った部分に絵の具が入り込む手応えを感じたら
008.jpg
ティッシュで拭き取ります。気持ちいい。

最後に薄青色ボードで値を切り抜き、チャートにつけたら完成です。

009.jpg
できた!かわいい。

完成後。え…私、今からこれを投げるの…?かわいいのに?と、胸がざわつき始めました。

投げられない

忍者としてあるまじきことなのでござるが、レーダーチャート手裏剣を気に入ってしまい、投げるのが惜しくなったで候。(ホームセンターからここまで気持ちだけ忍者でした。)

だって……投げたら砂まみれになるし…砂まみれになったら砂で傷ついちゃうし……。アクリルボードって切るのすごく大変。二の腕は筋肉痛になるし、切り口は鋭利で指に刺さるし、それを滑らかにするためにヤスリがけするし……。と、脳内で会議を5秒ほど開いて結論がでました。投げません。

投げない

今回は投げないことに決めました。そのかわり、家に飾って自宅のかわいいレベルを上げていこうと思います。

010.jpg
急遽スタンドを購入。

自分の作業机に飾ったら頭がよくなった気がしました。

他のグラフもつくる

まだアクリルボードはたくさんあります。この調子でグラフを作成していきましょう。

棒グラフです。

011.jpg
透け透け棒グラフ。棒グラフ以降は特にテーマを決めていなく、数値は適当です。

透明感のある棒グラフもかわいいです。もしこれが自分の営業成績のグラフで、売り上げが下がった月に見ても、素敵な棒グラフだな。と思って次の月は頑張れそうです。売り上げが上がった月は、もちろん自分の実力を褒めるつもりです。

次に面グラフです。

こちらは立体感を出したかったので、アクリルキューブに入れてみました。

012.jpg
奥行きを出しました。
013.jpg
正面はこんな感じです。

真横から見ると青とオレンジの薄い板が立っているだけですが、正面から見ると奥行きを感じられて気に入っています。

最後に円グラフです。アクリル板を丸に切り抜くのが難しく、ガタガタになってしまいました。レーザーカッターが欲しい。

014.jpg
切り口がガタガタなのは私が頑張った証拠です。
015.jpg
文字を入れてみました。
016.jpg
並べたところ。自宅のかわいいレベルはそんなに変わりませんでしたが、満足度は上がりました。

ぬっきぃより忠告

今回、アクリル専用カッターで手作業。円グラフはあれが精一杯でした。何度「レーザーカッターがあれば…」と思ったことか…。

017.jpg
暗いところでライトを当てると光る集光ボード。素敵に光っていました。高いだけある。

同じようにアクリルボードでグラフを作りたい人がいたら注告です。破片が飛んだら、すぐに掃除機で吸って片付けてください。

018.jpg
アクリルの破片。踏んづけるとレゴの100倍痛いです。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ