特集 2022年9月27日

不条理デモ動画を撮りたい

この雰囲気を目指しました

電気屋さんのテレビ売り場で奇妙な映像が流れていた。恐らくなんの意味もないんだけど、だからこそ目が離せないような不思議な魅力がある。

この雰囲気、自宅で再現したくてやってみた。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:土曜のお便り 〜入団会見する催眠にかけられた人


テレビ売り場で流れているデモ動画が変

電気屋さんのテレビ売り場を通りかかったら、大きなテレビにこんな様子が映っていた。

『鉄琴をひっくり返したような物体の上にどっちも下半身になったボウリングのピンが浮かんでいて、鉄琴のパイプの部分が波打つように伸びたり縮んだりしていて、それに合わせてボウリングのピンが回転している』

文字で言われてもさっぱり分からないと思う。正解はこちらです。

デモ動画である。賑やかなテレビ売り場の中、これを見ている間だけ周りが静かだった。

こういう滑らかな動きを繰り返す置物ってあるとなんとなく見ちゃうが、テレビ売り場で高画質で流れていると独特の味わいがある。

他のテレビは世界の絶景とかアーティストのライブを流していて、このなんとも言えない動きをする物体が特別不条理に思えた。

他のテレビ
ライブ

そんな中、これである。 

001.gif

数学の世界では有名な動きだったりするのだろうか。

分からない。分からない僕にとってはただただ不条理に感じる。そしてこの分からなさが魅力的だと思った。

不条理デモ動画を集めてきた

この不条理デモ動画、電気屋さんを何箇所か回って集めてきた。

意味の分からなさを際立たせたいので、画像を出す前に文字で何が起きているか説明します。

【1】均等に並んだフワフワの板が沈んだり戻ったりしながら上に乗った石の立方体を運んでいる
フワフワの部分の質感が鮮明に見えてしまって背筋がかゆくなった。
【2】銀色のワイヤーが三つのパーツに分かれている。そのうち二つが回転していて、周期によってパーツが組み合わさってU字型になったりS字型になったりする。上からワイヤーをつたって緑のブヨブヨした物体が落ちてきて、U字とS字のタイミングをうまく利用してそのまま下に落ちていく
文字で説明するのがすごく難しい理不尽デモ映像。緑のブヨブヨの物体が毒々しく見える時とおいしそうに見える時がある
【3】角の丸い木の立方体が斜めに立っていて、上から細く絵の具が垂れてくる。絵の具は立方体にかかって地面に溜まってマーブル模様になっている
色の鮮やかさを見せたい気持ちは分かるが、絵の具をダラーっと垂らされる木材のことを考えると理不尽で不条理である
【4】真っ暗な中からゆっくりトマトが現れてゆっくり消えていく。またゆっくり、別の見せ方でトマトが現れて消えていく。それが繰り返される
デモ映像で瑞々しい野菜を映すのは分かる。ただこと後、
こうなって、
またゆっくりこう来る。だんだん自分が何を見ているのか分からなくなる

過剰にたっぷりと、意味ありげにトマトを見せる。こういう不条理もあるのだ。 

いったん広告です

自宅で撮ってみたい

こういう不条理動画を、自宅で撮ってみたいと思った。

電気屋さんの映像には『テレビの性能を伝える』という目的があったが、それすらも無くなる。ただ今まで見てきた映像たちの、謎の迫力や説得力だけを再現してみたい。

4つできたのでここから下に貼っていきます。追って紹介するので、全部再生しなくても大丈夫です。

 

 

 

ゆっくり出てきてゆっくり消えていく映像

電気屋さんで見たトマトの映像である。ああいうのであれば僕にもできる気がする。

ニンジンを剣山に刺して固定して、回転台の上に乗せた
ボワーッ

もったいぶってゆっくりフェードイン。「もっと見たいだろうけど、今日はここまで」とゆっくりフェードアウト。

新しいiPhoneみたいに見せているのは、冷蔵庫にあったニンジンである。

子どもが工作で使うでんぷん糊の容器も良かった。鮮やかだとそれっぽい

意味の無いオブジェ

最初の動画を撮って少し疲れたところで頭が真っ白になり、限りなく無意識に近い状態で目に付いた材料を組み合わせていた。

何かができた

三脚とカメラとワイヤーとクリスマスツリーの飾り。

物体そのものの意味の無さが不条理、という理屈である。

小さい三脚にカメラが付いていてその周りをワイヤーがぐにゃぐにゃ絡みついている。ワイヤーのところどこにクリスマスツリーに付ける球の飾りが付いている

こういう風に説明してみると、電気屋さんで映っていた映像と似た雰囲気があることが分かる。良い不条理ができた、と言ってもいいだろう。

色んな風に撮ってまたボワーっとつなげる編集をした。

いったん広告です

【番外編】ショート不条理

先ほどまとめて紹介した動画の他、撮ったはいいけど動画にするほど分量の無い素材がある。ここでショート不条理として紹介します。

ランダムに色の付いた発泡スチロールの球がドライヤーの風でフワフワ浮かんでいる様子
キラキラした折り紙の上をビー玉が転がっていく様子

そろそろ「そんなもん見せられても」と思うかもしれない。

しかし最初の動画から情報はゼロなのだ。ゼロの動画をいくつ見たってゼロ。何も不安に思うことはない。大丈夫だ。この記事を読む前のあなたと読んだ後のあなたはぴったし全く同じ人間である。 

ちなみに、この二つの動画は子どもと一緒に撮った

いつも通りノリノリで手伝ってくれた。

それでもいつの日か「これなんの意味があるの?」と聞かれる時が来るんだろう。何事にも終わりはある。あまりに意味の無い撮影なので、いつも以上にそのことを考えた。 

スライムがゆっくり垂れる映像

最後はこちらの二つである。

 

重力に従って伸びていくスライムがいい感じで不条理だった。

画面が寂しいのでぬいぐるみを置いたら強調された。不条理が
部屋の中に荷造り紐を張って、そこに薄く伸ばしたスライムを干す要領で引っ掛けている
『三脚に、スマホの大きさにして取り付けたスライムがゆっくり崩れていく様子』もわけが分からなくて良い

なんで笑っているのか分からず「こわー…」と思ったがその動画を撮ったのは僕だ

ここまでやってヘトヘトになって、撮った動画の良し悪しが分からなくなってきた。

『鉄琴ひっくり返した物体の上をボウリングのピンがぐるぐる回る動画』の雰囲気を目指して『三脚に取り付けたスライムがゆっくり崩れていく動画』を撮って、良いか悪いか考えるのだ。

頭が疲れるわけである。

自分で考えても埒が明かないので、別の部屋にいた妻に背景を説明してこの動画を見せた。

なんだかすごく笑っていた。僕はなんで笑っているのか分からず「こわー…」と思ったがその動画を撮ったのは僕だ。

分からないがなんか笑っているので、その点にのみ満足して撮影を切り上げた。

不条理デモ映像、魅力に取り憑かれて向き合いすぎると危ない。ほどほどにしよう。


失敗も不条理

デモ映像に見えなくてボツにしたものもある。

アルミホイルの上を転がるビー玉(横から息を吹きかけている)
アルミホイルの上に立てたペンに向けてビー玉を転がす
ゼリー状のおもちゃの上にビー玉が降ってくる
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ